超絶人気のエアロメーカー「KUHL」が軽にも挑戦! カスタムモデルにサブスクで乗れる「サブスク改!」も開始して超イケイケ状態だった

2024.05.11 08:00
この記事をまとめると
■2024年5月27・28日、夢メッセみやぎにて「東北カスタムカーショー」が開催された
■会場でひときわ注目を集めていたのが総合エアロパーツメーカーの「KUHL」だ
■KUHLではカスタムカーのリースサービス「サブスク!改」を開始した
N-BOXとハスラーに「KUHL」がボディキットを用意
  東北エリアのチューニング&カスタムカー好きにとって、毎年恒例となったイベント「東北カスタムカーショー」が、2024年4月27〜28日に宮城県・夢メッセみやぎにて開催された。
  地元である東北地方はもちろん、全国から有名ショップやアフターパーツメーカーが出展するとあって会場は朝から多くの来場者で賑わったが、なかでも大勢のファンがお目当てとしていたのは、オリジナルエアロやコンプリートカー販売で知られる「KUHL」である。
  今回の東北カスタムカーショーには、2024年初頭に開催された東京オートサロンで初披露され、その後は大阪オートメッセ2024へ出展、カスタムカーコンテストで総合グランプリに輝いた「GT-R 35R-2024 EDITION WIDE BODY」をはじめ、エレガントゴールドのボディカラーに塗られたデモカーをずらりと展示。
  新型アルファードや新型ヴェルファイアといった人気車両も、オリジナルエアロやホイール、極限までのローダウンといったカスタムが施されており、KUHLブースは開場とともに大賑わいとなった。
  そんなKUHLの新たなチャレンジが、軽自動車用のボディキットだ。ベース車両に選ばれたのは新型N-BOXで、ベース車両のフォルムを活かしながら、エッジ感を際立たせたデザインを採用。「ノーマル車高&純正ホイールでも似合うエアロ」をコンセプトに掲げ、スタイリングと実用性を両立させている。
  そしてもう1台展示されたのが、KUHLが開発・展開するオリジナルのコンプリートカー・ブランド、VRARVA(ブラーバ)の「IO(イオ)」である。トヨタRAV4をベースとした「MARS」、三菱デリカD:5がベースの「ORCUS」に続く第3弾のモデルで、IOはスズキ・ハスラーがベースとなっている。
  軽自動車のボディサイズはキープしながら、専用ボンネットやフェンダー、前後ガーニッシュ、サイドステップなどを装着することによりオフロードテイストを強調。脚まわりは車高調整式サスペンションにより約1.5インチのリフトアップを実現し、VRARVAオリジナルの「DW01」ホイールにオールテレーン&マッドタイヤを組み合わせることで、タフ&ラギッドな印象が強められた。
  このVRARVA IOはコンプリートカーとして購入することも可能だ。新車コンプリート価格は249万円(税込)で、オーナーがパーツを単体で購入する場合に比べてトータル費用が抑えられるというメリットがあるほか、新車だけでなく中古車をベースにフルカスタムコンプリートカーを製作、購入することもできる。
  さらにVRARVA IOの魅力は、KUHLがスタートさせたカスタムカーの新しい購入のカタチである「サブスク!改」の対象車種であること。KUHLカスタムコンプリートカーとしてホンダN-BOX/N-BOXカスタム、トヨタ・プリウス、トヨタGR86、スズキ・スペーシアカスタムが対象となっているが、VRARVAブランドもMARSとIOの2台は、月々一定の支払い金額で乗ることが可能となっている。
毎月定額でコンプリートカーに乗れるKUHLのカーリース「サブスク!改」
「KUHLのカスタムカーに乗りたいけれど、ちょっと予算オーバーであったり、あるいはセカンドカーをカッコよく乗りたいんだよねというお客さまの声に対して、少しでも気軽にKUHLのカスタムカーを楽しんでもらいたい、そんな思いからスタートしたのが『サブスク!改』になります」
  そう話してくれたのは、KUHL代表の片岡孝裕氏だ。スタイリッシュで独創的なエアロパーツを次々にリリースし、全国に多くのファンを持つKUHLだが、アフターパーツを数多くリリースするだけでなく、実店舗の開設やWebによる車両オーナーなど、ユーザーサイドに寄り添ったサービスを次々に打ち出している点も多くの支持を集めている。
  そんなKUHLだからこそのサービスが「サブスク!改」なのだ。サブスク(リプション)とは、近年さまざまなジャンルで利用されている支払い形態だが、クルマの場合はカーリースを意味する。新車のカーリースは各自動車メーカーのディーラー店でも取り扱っているが、使用期間が終了したら返却することが前提となっているため、ほとんどの場合でクルマのカスタマイズは行うことができない。
  しかしKUHLの「サブスク!改」では、カスタムパーツが装着された車両を毎月定額で乗ることができる。しかも対象となるのは、車両まるごとカスタムされたコンプリートカーだけでなく、オーナーが好みのパーツを組み合わせて装着したカスタム車両も含まれる。
  たとえばN-BOXカスタムの場合、ホイールプランA(15インチ)、ホイールプランB(16インチ)、エアロプラン、フルカスタムプラン(エアロ+16インチ)が用意されており、さらに追加オプションとしてナビゲーションシステムやローダウン、メンテナンスパックを組み込むことが可能だ。
  また、月々一定の支払い金額のなかには、カスタムに関する費用だけでなく自動車税や車検時の重量税、自賠責保険料なども含まれているから、「予期せぬ出費」に悩まされることがない点は大きな魅力だ。対象車種には、メーカー5年保証が備わっていることも安心材料。そして契約期間中は、いつでも解約や乗り換えを行うこともできる。
  魅力あるカスタムパーツのリリースだけでなく、カスタムカーとの生活をプロデュースし続けるKUHLは、今後も「サブスク!改」の対象車種を拡大していくとのことなので、興味のある方はぜひKUHLのホームページなどを頻繁にチェックすることをオススメしたい。

あわせて読みたい

金ピカのキャリイはかの「ケーニッヒ」の手法でカスタム! ド派手な軽トラの仕上がりに脱帽!!【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
魅せる外遊びStyle『KCARスペシャル ドレスアップガイド Vol.37ダイハツ・ハイゼットカーゴ&アトレー』は2024年4月26日発売!
PR TIMES
【DEAN & DELUCA】PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGIが手がけた初の「アイスケーキ」発売
PR TIMES Topics
頭がバグるほどの魔改造! RZ34フェアレディZだと思ったのに……違うじゃん!!【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
ディープリム感を演出する「幅リム」がイイ! MONZA JAPANがアフターホイールに新たなトレンドを作る予感
WEB CARTOP
まるで「りんご飴」のような葛アイス新発売
PR TIMES Topics
最近流行のクルマの「サブスク」! ぶっちゃけ「何がよくて」「ネガな点はどこ」なのかまとめてみた
WEB CARTOP
人気のカスタム「VIPカー」のなかには地方色がある! ファンから熱視線を浴びる「仙台仕様」ってなに?
WEB CARTOP
「IL BISONTE」よりネックウォレット発売
PR TIMES Topics
阪神タイガース優勝記念バイクにファン感涙必至! 「トラ柄」CBX400Fはこれぞ関西魂!! 【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
全身カーボンボディに1000馬力エンジンを積んだ怪物86が東北に見参! 風間オートの野望から目が離せない
WEB CARTOP
ポップでキュートな「ハロウィンアフタヌーンティー」
PR TIMES Topics
スタンス文化で際立つ“伝統芸”「BBS LM」
CARSMEET WEB
軽自動車の「勢力変化」10年データで浮き彫りに
東洋経済オンライン
ジョイカルジャパン、解約金ゼロの新カーリースプラン「NORIDOKI FREE」を発表
PR TIMES
クルマはイジリたい! でも不安なのは嫌……そんな声に応えるカスタムのプロ集団「JASC」って何だ?
WEB CARTOP
「あのクルマ電車じゃん!」……ってEVのことじゃなかった! カスタムカー界隈で揶揄される「電車」ってなんのこと?
WEB CARTOP
わずかなエアロの違いでこんなに変わる? しなるホイールで走りがここまで違う!? 「Modulo30周年」試乗会で感じたホンダアクセスの衝撃の実力!!
WEB CARTOP