2023年の軽自動車販売トップはダイハツ! 年末に発覚した不正の影響は限定的だが2024年は……

2024.02.21 06:20
この記事をまとめると
■2023年12月の新車販売台数が自販連と全軽自協からそれぞれ発表された
■軽自動車では前年同期比でマイナスとなったがダイハツの不正問題の影響は限定的だった
■登録車では前年同期比でプラス。5ナンバー車のマイナスを3ナンバー車が補った
2023年12月新車販売にダイハツ不正の影響はほとんどなかった
  2023年12月単月の新車販売台数が自販連(登録車/日本自動車販売協会連合会)、全軽自協(軽自動車/全国軽自動車協会連合会)からそれぞれ発表された。2023年12月単月データが発表になると、当然2023暦年締め(1月~12月)での年間新車販売台数も揃うことになる。
  まずは2023年12月単月締めでの新車販売台数を見ていこう、登録乗用車の販売台数は20万630台(前年比111%)、軽四輪乗用車の販売台数は10万941台(前年比97.5%)となった。
  ダイハツの不正行為に関する第三者委員会の報告書が発表されたのは2023年12月20日で、同時にすべてのダイハツ車の出荷停止も発表された。2023年の仕事納めは12月28日。軽自動車は車庫証明が必要な地域でも「事後申請(ナンバープレートを取得してから)」となり、登録車より新規届け出(軽自動車は登録ではなく届け出)に必要な日数が短いこともあり、年末ギリギリまで販売台数を積み上げるために、自社届け出(ディーラー名義などで販売先のない車両にナンバープレートをつけること)が活発に行われるのが一般的ともいえる。
  12月20日より出荷停止となっているので、12月末ギリギリまで販売台数の積み上げこそできなかったが、2023年12月単月統計におけるダイハツ不正問題の影響は限定的といえる。ただし、2024年1月以降のデータでは、ダイハツ単体だけではなく、軽自動車販売全体へ悪影響が出ることは十分に考えられる。
  軽自動車全体の販売台数を見ると、登録車全体は納期遅延も改善傾向にあり、前年同期比プラスなのに対し、軽自動車全体では前年同期の実績を下まわっている。登録車より2022年における納期遅延が深刻ではなかったということもあるが、やはり第三者委員会の報告書が公開される前からジワジワとダイハツ製軽自動車の新車購入を控える動きがじわじわと出てきていたことも否定できないものといえる。
2024年の新車販売にどれほど影響を及ぼすかは予測不能
  事実、販売現場ではダイハツ以外のメーカー系ディーラーからも、「ダイハツのようなことがほかのメーカーでも行われていたのでは?」として、入れていた新車の注文をキャンセルする動きも出てきているとも聞いている。
  そうはいっても、大きな声でアピールするのは難しいだろうが、2023暦年締めブランド別軽自動車年間販売台数ではダイハツがトップとなっている。ただ、2000台強の僅差とはいえ、軽四輪乗用車ではスズキがトップとなっている。軽四輪貨物自動車販売がダイハツの総合トップを支えたのは2022年と同様。
  しかし、2024年は前代未聞ともいえるスキャンダルを抱えながらダイハツはスタートをきっている。軽四輪乗用車は一般消費者の買い控えがどこまで顕著になるかが心配となるのは必至。
  さらに、前述した自社届け出した車両を引き取り、「届け出済み未使用軽中古車」として販売する業者も、店頭に並べてもなかなかダイハツ車を買おうという人が出てこないのは容易に想像できるので、出荷再開となっても、不正発覚前並みに仕入れるとはなかなか思えない。2024年の軽自動車販売でのダイハツトップ維持は「茨の道」ともいえよう。
  登録乗用車では普通乗用車(3ナンバー車)は2023暦年締め年間販売台数でみると、前年同期比プラスだが、小型乗用車は前年比をわずかに下まわっている。
  ボディサイズの拡大で、いまや「5ナンバー車」がラインアップ数で見れば少数派となっていることもあるが、世の中の所得格差の拡大、それに伴い3ナンバー車のほうが短いサイクルで乗り換える傾向が目立つなど、普通乗用車のほうが販売台数を伸ばす要素が豊富にあるともいえよう。
  影響はそれほど大きくはないものと信じたいが、すでにダイハツ以外のメーカー系ディーラーでも、今回のダイハツのスキャンダルを理由にしたキャンセルが出てきている。納期遅延はかなり改善傾向にあるのだが、2024年はこのダイハツスキャンダルの影響が新車販売市場で、どこまで暗雲として垂れ込み続けるかが気になるところといえよう。

あわせて読みたい

お買い得……とも言えるが知らずに飛びつくと落とし穴も! 意外と知らない「在庫車」と「未使用中古車」の中身と買い方
WEB CARTOP
ダイハツは復活なるか? 歴代ダイハツ名車の系譜と今後の行方
ベストカーWeb
穀物粉と塩のみで作られたクラッカーブレッド3種新登場
PR TIMES Topics
不正の影響でタウンエースもハイエースもランクルも買えない……で欲しい人はどうする? 整理してみたら「選択肢」はキチンと残されていた!
WEB CARTOP
12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性
WEB CARTOP
製造工程で廃棄となる素材を活用したおやつ「寒天もち」登場
PR TIMES Topics
新車販売はN-BOXとカローラが相変わらず絶好調だが……じわり「ホンダの登録車勢」が勢いを増していた!
WEB CARTOP
「カワイイ」で人気だったウーリン・エアEVのブームが終了!? インドネシアで見えたBYDの台頭
WEB CARTOP
抹茶三昧の和菓子「水まる餅 hey!抹茶」新発売
PR TIMES Topics
新車はかつてのように「お買い得なタイミング」がない! イマドキはいつ買っても条件にほとんど差がなかった
WEB CARTOP
小池百合子都知事「2030年に新車販売で非ガソリン車100%」明言! まだ諦めてなかった……この目標達成は可能なのか!?
ベストカーWeb
「Q SKIP」で楽しむ!東急沿線1日お散歩旅
antenna
日産サクラの売れ行きを見れば日本でBEVが売れないなんてことはない! ただし大ヒットの裏で必要な「次の一手」とは
WEB CARTOP
4月よりも3月の登録がオススメ! 年度末に「少しでも好条件」で新車を買うコツとは
WEB CARTOP
八幡屋礒五郎の焙煎一味を使用した「一味きな粉わらびもち」新発売
PR TIMES Topics
軽がダサいはもう古い! もしかしてまだ乗用車に乗ってるの? 完成度が高すぎる「軽自動車」はコスパ最強の選択肢!
ベストカーWeb
かつて新車には季節によって売れる「旬のクルマ」があった! 新車ディーラーが昔のような「季節戦略」をとれなくなったワケ
WEB CARTOP
話題の輪ゴムホルダー「トリの巣」に新しい仲間が仲間入り!
PR TIMES Topics
人気がゆえの悩み「トヨタ車の納期遅延」がいよいよ解消へ! 一方「受注停止車種」が多数存在する理由とは?
WEB CARTOP
ダイハツ認証不正で1.3LのFRコペンは消滅か? 夢物語で終わってほしくない! 発売をあきらめるな!
ベストカーWeb