発売直後の「販売目標の◯倍受注」発表は人気のバロメーターじゃない! 大切なのは「その後の納車台数」にアリ

2024.07.11 11:40
この記事をまとめると
■新車を販売したあとに「受注が目標の○倍」と発表されることがある
■受注を発表の数カ月前から受けている場合もあり純粋に信用できる数字とはいえない
■受注を受けるだけ受けて納期が大幅に遅れたりするトラブルも目立つ
初回の受注が予想の数倍になるのは凄いこと?
  新型車が発売されたあと、1〜2カ月を経過すると「受注台数が販売目標の○倍を超えた」という趣旨の報道発表をすることがある。メーカーとしては、人気の高さをアピールしているが、そのまま受け取ることはできない。
  その理由は、公表されているのが「登録(軽自動車は届け出)台数」ではなく「受注台数」になるからだ。いくら受注台数が増えても、実際の登録や届け出台数が少なく、ユーザーが納車を待たされたのでは褒められない。受注台数が多いなら、それをしっかり生産して、ユーザーに届けなければ意味はない。
  また、最近は受注開始時期の前倒しが激しい。納車を伴う「発売」の3〜6カ月以上も前に受注を開始して、受注台数を溜め込み、その揚げ句に販売目標の数倍に達しても威張れない。
  たとえばマツダCX-60は、販売店では2022年4月25日頃から価格を明らかにして、予約受注を開始した。メーカーの発表では、予約受注の開始は6月24日とされているが、販売店ではその約2カ月前から予約受注を実施していた。開発者は「予約受注の、そのまた予約受注を行っていた」という。
  その結果、2022年9月にCX-60を正式発売した時点で、「月販計画台数(2000台)の4倍を超える8726台を受注」と報道発表された。「CX-60は販売が好調な人気車です!」と宣伝したわけだ。
  ところが2023年におけるCX-60の1カ月平均登録台数は1995台に留まり、月販計画台数の2000台に達しなかった。2024年1〜5月の1カ月平均は、599台まで下がっている。ちなみに月販計画台数は、その車種が生産を終えるまでの平均計画台数だ。時間の経過に伴って売れ行きが下がることを踏まえると、発売直後は、月販計画を上まわらねばならない。それがCX-60は発売後早々に月販計画を大幅に下まわり、現時点では人気車とはいい難い。
  ホンダでは2022年6月に、現行ステップワゴンについて「発売後約1カ月で月間販売計画(5000台)の5倍を超える2万7000台以上を受注」と公表された。それが2023年の1カ月平均登録台数は3680台で、月間販売計画の5000台を下まわった。しかし、2024年1〜5月の1カ月平均は、月間販売計画を超える5911台だ。今後の動向が注目される。
  以上のような具合だから「受注台数」の発表は、人気車の証明になり得ない。将来の需要予測も成り立たない。信じられるのは、実際の登録や届け出台数だけだ。納期を遅延させず、十分な台数を欲しいユーザーにしっかりと届けてこそ、本当の人気車になり得る。
  とくに最近は発売しながら受注を早々に停止させ、中古車価格を高騰させるなど、ユーザーに対して不親切な車種も急増している。これではデザインがカッコ良く、機能を充実させても、優れた商品とはいい難い。

あわせて読みたい

ダイハツの影響も大きいけれど登録車も落ち込んでいる! 2023年度の新車販売台数を分析した
WEB CARTOP
【ホンダ WR-Vの販売が好調】発売1カ月で計画の4倍以上「13,000台」を記録!どんな人に支持されている?
MonoMaxWEB
マーブル調の模様がかわいい「Toffy カラフルリトルプレート」発売
PR TIMES Topics
新車購入は「入社1年目の新人」だと好条件が引き出しやすい! ただし「もう辞めました」のリスクもアリ!!
WEB CARTOP
「新型の登場を待つか」「モデル末期を狙うか」問題に決着! いまは「欲しければすぐに買う」が正解だった
WEB CARTOP
「天体シリーズ」第二弾!地球と惑星をモチーフにした『地球』数量限定発売
PR TIMES Topics
ステップワゴンは「フルモデルチェンジ失敗」ではなかった! 発売から2年が経って急激に売れ行きを伸ばしているワケ
WEB CARTOP
インドから輸入しているホンダWR-Vが大ヒット! 日本市場の「常識」が変わるかもしれない
WEB CARTOP
型式指定認証不正で新車販売現場は混乱する……と思ったらそうでもない! コロナ禍以降の「長納期慣れ」で消費者は意外にも冷静だった
WEB CARTOP
見た目の「カッコ良さ」と「新鮮さ」がいかに重要かがわかる! 三菱トライトンがいま絶好調なワケ
WEB CARTOP
2024年上半期の新車販売台数は昨年割れ! 復活の鍵は「トヨタの納期」と「ダイハツの出荷」回復にあり!!
WEB CARTOP
新興EVメーカーBYDの日本での販売台数はアルファロメオと同等! ブランド力よりも「商品力」が問われるEV独特の市場
WEB CARTOP
ずーっとトップを独走してきたN-BOXがやや危うし!? ライバルに迫られる理由は「同門」の人気車登場にあり
WEB CARTOP
新型を出す意味ないんじゃ!? 超モデル末期でも旧型フリードが驚異的な売り上げを誇るワケ
WEB CARTOP
新車販売はN-BOXとカローラが相変わらず絶好調だが……じわり「ホンダの登録車勢」が勢いを増していた!
WEB CARTOP
スペーシアが5月の新車販売でトップに! N-BOXの首位陥落の理由は「ダイハツの不正問題」と「WR-Vの好調」にあり
WEB CARTOP