見た目にこだわる必要もないトラックにアルミホイールが広まってる! 値段が高くても数年で元がとれる理由とは

2024.03.17 10:00
この記事をまとめると
■アルミホイールは乗用車の世界では一般的な装備となっている
■トラックの世界では鉄ホイールが主流であったが最近はアルミホイールも増えている
■コストは若干掛かるが、数年で回収できるほどメリットが多く、普及が進んでいる
トラック用アルミホイールがいまアツい!
  アルミホイールといえば、軽量化によるバネ下重量軽減効果によるスポーツーカー向けだったり、見た目のスマートさなどドレスアップ向けだったりと、ひと昔前はスペシャルな装備というイメージだったのが、最近は純正装着も進み、かなり当たり前の存在になった。スチールホイール+ホイールキャップは、いまや低級グレードや実用車に標準装備される程度といってもいい。
  一方、トラックはいまだにスチールホイールが主流。価格も安いし、強度も問題ないし、そもそもデザインにこだわる必要もないので、スチールでいいというのが理由だ。ただし、大型も含めてトラック用のアルミホイールというのはあって、純正ホイールを作っているメーカーがアフターとしてリリースしていたり、純正でもオプションで設定されていたりする。
  そんなトラックに、「アルミホイールをわざわざ履かせる会社があるのか?」と思ってしまうが、じつはトラック用アルミホイールには見た目以外に多くのメリットがあるのだ。
  まず肝心の価格から見ていくと、乗用車用とあまり変わらないイメージで、1本数万円。大型トラックの場合、大量に必要なのでトータルでは安いとはいえないが、ひるむほどの高額でもないのだ。ただ、アルミホイールの場合、強度を保つために肉厚にできているので、スチールのスタッドボルトが使えなくなってより長いものに交換する必要があるし、ナットも専用品が多い。
  このコストも、アルミホイールの特徴である軽量化によってあまり問題ではなかったりする。どれくらい軽くなるかというと、スチールに対して3分の2程度で、かなりの軽量化になる。バネ下重量の軽減によって燃費が向上するので、年間走行距離などによるが、2〜3年で元が取れることもある。
  また、ブレーキへの負担が減るので、ブレーキパッドの交換スパンを延長できるし、放熱性にも優れるのでタイヤのもちもよくなったりもする。とくにバーストの可能性は減るとされている。
  そのほか、乗り心地改善やハンドリングの向上によるドライバーの疲労軽減など、メリットはかなり多い。
  デメリットは先に紹介した交換時のコスト程度。ただ、あとで回収できるとはいえ、コストにシビアな物流業界だけに、いきなりこれに多額のコストをかけることができないので、一気に普及しないのが実情だ。それでも最近は、街なかでトラックを見ていると装着していることも多くて、徐々に広まってきてはいる。

あわせて読みたい

命を救うトラックデザインを!! 乗用車への「加害性」を抑える大型車の構造をスウェーデンの研究者が考案
ベストカーWeb
公道じゃよくてもサーキットじゃ危険! 他人にも被害を及ぼすNGなカスタムパーツ8選
WEB CARTOP
レトロカラーのヴィーガンネイル 新色6色をデュカートより発売
PR TIMES Topics
ハイブリッドシステムまで進化したぞっ! ホンダ・ヴェゼルのマイチェンを詳細リポート
WEB CARTOP
【試乗】ホイールとスポイラーだけで走りも静粛性も驚くほど変わる! ホンダアクセスのヴェゼル用パフォーマンスパーツの効果を300km以上走って確かめてみた
WEB CARTOP
【KEYUCA】Land リサイクルシリーズより「Land茶碗」を新発売。
PR TIMES Topics
鉄チンが当たり前だったトラックにアルミホイールの波がきた! 乗用車とは比較にならないメリットが存在する
WEB CARTOP
大型車の車輪脱落事故を未然に防ごう!! 意外と知られていないホイールの注意点
ベストカーWeb
東急の新しいデジタルチケットサービス「Q SKIP」の魅力
antenna
乗用車ユーザーには意外! 日本のトラックが軽自動車などが採用する「ドラムブレーキ」を主流とする理由とは?
WEB CARTOP
たった数百円の輪っかがクルマの走りを激変させる! ホイール交換の際に装着してほしい「ハブリング」ってどんなパーツ?
WEB CARTOP
パーソナライズビューティケアブランドFUJIMIより「FUJIMIファスティングセット」販売開始
PR TIMES Topics
部品点数も製造工程も数十分の一! クルマ作りの超革新的技術「ギガキャスト」の多大なるメリットと意外と知らないデメリット
WEB CARTOP
第781回:今年で誕生30年! ホンダの純正用品ブランド「モデューロ」の新製品を試す[エディターから一言]
webCG
軽くて強くて見た目もいいクルマの最強パーツ素材「カーボン」! 「ただし割れたら一巻の終わり」という噂について本当に修理できないのか探ってみた
WEB CARTOP
世界限定20台! ベントレー「ベンテイガ」と「マリナー」、エイペックス・エディションで新たな頂点を目指す
CARSMEET WEB
ド派手な電飾も張り出したバンパーもなし! デコトラ界の新風「ユーロアート」がいま人気急上昇
WEB CARTOP
二輪の名門ヨシムラがまさかの軽トラ用ホイールを開発! 手を組んだのはウェッズ! しかしなんで軽トラなのよ?
ベストカーWeb