やればやるほど損する「ダメな筋トレ」の特徴を運動科学者が解説! もしかして、あなたもハマっているかも……

2024.05.03 06:00
「筋トレ」が日常的なエクササイズとしてすっかり定着した。引き締まった、力みなぎる「筋肉」にあこがれる人も多い。しかし、本当に手に入れるべきは、脱力し、ゆるゆるに「ゆるんだ筋肉」なのだ。ベストセラー『究極の身体』の著者でもあり、「ゆる体操」などを通じて運動科学の第一人者として長年活躍する高岡英夫氏が、日本スポーツ界を劇的に進化させ続けているまったく新しい筋力トレーニングの考え方「レフ筋トレ」を公開す…

あわせて読みたい

ゴムチューブを使って、大切な“インナーマッスル”を増やす。いまから始める女性のための「10分筋トレ」/早稲田大学スポーツ科学学術院名誉教授・樋口満さん
天然生活web
スクワットの回数の目安とは。1日何回やればいい?
MELOS -メロス-
野乃鳥 人形町店にて「播州地鶏」の卵を使ったTKG販売開始
PR TIMES Topics
人は「トラウマ」を克服できる【回復力】を生まれながら持っている、は本当なのか?
OTONA SALONE
多くの登山者がゾッとする…下りで多い山の事故。下りる時は「バランス能力が激低下する」ことを証明した「衝撃の実験結果」
現代ビジネス
その不調、実は筋トレが原因かも……運動科学の第一人者が解説する「ラフな筋トレ」の決定的デメリット
現代ビジネス
運動科学の第一人者が発見……大谷翔平とイチローの身体に備わった「知られざる共通点」
現代ビジネス
運動科学者もみずから実践! 身体のパフォーマンスを最高に高める最も手軽な方法
現代ビジネス
何もしないと年1%ずつ減少する! 貴重な「筋肉」を守るため現役の武術家がやっている「レフ筋トレ」のすごい中身
現代ビジネス
運動科学の第一人者が自ら開発・実践! 「Jスクワット」で最高に動ける身体が手に入る
現代ビジネス
大谷翔平はいかにして「動じない心」を手に入れたのか……運動科学の創始者が独自の身体論で読み解く「超一流」のメンタル
現代ビジネス
「ラフ筋トレ」で選手の競技力がダメに……運動科学の第一人者がひもとく日本スポーツ史上最大級の「失敗」
現代ビジネス
筋肉が気持ちよくゆるむ「レフ筋トレ」 クロス腹筋で腹直筋と腹斜筋を鍛える!
現代ビジネス
体幹がパワーアップし四肢の動きも滑らかに……レフ筋トレ「長座腕支体幹三段回法」で背面を鍛える
現代ビジネス
身体の軸に重要な「骨盤」と足元の「接地面」に着目! 「身体本来の動き」を可能とする人気シリーズ「デリットテック」から はくだけ!筋力向上靴下『デリットテック バランスソックス』新登場
PR TIMES