全車種出荷再開のダイハツはどうなる? 2024年4月の新車販売台数を詳細分析した

2024.05.27 06:20
この記事をまとめると
■2024年4月の新車販売台数ではダイハツがどれぐらい数字を戻すかに注目が集まっていた
■ダイハツは届出済み未使用車が多いので意外にも他社にユーザーが流れていない
■登録車では納期改善が見られるも1度も前年同月比で100%を超えていない
ダイハツはどうなった?
  2024年4月の新車販売台数で注目していたのはダイハツがどれぐらい数字を戻すかであった。ダイハツは大型連休(ゴールデンウイーク)前に全車種出荷再開を発表している。そこで気になる軽自動車の結果を、全軽自協(全国軽自動車協会連合会)発表の2024年4月単月の新車販売台数統計でみると、ダイハツの軽四輪車総台数は1万6399台(前年同月比33.5%)、軽四輪乗用車6074台(前年同月比17.8%)、軽四輪商用車1万325台(前年同月比69.7%)となっている。出荷再開が統計に大きな影響を与えることはなかった。
  ダイハツも含む軽四輪車総販売台数は10万2810台(前年同月比79.3%)となっている。前年同月比プラスになっていないのはダイハツが前年同月比で33.5%という結果になっていることが大きく影響しているのは間違いない。スズキがダイハツから流れてくるお客の囲い込みを進めていることもあり、前年同月比で116.1%となっている。三菱が前年同月比プラスとなっているが、これは「デリカミニ」が貢献しているようである。日産もデイズ及びルークスのマイナーチェンジ効果もあり、前年同月比で100%を超えている。
  それにしても、数カ月も出荷停止となっていたのに、ダイハツ軽乗用車の届け出済み(ナンバー付き)未使用中古車が減る気配が感じられない。定点観測している展示場では、展示車の7割ほどがムーヴ・キャンバス系を中心としたダイハツ車となっている。この届け出済み未使用中古車の多さが、ダイハツ以外のメーカーでの新車販売における「特需」を阻止、つまり他メーカー車へと流れることをかなり抑えることができたといえよう。
  5月の統計はダイハツの完全復活を見ることができるのか、引き続き軽自動車ではダイハツに注目していきたい。
乗用車も快調になりつつある
  自販連(日本自動車販売協会連合会)による、2024年4月単月の登録乗用車の販売台数は18万1633台(前年同月比94.1%)となっている。2023年はまだ納車までの時間がかかっていたので、3月中に納車したかったけどできなかったぶんがこぼれていたが、改善が進むなかで、前年同月と比べても9割強となっているので、けっして悪い数字とはいえないだろう。
  ただ、2024年に入ってからは1度も前年同月比で100%を超えていない。納期遅延もほぼ改善され、魅力的な新型車も溢れているのだが、販売現場では隙間風が流れているようにも見える。とまらない物価高、社会保険料なども含む相次ぐ増税の話などなど、社会不安が増大するなかで、新車販売の世界にもその悪影響が及んでいるように見えてならない。
  ただ待っていても新車を買うことへの好材料は当分舞い込むことはないだろう。オートローン金利は利上げするしないに関係なく金利上昇懸念が高い。モデル改良を行えば当然現状の部材費や人件費の高騰などを反映させた価格、つまりかなりの価格アップも覚悟しなければならない。
「それなら新車をやめて中古車へ」という動きもあるが、いまや新車ディーラーでも必死に中古車を販売して利益の上積みを進めようとしているので、程度のいい中古車は右から左へ流れ、展示場に並ぶことはあまり期待できない(そもそもはるか昔から、本当に程度のいい中古車は展示場に並ぶことはないといわれている)。
  悩んでいるならまず実行、ディーラーへ足を運んで情報収集することをおすすめする。顔がつながれば道が開ける(いい話が飛び込んでくる)こともあるのだ。

あわせて読みたい

ビッグモーター問題でオリコとジャックスに明暗
東洋経済オンライン
日銀の「利上げ」は新車販売にも影響! 人気の「残価設定ローン」の金利が上昇する可能性もアリ
WEB CARTOP
「IL BISONTE」よりネックウォレット発売
PR TIMES Topics
初の試みとなる一都市3拠点体制。「コーンズ大阪 プレオウンドショールーム」をグランドオープン
octane.jp
なんとドリフトマシンとしてD1にも参戦! かつてダイハツのフラッグシップだった「シャルマン」が激熱のクルマだった
WEB CARTOP
瀬戸焼の技術で丁寧に作られたマリアンヌ・ハルバーグの人気アイテム
PR TIMES Topics
2024年上半期の新車販売台数は昨年割れ! 復活の鍵は「トヨタの納期」と「ダイハツの出荷」回復にあり!!
WEB CARTOP
スペーシアが5月の新車販売でトップに! N-BOXの首位陥落の理由は「ダイハツの不正問題」と「WR-Vの好調」にあり
WEB CARTOP
誓約書にも「転売ヤー」には効力なし! 結局新車の転売を防ぐにはメーカーが「ほしいクルマをすぐ買えるようにする」しかない
WEB CARTOP
米国株、これから「最高の夏」がくる…! いまのうちに買っておきたい「2つの銘柄」を実名紹介
現代ビジネス
ランクルはあまりの人気っぷりにもはやカオス! 転売ヤー対策に苦慮する販売現場とやっと買えても盗難対策に四苦八苦するユーザー
WEB CARTOP
新車購入でお馴染みの光景「値引き交渉」はまもなく姿を消す!? 家電で広がる「指定価格」が新車にも導入される可能性
WEB CARTOP
レクサスLBXが絶好調! 日産ノートオーラも売れている! 日本には「高級コンパクト」の潜在需要があり
WEB CARTOP
中身は基本同じ車種! メーカーにこだわりなければドッチが正解? ベース車とOEM車はどちらがお得なのか
WEB CARTOP
中国・北京で見聞きした、中国のEV化が想像以上のスビートで進み、日本を含む外資系を駆逐している現実 - 日々刻々 橘玲
ダイヤモンド・オンライン
軽自動車の「勢力変化」10年データで浮き彫りに
東洋経済オンライン