やっぱ「自然吸気」じゃなきゃ味わえない快感があんのよ! ターボだらけの世の中でも100万円台で狙えるNAエンジンの中古スポーツ4選

2024.05.22 13:00
この記事をまとめると
■高回転までよどみなくまわる自然吸気の純ガソリンエンジンに魅力を感じる人はいまだ多い
■現実的な価格で購入可能な自然吸気エンジンを搭載したスポーツモデルをピックアップ
■いずれのモデルも100万円台、ものによっては100万円以下から狙うことができる
淀みなく回転していくのは自然吸気エンジンの特権!
  近年は環境問題などの影響もあってダウンサイジングターボやモーターアシストを備えたクルマが増えてきている。それはそれで低燃費かつ力強い走りを楽しむことができるというメリットがあるのだが、クルマ好きであれば高回転までよどみなくまわる自然吸気の純ガソリンエンジンに魅力を感じる人も多いだろう。
  そこで今回はまだまだ現実的な価格で購入することができる自然吸気エンジンを搭載したスポーツモデルを独断と偏見でご紹介したい。
トヨタ86/スバルBRZ(初代)
  トヨタとスバルが共同開発した2ドアスポーツクーペである86/BRZは、200馬力を発生する水平対向4気筒2リッターエンジンを搭載し、後輪を駆動するFRモデルだ。車名からもわかるようにAE86の再来ともされており、ユーザーが育てるクルマとしてさまざまなユーザーに支持された1台である。
  そんなキャラクターをもつクルマだけに、ノーマル状態で乗っても楽しいのはもちろんだが、数多くのアフターパーツがリリースされており、自分好みの1台に仕上げる楽しみも享受できるのが最大の特徴。
  価格も新型が登場以降こなれてきており、AT車では100万円以下、MT車でも150万円以下で乗り出せる個体が多く揃っている。
マツダ・ロードスター(現行型)
  初代から一貫して人馬一体の走りが楽しめるモデルとして、そして気軽にオープンエアモータリングが楽しめるモデルとして、日本のみならず世界中に多くのファンを抱えているロードスター。
  現在は4代目となるND型が販売中となっているが、SKYACTIVテクノロジーを搭載して一新されたモデルということもあり、排気量は歴代最小の1.5リッターながら、軽量コンパクトな車体も相まって、ロードスターらしい走りを堪能できるだけでなく、燃費性能も大きく向上しているのも魅力のひとつとなっている。
  そんな現行ロードスターも、すでに登場から9年が経過していることもあり、初期型であれば150万円以下で乗り出せるものもチラホラ登場しており、いまこそ狙い目といえるかもしれない。
国産ホットハッチの代表や日産のラグジュアリークーペも狙える!
スズキ・スイフトスポーツ(先代)
  新車の時点ですでにかなり買い得感のあるスイフトスポーツは、中古車となってさらに買い得感が増している1台だ。ターボモデルとなった現行型もすでに100万円台前半の予算で乗り出せるものも増えてきているが、NAエンジンとなれば先代モデルがオススメということになる。
  いまでは希少となったテンロクスポーツの先代スイフトスポーツは、可変吸気システムの採用やバルブリフト量の増加、冷却システムの見直しなどを実施して、旧型比+11馬力の136馬力を達成。さらにMT車では5速MTから6速MTへと多段化をしたことでクロスレシオ化も果たし、より楽しい1台に昇華している。
  中古車としては総額50万円以下から狙えるバーゲン価格で、走行距離1万km台の極上車でも150万円以内で十分狙うことができるのだ。
日産スカイラインクーペ(V36型)
  日産を代表するNAエンジンといえば、過去に14年連続でアメリカのテン・ベスト・エンジンに選出されていたVQエンジンが挙げられるが、その最終進化版ともいえるのが、2007年に登場したVQ37VHR型だろう。
  3.7リッターという排気量を持ちながら、レッドゾーンは7500回転という高回転型エンジンで、V6サウンドとともに気分を盛り上げてくれるエンジンであることは間違いない。
  そんなVQ37VHRを搭載するモデルとしては、Z34型フェアレディZが知られるところだが、まだまだ高額なものが多い。しかし、同じプラットフォームを使用しているV36型スカイラインクーペに目を移すと、同程度の車両でも20~30万円ほど安価な価格となっている。
  AT車であれば70万円以下、MT車は希少だが150万円以下で、このラグジュアリークーペを狙うことができる。

あわせて読みたい

スーパーハイト軽って「装備」「使い勝手」が注目されるけど……じつは走りにも大きな違いがある! ライバル5台を徹底比較!!
WEB CARTOP
ハチロク乗りもGR86乗りもすれ違ったら敬礼必至! 偉大なるご先祖「TE27」のレビン&トレノが胸熱すぎるクルマだった
WEB CARTOP
スペシャルコラボレーション 「岡本屋× uka」で、健康と美容を
PR TIMES Topics
話題のクルマを品定め!1台増車するなら、コレいかが? 〈スズキ〉スイフト
Safari Online
4代目新型「コンチネンタルGT」、ベントレーの歴史に新たな1ページ【試乗記】
GOETHE
【NEW ERA】ブランド初のスノーウェアライン「NEW ERA SNOWBOARDING」登場
PR TIMES Topics
総額60万円以下でも探せばある! 走り好きの心を満たしてくれる安ウマ国産中古車5選
WEB CARTOP
素のスイフトにMTがあるのは「走り好きの若者」もだけど「高齢ドライバー」のためでもあった! MT設定にみるスズキの良心に感動!!
WEB CARTOP
スズキが初代といわないのは認めてないから!? 2003年に登場した「スイフトスポーツ」の謎
WEB CARTOP
運転支援だらけで運転がつまらない……なんて感じてないか? あるぞ「クルマとガッツリ対話できる」運転の楽しいクルマ5台
WEB CARTOP
販売台数が少なくてもスーパースポーツでもMT車でも関係なし! 「衝突被害軽減ブレーキ」が付いていないクルマはいますぐ搭載すべき
WEB CARTOP
第283回:ランボルギーニとも戦える[カーマニア人間国宝への道]
webCG
いまどき「ハイブリッドはつまらない」とか言ってると笑われる! ヤバいくらい楽しい上に好燃費なHVモデル3台
WEB CARTOP
改良型「スバルBRZ」登場 MT車には専用の「SPORTモード」を新設定
webCG
ドリフトは日本発祥……ならば日本人たるもの1度はやってほしい! ドリ車にオススメのモデル4選と中古の現状
WEB CARTOP
トヨタはモリゾウ? 日産はGT-R? ホンダは?? スバルは??? 10年前の読者500人が思い描いた国内メーカー8社のイメージ
ベストカーWeb