いつの時代も心に刺さるのはやっぱりスポーツモデル!? JMSのコンセプトカー「SNSでの反響」が大きかったクルマをチェックしてみた

2023.12.14 13:00
この記事をまとめると
■ジャパンモビリティショーは111万2000人もの来場者を記録して幕を閉じた
■SNSでの反響が多かったコンセプトカーを中心に振り返る
■反響を分析するとまだまだスポーツカーの人気や注目が高かった結果となった
モーターショーからの転向で不安視も……結果は大成功!
  111万2000人という来場者数を記録し、大盛況に終わったジャパンモビリティショー。会場はもちろんだが、SNSでも多くのブースやモビリティたちが話題となっていた。そこで、今回はWEB CARTOPのSNSで反応が多かったモビリティを中心に振り返っていく。
日産 ハイパーフォース
  WEB CARTOPのFacebook投稿に多くのリアクションが寄せられていたのが「日産ハイパーフォース」だ。そのシルエットとハイパフォーマンスなスペックから「次期GT-Rか?」などと盛り上がっていた1台。これはあくまでもコンセプトモデルであり、市販に関して具体的な話があったわけではないが、話題に上がったそのエクステリアデザインは、しっかりと空力性能を加味したエアロデバイスを身にまとった結果でき上がったものだ。
  リアクションの種類はさまざまで一概には言えないが、多くの反応や注目があったことを考えるとまだまだGT-Rへの関心度が高いことが良くわかる。現行型のGT-Rもモデルライフが長く、フルモデルチェンジが度々噂されるという背景も、話題になった理由のひとつだろう。
マツダ・アイコニック SP
「名車復活か?」というリアクションでいえば、マツダの「アイコニック SP」も注目されていた。発電用とはいえロータリーエンジンを搭載し、リトラクタブルヘッドライトを備えたエクステリアデザインという組み合わせは往年の名車、RX-7を思い出すものだ。
  こちらもコンセプトモデルではあるものの、パワーやディメンションといったスペックはもちろん、日常生活からサーキット走行までを視野に入れたカーライフを考えた点や、ロータリーエンジンならではの重量配分での有利さに触れた点を思うと、マツダが市販化を多少なりとも考えているのが読み取れる1台だ。
  MX-30ロータリーEVでロータリーエンジンが復活したばかりではあるものの、スポーツカーとロータリーエンジンという組み合わせはやはりマツダのひとつのシンボルであり、復活が社内外から強く望まれているのがわかる。
スポーツカー関連の注目度がまだまだ高い
BYD U8
  伝統のスポーツカーを思わせるモデルたちが話題となっていたが、新興勢力であるBYDも多くのリアクションを得ていた。とくに目立っていたのが大型SUVのU8だ。このU8は高級ブランドラインであるヤンワンからリリースされる予定で、全長5.3m超、全幅2m超、総出力1100馬力で、0‐100加速は3.6秒という超弩級のSUVとなっている。
  大きさやスペックだけでなく、水陸両用なのも驚かされるポイントだ。水深1~1.5m程度まで走行可能で、それより深い水深になると浮上して進んでいくというメカニズムになっているとのこと。あらゆる部分で先進的な驚きを隠せないモデルということ、そしてそんなモデルを海外の新興メーカーが作ってきたことが大きなトピックとなっていた。今後の展開から目が離せない。
その他
  そのほかにも1.3リッターエンジン搭載のFRレイアウトで披露された「ビジョンコペン」、トヨタのBEVスポーツカー「FT-Se」など多くモデルが話題となったが、全体的にSNSなどでの反応を振り返ると、コンセプトモデルながらスポーツカーに関する注目度が高かった印象だ。
  市販化するにあたってはどのモデルもまだまだ難しいポイントがあるが、それだけクルマ好きはスポーツカーに夢を見ているし、メーカー側も作りたいという意思の表れが合致したショーとなったと言えるだろう。今回のショーでの反応を各メーカーがどのように反映していくかにも注目したいところだ。

あわせて読みたい

ロータリーの野獣を味わうなら相応しいキットで!1/20名作プラモ「初代サバンナ」を中期型GTに改造・第1回【CARSMEETモデルカー倶楽部】
CARSMEET WEB
市販化は来場者の声次第!? マツダスピリットレーシングの「ロードスター」「マツダ3」はいますぐ売ってほしい完成度【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」が追い求める「人の可能性」
antenna*
【特別対談】カーデザインの過去・現在・未来「ジョルジェット・ジウジアーロ×マツダ・前田育男」
CARSMEET WEB
ファンの声に押されて、マツダの“官能的すぎる”スポーツカーが街を走る!?
GOETHE
限界に挑戦し続ける姿勢とサステナブルな価値観。ヨットレース「アメリカズカップ」に世界が熱視線を送る理由
antenna*
 【祝生産再開へ】新型コペン爆誕への布石か!? 次は1.3Lエンジンで世界に!?
ベストカーWeb
いくらGT-Rでも3000万はちょっとねぇ……!! そこまでして買う価値あるの? 「宿敵」ポルシェ911ターボも届く強気価格のなぜ
ベストカーWeb
ピスタチオ好きも唸るほどの超濃厚ピスタチオスイーツ「ピスタチオアイスモナカ」限定販売
PR TIMES Topics
MX-30は序の口! アイコニックSPへの布石? マツダに伝説の「ロータリー開発グループ」が復活したぜ!
ベストカーWeb
マジで出るぞ!! マツダがロータリー搭載のスポーツカー「アイコニックSP」市販化検討! 3ローターで26年登場か!?
ベストカーWeb
dアニメストアが新テレビCMを公開!
antenna
マツダが3台のロータリースポーツカーコンセプトを出展【オートモビル カウンシル2024】
webCG
日産GT-R R35の特徴・魅力を一挙紹介!
WEB CARTOP
これがにんじんジュース? 驚きのカゴメ新商品を体験レポート
antenna
世界のクルマ好きオジサンが歓喜!マツダが本気を出している「スポーツカー構想」の現在地を語ります。
FORZA STYLE
有名な初代と4代目の影で「どんなクルマだったっけ……?」 今じゃ中古探しも困難な3代目マツダ・コスモが超イケてた!
WEB CARTOP
新TVCM「アニメとススメ!」篇放送開始
antenna
新型リーフは2025年登場!! エルグランドはe-POWER搭載で決定! 超近未来デザインで登場する日産車4選
ベストカーWeb
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】 ロータリー復活に沸く今 改めて4ドア4シータースポーツカー「RX-8」を振り返る!
ベストカーWeb