商用車なのに前後ダブルウイッシュボーンってやっぱりホンダは走りへのやる気が半端ない! そのお陰で荷室が狭くなっちゃった「パートナー」という残念なバン

2024.05.17 13:00
この記事をまとめると
■ホンダのライトバンとして1996年から販売されていた「パートナー」
■商用ライトバンなのに四輪独立ダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用
■荷室スペースへの張り出しが不評だったので2代目モデルは足まわりが変更された
シビック譲りの足まわりで爽快な走りを実現した商用車
  近年ではベースとなるステーションワゴンが姿を消しているため、プロボックスとADバンのみとなってしまった商用ライトバンと呼ばれるモデルたち。しかし、過去にはトヨタと日産以外のメーカーもライトバンをリリースしていた時期があった。そんなライトバンのなかでもひと際異彩を放っていたのが、ホンダがリリースしていたパートナーである。
  パートナーは1996年にシビックプロ(1980年代のホンダは商用モデルに“プロ”と名付けていた)の後継車種として登場したモデルで、見た目は当時のライバル車種であるカローラバンやADバンと大差ないスタイルを纏っていた。
  しかし、異彩を放っていたのがそのメカニズムで、なんと商用ライトバンでありながら、4輪ダブルウイッシュボーン式サスペンションを採用していたのである。
  これはベースとなったのがステーションワゴンのオルティアで、オルティアがシビックのプラットホームをベースとしていたことで異例の足まわりを持つ商用ライトバンが生まれてしまったというワケなのだ。
  さすがにシビックに搭載されたDOHC VTECやオルティアの1.8~2リッターエンジンは搭載されなかったが、ホンダらしくよくまわるエンジンと簡素化された装備からくる軽量さも相まって、シビック譲りの軽快なハンドリングを楽しむことができる1台に仕上がっていた。
  ただ、リヤがダブルウイッシュボーン式サスペンションということで、荷室スペースへの張り出しが大きくなり、積載性の観点からするとライバルに一歩劣っていた。走りより積載性を重視する事業者からは敬遠されがちで、販売台数はライバルに及ばないものとなってしまっていたのもまた事実だった。
  ちなみにパートナーは2006年3月にフルモデルチェンジを果たし2代目に進化するが、ベース車がエアウェイブとなったことで4輪ダブルウイッシュボーン式サスペンションは廃止(フロント:ストラット、リヤ:トーションビーム)となってしまった。
  しかし、このクラスの車種では唯一となる5速ATを採用したり、タコメーター付のメーターを採用したりと、走りのホンダを感じさせる要素は引き続き備わっていた点は面白いポイントといえるだろう。

あわせて読みたい

グランドハイエースに初代インサイトも輸出解禁!? もう25年越えってマジかよ?? 陰に隠れて高騰の可能性があるクルマ9選
ベストカーWeb
「タウンエース」キャンパー軽モデル超えなるか
東洋経済オンライン
ハワイ・マウイ島生まれのヴィーガンアイスブランドより爽やかな味わいの「リリコイ」が期間限定発売
PR TIMES Topics
いくら魅力を語れど売れなくなるには理由がある! セダン&ワゴンが日本で衰退しているワケ
WEB CARTOP
「最高のスポーツバイク」街乗りのコーナリングさえも楽しい“スズキ GSX-8R”なら充実のバイクライフが叶う
MonoMaxWEB
正面から見るとスカイライン……でも違う車種! 日産スカイウェイを知ってるか?
WEB CARTOP
ホンダ、N-VAN e:は、仕事も趣味も”使える”盤石のEV性能 
ドライバーWeb
そんなクルマあったっけ……なインテグラのご先祖! 1代で姿を消した不人気5ドアハッチ「クイント」とは
WEB CARTOP
商用車マニアは「黒い無塗装」バンパー好き多し! 日本の「おしゃれなデュカト」にこれじゃない感!!
WEB CARTOP
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】やっぱりアメリカ生まれはダメだったか! ホンダMDXはわずか3年で姿を消した3列7人乗りSUV!!!
ベストカーWeb
えええ、今は無きミニカがスゲー……1人乗り仕様あったってマジか!! エアコンすらなしの男前グレード!! もしや積載性能最強だったんじゃないか説
ベストカーWeb
たとえ不人気でもセダンとステーションワゴンには絶対的な価値がある! SUVやミニバンが「取って代われない」存在だった!!
WEB CARTOP
【遊びで超使える商用バン!?】一部改良のホンダ「N-VAN」にアウトドアスタイルの特別仕様「STYLE+ NATURE」が登場!
MonoMaxWEB
ますます魅力的……ホンダ軽商用バンN-VANが一部改良 Nシリーズ10周年記念車はアウトドアテイスト満点!!!
ベストカーWeb
ホンダ・シビック タイプRってどんなクルマ? 歴代モデルと最新6代目を詳しく解説!
WEB CARTOP