【試乗】ホイールとスポイラーだけで走りも静粛性も驚くほど変わる! ホンダアクセスのヴェゼル用パフォーマンスパーツの効果を300km以上走って確かめてみた

2024.05.17 17:00
ホンダアクセスがヴェゼルのマイナーチェンジに合わせて新アイテム投入
  ホンダ車の2023年国内販売ランキングにおいて、普通車ではフリード(7万7562台)に次いで多くの販売台数を記録したのが、都市型コンパクトSUVのヴェゼル(5万9187台)だ。いまやホンダを支える基幹車種といえるヴェゼルだが、この2024年4月にマイナーチェンジを受けた。
  新型ヴェゼルでは、フロントまわりのデザインおよびグレード体系に変更があったほか、シャシー性能や パワートレーンにも手が入った。さらにホンダアクセスが企画・開発・販売を行っている純正アクセサリーも、新製品も加わり、新たなラインナップとなった。なかでも注目の存在が、アルミホイール「MS-050」、マイナーモデルチェンジ前から人気のアイテムの「テールゲートスポイラー」だ。これらのアイテムは見た目のドレスアップだけではなく、機能も兼ね備えた、パフォーマンスパーツでもある。
  その両製品は、ホンダアクセスが開催したメディア向けイベントではクローズドコースで試乗することができたが、今回は一般公道にて体験する機会に恵まれた。マイナーチェンジ前のヴェゼルe:HEV Zを使用し、標準車両と「MS-050」と「テールゲートスポイラー」を装着した車両とを乗り比べつつ、東京都内から宮城県仙台市までの約380kmを走るというものだ。
  2台のヴェゼルは、ホイールとテールゲートスポイラー以外に装着されている純正アクセサリーはカラーコーディネートこそ違えど、まったく同じ。タイヤの銘柄もミシュラン・プライマシー4で同一だ。しかし、2台を並べて見比べてみると、MS-050装着車両のほうが明らかにスポーティな印象を受ける。5つのV字スポークを星型に配置し、さらにブラック塗装と切削処理を組み合わせたディスク面のデザインは、路面をしっかりと捉えて踏ん張っているようなフォルムを演出している。しかし、見た目のドレスアップだけではない。そこにはModuloXシリーズで培った、ホンダアクセス独自の、剛性バランス最適化の技術が搭載されている。具体的に言うと、リム部とスポーク部の剛性バランスを最適化し、ホイールを適度に“しならせる”ことで、タイヤの接地面圧を高める、というものだ。
  そんな外観の印象は、走り出すとさらに強調される。東北自動車道のパーキングエリアにて、ノーマルホイールを装着したヴェゼルから、MS-050を装着したヴェゼルへと乗り換えると、最初に感じたのは車内の静かさであった。前述のようにタイヤ銘柄は同じで、ホイール重量もほとんど同じなのに、乗り味は異なる。高速道路を一定速度で走っていると轍や継ぎ目をキレイにいなし、ロードノイズがひとまわり小さくなったように感じられた。
  そしてステアリングに伝わる微振動も心なしか少なく感じられ、緊張を強いられるような高速走行中でもリラックスして運転することができた。
  一方でステアリングを通して感じるフロントタイヤの仕事量というか、ステアリング操作との連動感においてはMS-050装着車のほうが明瞭で、より一体感のあるハンドリングを感じさせてくれた。
  高速道路走行時におけるレーンチェンジでは、ステアリング操作に対して車両がリニアに反応してくれる安心感と意のままに操れる歓びがある。しかし、そのインフォメーションは過敏ではないため、長距離運転していても快適だった。一体感あるスポーティなハンドリングと乗り心地のよさを両立させているのは、“ホイールもサスペンションの一部”と捉え、適度にしならせ、タイヤの性能を使い切るという独自の設計思想のおかげなのだろう。
  サイズもインセットも同一、重量もほとんど同じながら、剛性バランスの最適化でそれらの効果が体感できる点は、実走テストを繰り返してヴェゼル専用に開発された「MS-050」ならではといった印象だ。
純正アクセサリーならではのマッチングでもっと走りたくなる
  装着されたもうひとつの純正アクセサリー「テールゲートスポイラー」は、ModuloならびにModulo Xの開発コンセプトである「実効空力」に基づくもの。全体的なシルエットはベース車両のルーフラインを延長したような自然な形状となっているが、ボディサイドの整流効果を狙った造形となっている。さらにスポイラー上面の左右に凸状の高さ6〜7mmの突起が設けられており、このふたつの突起は乱流を遠くに飛ばす空力効果を狙って造形されたもの。これらは風洞実験のみならず、徹底した実走によって作り上げた造形だという。
  今回の比較試乗区間の多くを占めたのは高速道路だったため、この「テールゲートスポイラー」の効果は主に高速巡航時に体感することができた。
  走行時の車両安定性、ステアリングを向けている方向への直進性が高い。ほぼ直線というような場面で時速100kmで走行していると、ステアリングをもつ両手は添えているだけでいいし、左右のカーブが続く場面では、外側の手を軽く押し上げるだけで、曲がりたい方向に曲がりたいだけクルマのノーズを向けることができる。これは車両をふらつかせる原因である、乱流を遠ざける効果を狙った、実効空力性能を追求した造形による恩恵だろう。高速走行中でもビシっとした直進安定性と素直な操舵感を確認できた。
  その後も再びベース車両と乗り比べながら、あっという間に目的地に到着。MS-050とテールゲートスポイラー装着車の試乗区間はおよそ200km弱であったが、驚くほど楽しく走りそして、楽に走りきることができた。
  ホイールとエアロパーツが協調してヴェゼルの走りを際立たせるという事実は、やはり純正メーカーならではのマッチングの良さであり、ホンダアクセスがModuloとModulo Xの開発で培ってきた“実効空力”や“剛性バランス最適化”といった独自の開発コンセプトがあってのこと。そして長距離運転にもかかわらず、ほとんど疲れを感じることがなかったことも印象的。
  むしろもっともっとヴェゼルで遠くまで走りたい! と思えるのが、MS-050とテールゲートスポイラーのなによりの魅力かもしれない。これらのアイテムは4月に発売した新型ヴェゼルだけではなく、マイナーモデルチェンジ前のモデルにも装着できるので、すでにヴェゼルに乗っている人や中古で購入を検討している人もぜひチェックしてみてほしい。

あわせて読みたい

【サマータイヤ バイヤーズガイド 2024】意のままのハンドリングを実現するミシュランの最新スポーツタイヤ「ミシュラン・パイロット スポーツ5」
CARSMEET WEB
飛行機に! ボブスレーに! シューズに! クルマと「他スポーツ」の切っても切れない関係
WEB CARTOP
円空仏のお姿をプリントした「円空仏が立ち上がる ペットボトルタオルハンカチ」販売
PR TIMES Topics
目標の4倍以上も!? マジで爆売れ中の[WR-V]!! 1カ月に1.3万台以上も! 主役Zグレードはオプション要らずの凄いヤツ!!
ベストカーWeb
【雪上試乗】北欧ブランドならではの卓越した氷上&雪上の走行性能を披露!「ボルボEX30ツインモーター」
CARSMEET WEB
期間限定キャンペーン! カンデオホテルズが誇る「スカイスパ」をお得に楽しもう
antenna
わずかなエアロの違いでこんなに変わる? しなるホイールで走りがここまで違う!? 「Modulo30周年」試乗会で感じたホンダアクセスの衝撃の実力!!
WEB CARTOP
ハイブリッドシステムまで進化したぞっ! ホンダ・ヴェゼルのマイチェンを詳細リポート
WEB CARTOP
ゆったり時間に、日頃の頑張りに、大切なあの方に、ご褒美をプラスする「ご褒美Baum⁺」
PR TIMES Topics
Hondaキャンプ「アウトドアデイジャパン名古屋 2024」出展概要
PR TIMES
シビック乗り「マストバイ」アイテムが発表! 「マジで走りが変わる」ホンダアクセスの十八番「実効空力」採用のリヤスポイラーの詳細
WEB CARTOP
藤井聡太が5度目の防衛に挑む「王位戦」を間近で楽しむツアー開催!
antenna
もうS2000のようなクルマは作れない…ホンダが時折見せる「やりすぎ」を褒める
ベストカーWeb
ピレリが、ポルシェ・タイカン用の2つの新しいP ZEROタイヤでELECTのレンジを拡大
octane.jp
美と気品をテーマにしたドライケーキ専門ブランド「女王製菓」を発表
PR TIMES Topics
【国内試乗】新世代ホットハッチのドライビングファン「ヒョンデ・アイオニック5 N」
CARSMEET WEB
【BMW CUSTOM FRONT-LINE 2024】精緻なモノづくりを貫くジャパンメイドパフォーマンス「3DDesign(スリーディーデザイン)」
CARSMEET WEB
ピレリ、ポルシェ・タイカン用に2種の新しい承認タイヤを開発! P ZERO タイヤでEVの特性に適したELECTのレンジを拡大!
CARSMEET WEB
アウトドアテイスト満点な新設[HuNT]がイカす!!! ホンダの中核コンパクトSUV[ヴェゼル]が満を持してマイチェン!
ベストカーWeb