ダイハツの問題が最大のニュース! OEMのあり方についても一石を投じる契機となった2023年

2024.01.17 10:00
この記事をまとめると
■2023年のニュースはダイハツの認証申請における不正問題
■相互牽制が利かない職場環境を2023年6月まで放置していたことに筆者は驚いた
■OEM車のあり方についても一石を投じる事件となった
組織の構造が不正の大きな要因となった
  2023年のニュースはいくつかあるが、とくに注目されたのはダイハツの認証申請における不正問題だ。このわかりにくさは、不正が行われて出荷も停止されながら、「ダイハツ車を今までどおり運行して大丈夫」と案内されていることにある。第三者認証機関の「テュフ・ラインランド・ジャパン」も含めて、安全面で問題がないことを確認した。ダイハツ・キャスト&トヨタ・ピクシスジョイの衝突時にドアロックを解除して乗員救出を容易にする安全性能は、「法規に適合していない可能性も判明」とされて不安を残すが、それ以外は「運行して大丈夫」という見方だ。
  これは出荷の停止と矛盾が生じる。大丈夫なら出荷も停止する必要はないからだ。
  出荷停止の理由は、生産された車両に運行上の問題がなくても、安全性に大きな影響を与える認証申請で不正問題が生じたからだ。そこで国が改めて基準適合性の確認を行うまで、すべての新車の出荷を停止することになった。
  認証申請の不正問題は、ダイハツ以外の複数のメーカーでも、過去に問題になっている。その原因として挙げられたのが、開発部門と認証部門の組織的な距離だ。過去の事例では、燃費数値を向上させたい開発部門の意思が、認証部門に影響を与えて不正を発生させる一因になっていた。
  そのために数年前に複数メーカーの開発者から「この教訓に基づいて、開発部門と認証部門の組織を改めて見直した。距離が近い場合は離した」という話を聞いた。認証は、いわば国側の立場で行う業務だから、開発側が絶対に影響を与えてはならないのだ。
  ところが今回のダイハツの第三者委員会による調査報告書によると「実験報告書から認証申請書類としての試験成績書を作成する業務のいずれも、安全性担当部署が担当していて、相互牽制が利かない職場環境にあったことが不正の温床になった」とある。そして2023年6月になってから、組織改正を実施して、性能開発・評価・認証の各機能を分離させるとともに「特に客観性が重視される認証機能を開発部門から独立させた」としている。
  これには驚いた。2023年6月といえば最近で、それまで旧態依然とした「相互牽制が利かない」、つまり認証部門の独立性が担保されない組織で認証作業を行っていたことになるからだ。まさに「不正の温床」を放置していた。
  ダイハツは組織をもう一度、完全に見直して、不正が発生しないようにする必要がある。
トヨタ車ユーザーに対してはトヨタも責任を負う必要がある
  またこの問題に関しては、トヨタも一部の責任を負っている。親会社だからではなく、ルーミーを始めとするダイハツ製のOEM車を販売しているからだ。
  この点はユーザーの立場で考えねばならない。ルーミーやライズのユーザーは、ダイハツのクルマを買ったのではない。トヨタのエンブレムが装着されたトヨタ車を、トヨタの販売店で購入したのだ。ダイハツが企画と製造を受け持ったOEM車というのは、あくまでもメーカー側、販売会社側の事情に過ぎない。
  従ってトヨタのルーミーやライズが出荷を停止して、ユーザーが不安を感じるなど迷惑を被った場合、直接の責任はトヨタが負担する。その上でトヨタは、ダイハツにその賠償を求めることが可能だ。今回のダイハツの認証不正問題は、OEM車のあり方についても一石を投じている。

あわせて読みたい

復活の狼煙を上げろ! 次期型はどうなる?? トヨタ プロボックス一部改良!!!
ベストカーWeb
小林化工、日医工……名だたる製薬企業が、人体に影響を及ぼす「品質不正」に関わったのはなぜか
現代ビジネス
東急の新しいデジタルチケットサービス「Q SKIP」の魅力
antenna
2023年の新車販売台数はN-BOXが圧巻のナンバー1! 2024年に向けて登録車でもホンダがじわり勢いを増している
WEB CARTOP
12月の新車販売ランキングで登録車はトヨタ一強状態! だがダイハツ不正の影響で「ルーミー」「ライズ」が今後厳しくなる可能性
WEB CARTOP
特別な一日の為に、特別な一着を。新作“memorableきもの”発表
PR TIMES Topics
次期ムーヴ、次期トール/ルーミー、新型コペン…ダイハツ徐々に生産再開でもいまだ見えぬ新型車の道筋
ベストカーWeb
ダイハツは軽に集中! 開発期間が伸びても信頼できるクルマを! ダイハツが記者会見で語った復活への茨の道
WEB CARTOP
福島の豊かな地域資源・未利用資源を活用した新製品「アロマスプレー50ml」の先行販売開始
PR TIMES Topics
ダイハツ「軽を中心に据えたモビリティカンパニー」へ!! 小型車の開発も続行!! 復活なるか?
ベストカーWeb
やっぱりダイハツ不正の影響は大きい! 2023年度の新車販売台数ランキング「盤石のクルマ」と「急落したクルマ」
WEB CARTOP
レトロカラーのヴィーガンネイル 新色6色をデュカートより発売
PR TIMES Topics
ダイハツの不正があったのにN-BOXの数字が伸びていない! 1月の新車販売台数を分析して見えた意外な事実
WEB CARTOP
生産済みの車両は安全性が確認されているの新たには出荷停止……ってどういうこと? ダイハツ事件にみる「認証試験」の問題点とは
WEB CARTOP
ダイハツ、売れ筋のタントが出荷停止を解除。まだ出荷できていないクルマは
ドライバーWeb
ダイハツの影響も大きいけれど登録車も落ち込んでいる! 2023年度の新車販売台数を分析した
WEB CARTOP
日野、ダイハツ、豊田自動織機…… トヨタの新たな統治の仕組みで続発する不正は根絶できるのか?
ベストカーWeb
軽自動車に注力って……新型トールはどうなっちゃうのよ!? 3社共同の軽商用BEVは!? 「ダイハツ新体制」で気になるギモン
ベストカーWeb