ダイハツの影響は大きく2月の新車販売は昨年比割れ! 気になるのはホンダの元気のなさ

2024.03.26 06:20
この記事をまとめると
■2024年2月単月の新車販売台数が自販連と全軽自協からそれぞれ発表された
■ダイハツ車は出荷停止などの影響があり、大幅に出荷台数が減っている
■数字で見るとホンダの勢いの衰えが懸念されている
出荷停止の影響はやはりデカかった
  毎年2月は事業年度末決算セールの前半期であり、年度末決算セールの行く末を占ううえで大切な月となっている。そこで自販連(日本自動車販売協会連合会)及び全軽自協(全国軽自動車協会連合会)が発表した、2024年2月単月の新車販売台数を見てみると……。
  自販連の発表した2024年2月単月の登録乗用車販売台数は20万2640台(前年比85.6%)、全軽自協が発表した2024年2月単月の軽四輪乗用車の販売台数は9万5851台(前年同期比80.2%)となっている。軽四輪乗用車が2023年2月比で登録乗用車に比べより低調に見えるのは、もちろんダイハツの一連の不祥事が影響していることは間違いない。ダイハツは軽四輪総台数でも9399台(前年同期比18.4%)となっている。内訳は軽四輪乗用車が5776台、軽四輪商用車が3623台。出荷停止が続いているなか、まさに在庫車を「絞り出す」ようにして販売した結果といってもいいだろう。
  登録乗用車については、前年同期比で85.6%となった背景はなかなか読みにくい。
  ダイハツの不祥事も影響しているだろうが、それは軽自動車ほど影響が大きくない。納期遅延の目立っていたトヨタでも、人気のプリウスでも納期が改善されている。しかし、改良などを控えるモデルも多く、新規受注停止となっているモデルも目立つが、仮にそれらのモデルを2月に新規受注出来たとしても、2月の販売実績に反映することはできないので、新規受注停止が大きく影響しているともいえない。
  いまどきは2月に受注しても、2月に新規登録(軽自動車は届け出)して納車できるケースはレアケースとなっている。早くて3カ月、一般的には半年ほど納車までに時間がかかるとすると、2023年晩夏から初秋にかけての受注分が2月の販売実績として多くカウントされていることになる。増税気運が高まるなか、一連の自民党の裏金問題などが起こっているので、先行き不透明ななか買い控えの現象が起こってきているのかもしれない。
ダイハツ車が買えないユーザーがスズキに流れて……いない!?
  軽自動車については、ダイハツがほぼ販売停止に近い状況のなか、ダイハツ軽自動車の購入を検討していたユーザーを他メーカーが集客しているものと考え、過去の販売統計を見たのだが、2024年2月に軽四輪乗用車販売でスズキは4万台超えとなっているが、2021年にも4万台以上販売している。
  そして、このときはダイハツも4万台弱を販売しているので、ダイハツの販売台数減をスズキが吸収しているとも思えないし、ましてやスズキ以外のメーカーが吸収しているようにも思えない。
  残念ながら本稿執筆段階では、軽自動車中古車の2024年2月単月の販売台数統計が発表されていないので確認のしようがないのだが、届け出済み未使用軽中古車に流れていることが予測できる。中古車ならばダイハツの届け出済み未使用軽中古車の購入も可能だからである。
  気になるのは軽自動車ではホンダの元気がないこと。軽四輪乗用車でみると、スズキ、三菱、マツダ、日産はいずれも前年同期比で100%を超えている。ちなみに100%を超えていないブランドはダイハツの影響を受けている。そのなかダイハツの影響も受けないホンダだけ83.4%となっているのである。
  ホンダの軽四輪乗用車はN-BOX以外にもN-WGNやN-ONEもあるが、販売台数全体で見ると割合ではN-BOXが圧倒している。つまり、ホンダの軽四輪乗用車が元気ないということは、N-BOXの売れ行きが元気ないということに直結しているといっても過言ではない。
  あえて「不振」という表現を使わなかったのは、そこまで販売台数が落ち込んでいるわけではなく、相変わらず2023暦年締め年間新車販売台数でも「日本一売れたクルマ」になってはいるからだ。ただし、その多くは先代型の販売台数に支えられている。
  筆者の私見としては、新型N-BOXは先代までの勢いはないように見えてならない。それでも「ナンバー1」に固執すれば、自社届け出による台数積み増しが顕著となり、それが届け出済み未使用軽中古車として大量に市場にあふれることになるだろう。すでに中古車市場では先代型の届け出済み未使用軽中古車が溢れている。そしてこれが新型の販売に勢いを感じられない原因になっているともいっていいかもしれない。

あわせて読みたい

スズキの軽自動車の車種一覧! 魅力や特徴、選び方を徹底解説
WEB CARTOP
軽トラはダイハツ! 軽バンはスズキ! EVも出てきて激戦必至の「働く軽自動」のランキングが面白い
WEB CARTOP
【DEAN & DELUCA】PÂTISSERIE ASAKO IWAYANAGIが手がけた初の「アイスケーキ」発売
PR TIMES Topics
新型を出す意味ないんじゃ!? 超モデル末期でも旧型フリードが驚異的な売り上げを誇るワケ
WEB CARTOP
ルーツはなんと明治時代! 日本最古の自動車メーカーは「ダイハツ」だった!!
WEB CARTOP
「IL BISONTE」よりネックウォレット発売
PR TIMES Topics
ずーっとトップを独走してきたN-BOXがやや危うし!? ライバルに迫られる理由は「同門」の人気車登場にあり
WEB CARTOP
直近の新車販売ではN-BOXがやや失速気味もホンダ全体は絶好調! 登録車は新型フリードとシエンタの争いが注目
WEB CARTOP
レクサスLBXが絶好調! 日産ノートオーラも売れている! 日本には「高級コンパクト」の潜在需要があり
WEB CARTOP
軽自動車の「勢力変化」10年データで浮き彫りに
東洋経済オンライン
中身は基本同じ車種! メーカーにこだわりなければドッチが正解? ベース車とOEM車はどちらがお得なのか
WEB CARTOP
【24年上半期を象徴するクルマ】スペーシア、WR-V、ランクル250はなぜ売れた?
GetNavi web
ナンバーワン軽自動車「N-BOX」がまさかの首位陥落…「1強」時代はこうして終焉を迎えた
現代ビジネス
ハッチバックのヤリスを圧倒! 改良されたヤリスクロスに乗ったらバカ売れも当然と思える中身だった
WEB CARTOP
ホンダWR-Vに日産もスズキも続くか? インドから日本へと輸入の流れがトレンドになりそうな予感
WEB CARTOP
ぶっちゃけ見た目はそんな変わってないけどどうよ? 旧型オーナーが「新型N-BOX」に「乗り換える価値」はあるのか考えてみた!
WEB CARTOP