久々に中国名物「パクリカー」が登場! タイでお目見えした「ORA 07」は堂々ポルシェブースの隣だった

2024.01.09 06:20
この記事をまとめると
■かつての中国メーカーは他社人気モデルのデザインを真似た「コピー車」を生産していた
■「タイ国際オートエキスポ」にGMW社が出展した「ORA 07」は中国メーカー久々のコピー車だった
■元ネタのポルシェは廉価仕様でも300万バーツである一方、ORA 07は半額以下の129万9000バーツだった
ポルシェのコピー車は「タイ国際オートエキスポ」でも大人気!?
  日本でも中国メーカーであるBYD(比亜迪汽車)のBEV(バッテリー電気自動車)が注目されているが、かつての中国車といえば「コピー車」が名物であった。ベース車をコラージュとか、モチーフといったレベルではなく、なんらかのルートで入手したCAD(コンピューター支援設計)データなどをもとに、そのままコピー車を生産してしまうという「荒技」を得意としていた。
  なぜ中国車ではコピー車が当たり前だったかというと、たとえばある自動車メーカーで新型車を出すための役員決裁をもらうときに、コピー車だと即決されることが多かったとも聞いたことがある。
  当時の自動車メーカーの役員といえば、バリバリの共産党時代で育ち、そして自動車関連業務で過ごしており、世界のトレンドなどに疎く、創造性を育むともいったような教育環境にも乏しいなかで育ってきたので、若手社員がコンセプトなどをプレゼンしても理解を示す幹部社員がいなかったようなのである。そして、そのような役員から、「ベンツみたいなクルマを作れ」などと暗に“コピー車でいいよ”的な指示が出ていたとも聞いたことがある。
  その後、中国メーカーでも世代交代が進み、幹部社員でもアメリカなど西側諸国への留学経験もあり、英語プラスアルファ程度に語学も堪能な人が増えてくると、一気に中国車のクオリティやオリジナル性が高まっていったのだが……。
  今回の「タイ国際オートエキスポ(バンコク・オート・エキスポ)」会場内のGWM(長城汽車)ブースへ行くと、久しぶりにやっちゃった的なモデルに出会うことができた。GWMではすでにタイでも「グッド・キャット」という、どこかで見たことのあるような、プレミアムコンパクトBEVがラインアップされているのだが、今回は「これは!」と思うほど、ベースモデルがよくわかる「ORA 07」というモデルが展示されていた。ちなみにGWMブースの隣はポルシェブースであった。
  ボディサイズは異なるものの、隣がポルシェブースということもあり、そのイメージがソックリなのは明らか。もちろんガチで競合するモデルでもなく、また「コピー車」といえるほど精巧にそっくりなわけではないが、誰もが「あのクルマに似ている」と言うはずだ。
  一般公開日に行くと案の定、一般来場者がORA 07に殺到していた。ちなみに廉価モデルの価格は129万9000バーツ(約530万円)。本物ともいえるポルシェ車のベース車は廉価仕様でも300万バーツ強(約1220万円超)なので、気分だけ味わいたいのならORA 07でもいいかもしれない。
  ちなみに中国国内ではVW(フォルクスワーゲン)のビートルにそっくりなBEV(本家は2ドアだけどこっちは4ドア)もラインアップされているので、こちらも近いうちにタイ市場でもお目見えするかもしれない。
「フルコピー」ではなく、「モチーフをいただく」程度に落ち着いたものの、まだまだ「ソックリ車」は中国メーカーのお家芸としてときおり見かけることができる。

あわせて読みたい

単に価格勝負で日本市場を狙っていない! BYDの侮れないブランド戦略とは
WEB CARTOP
これなら直線番長なだけのEVじゃない! 中華製ライトウエイトEVスポーツ「SC-01」とは【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
新TVCM「アニメとススメ!」篇放送開始
antenna
「エンジンを作り続けましょう!」モリゾウさんの真意は?? トヨタが全方位戦力を進めるワケにクルマ好き感涙ものだった
ベストカーWeb
中国車ってEV一辺倒じゃなかったの!? インドネシアでみた中国メーカー「エンジン車」の存在感
WEB CARTOP
【NEW ERA®✕ANEICA】コラボ第二弾!キャップとTシャツ発売開始
PR TIMES Topics
需要が大揺れ「タイの自動車市場」に異変あり
東洋経済オンライン
日本車王国のインドネシアにも忍び寄る中華BEVの影! 「インドネシア国際モーターショー2024」の主役は中国BYDだった
WEB CARTOP
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」が追い求める「人の可能性」
antenna*
三菱に新型ハイブリッドSUV登場!! バンコクショーでも中国メーカーの猛攻止まらず アジアの最新トレンドはいったいどうなる!?
ベストカーWeb
「アジアでBEV出遅れ」は好機になる? 日本車が再び選ばれるようになる理由
ITmedia ビジネスオンライン
グラノーラとテキスタイルフラワー「母の日ギフトセット」
PR TIMES Topics
日本車王国タイのモーターショー会場は中国ブランドが台頭! それでも「日本メーカーの優位」が揺るがないワケ
WEB CARTOP
中国EV2位「広汽アイオン」がタイ工場の建設開始
東洋経済オンライン
にんじん本来の味わいを詰め込んだ「カゴメにんじんジュース 高β―カロテン」のおいしさを体験!
antenna
中国製BEVの進出にEUが排除ともとれる動き! 日本メーカーの静観は賢い選択
WEB CARTOP
日本車の強みは「品質の高さ」からくる「落ちない再販価値」! インドネシアで感じた中韓メーカーにはそう簡単に崩されない盤石の信頼
WEB CARTOP
これがにんじんジュース? 驚きのカゴメ新商品を体験レポート
antenna
「カワイイ」で人気だったウーリン・エアEVのブームが終了!? インドネシアで見えたBYDの台頭
WEB CARTOP
EVに限ればモーターショーで勢いのあるBYDよりも韓国のヒョンデが圧倒的に多い! インドネシアの街中クルマウォッチング
WEB CARTOP
持ち運びに便利なハンドルタイプのモバイルバッテリー「700-BTL054シリーズ」発売
PR TIMES Topics