ダイハツが本気出すとこんなことになる! ブーンX4がガチで熱すぎるクルマだった

2024.05.19 11:40
この記事をまとめると
◾️初代ダイハツ・ブーンには競技ベースグレード「X4」が存在した
◾️X4はブーン以前にもミラやストーリアに採用されてきた競技用グレード名だ
◾️ブーンX4は競技に必要な装備のみを装着するという本気っぷりだった
ダイハツの異端児⁉︎ ブーンX4とは
  惜しまれつつも昨年末で販売終了となってしまった、ダイハツの登録車のエントリーモデルであったブーン。軽自動車はちょっと……というユーザーや軽自動車からのステップアップユーザー、営業車として導入する事業者など、さまざまなユーザーから支持されていたモデルだ。
  そんなブーンは、前述したように、どちらかというと穏やかなキャラクターを持った車種というイメージが強いかもしれないが、初代モデルには異端ともいえるホッテストモデルが存在していた。それがブーンX4である。
  X4の名前は1990年に3代目ミラのフルタイム4WDターボモデルに初めて採用されたもので、翌年にはX4をベースとしたモータースポーツベース車のX4-Rを投入。その後はX4がモータースポーツベース車の代名詞となり、4代目ミラやストーリアなどに設定されていた。
  ブーンに設定されたX4ももちろんモータースポーツベース車という性格が強く、スポーツモデルにありがちな装備マシマシの上級グレードというものではなく、競技に必要なものだけを搭載し、競技に不要なものや交換が前提となるものは簡素なグレードのものをそのまま使用するという割り切りぶりだったのだ。
  その代表例がパワートレインで、YRVに搭載されていた1.3リッターターボのK3-DET型エンジンをベースとし、排気量を936ccにスケールダウンさせたKJ-VET型エンジンと、通常のブーンには設定されていない5速MTを搭載していた。
  この中途半端な排気量は、当時のJAF公認競技に参戦するときにターボ係数をかけても1.6リッター以下のクラスに参戦出来るように逆算されたものだったのである。
  ほかにもトランスミッションは高速走行には不向きとも思われるほどの本気のクロスミッションとなっており、フルタイム4WDのフロントには機械式LSDを搭載。前後スタビライザーやインタークーラースプレーなど、競技に参戦する上で必要とされるようなものも標準装備となっていた。
  一方、交換が前提となるホイールはスチール製でフルキャップもレス。シートもホールド性皆無のベーシックグレードのものとなり、キーレスやエアコンもなし。Bピラーのブラックアウト化も省かれるなど、競技に不要なものや交換されてしまうものはことごとく省略されていたのだ。
  ただ、本格的な競技ユースではなく、たまに走行会に参加したい、と考えるような一般ユーザーの存在も考慮して、エアコンやキーレス、アルミホイールにプライバシーガラスなどを装備した「ハイグレードパック」も用意されていた。
  そんなダイハツの異端児というか、むしろダイハツらしさを感じ取ることが出来るX4シリーズも、初代ブーンを最後に姿を消してしまっているが、ダイハツ再生のシンボルとして復活してくれることをひそかに期待している人は少なくないハズだ。

あわせて読みたい

【軽トラ完全ガイド】スズキ系vsダイハツ系、最新車種勢力図と強みを徹底比較|こんなに種類があるの!? 軽トラックはどれも同じじゃなかった!
田舎暮らしの本Web
Insta360マーケティング総責任者が語る、X4誕生の裏側と、X3成功の秘訣、日本市場での取り組み
PR TIMES STORY
ハワイ・マウイ島生まれのヴィーガンアイスブランドより爽やかな味わいの「リリコイ」が期間限定発売
PR TIMES Topics
なんとドリフトマシンとしてD1にも参戦! かつてダイハツのフラッグシップだった「シャルマン」が激熱のクルマだった
WEB CARTOP
いつしか消えた軽自動車のホットハッチの復活希望! お金のない若者を育ててくれた「安くて面白くてバカッ速」モデルを振り返る
WEB CARTOP
スペシャルコラボレーション 「岡本屋× uka」で、健康と美容を
PR TIMES Topics
GRスターレット爆誕! 既に開発はスタートか!? 1トン切りに280万円ってアツすぎる!!
ベストカーWeb
スズキの軽自動車の車種一覧! 魅力や特徴、選び方を徹底解説
WEB CARTOP
バカ売れしそうな気がするけどナゼ? ロータリーもディーゼルもフルHVの軽自動車も存在しないワケ
WEB CARTOP
トヨタがガチで作ったら……想像すると欲しい気がする! なぜトヨタはバカ売れジャンルの「軽自動車」を作らないのか?
WEB CARTOP
ターボ+5速MTのミライースが市販される可能性があるだと!? 全日本ラリーに参戦する「D-SPORT Racing」のミライースから目が離せない
WEB CARTOP
やっぱり「ガチもの」は違う! かつて多数存在した「ちっちゃくて安い」のに「悪路上等」な小型クロカンSUVが胸熱
WEB CARTOP
スーパーハイト軽って「装備」「使い勝手」が注目されるけど……じつは走りにも大きな違いがある! ライバル5台を徹底比較!!
WEB CARTOP
テリオスキッド人気にあやかって登場した「テリオスルキア」! 車高を下げて2WD化……って人気部分を消して大失敗した残念なクルマ
WEB CARTOP
ダイハツ[ロッキー]復活!! 物価高時代の頼れる味方スズキとダイハツの小型SUVを一挙公開! 
ベストカーWeb
【2024年版】軽トラ最強王者決定戦!スズキ キャリイ vs ダイハツ ハイゼット 車種徹底比較
田舎暮らしの本Web