続々とアジア各国に進出する中国メーカー! 勢いはあるものの「焦り」のようなものが見え隠れする現状

2024.05.03 06:20
この記事をまとめると
■バンコクモーターショーには中国メーカーが数多く出展していた
■中国メーカーにとって東南アジアはアレルギーのない国として進出しやすい背景がある
■出展希望メーカーが多く、中国メーカーだけでモーターショーができそうなほど活気がある
中国メーカーのターゲットは東南アジアだった
  東南アジア地域における中国メーカーの積極進出がますます加速しているように見える。アメリカとはなにかと政治的に対立しているし、西ヨーロッパ諸国を中心としたEU(欧州連合)は、事実上中国系ブランドのBEV(バッテリー電気自動車)を対象とした規制を仕掛けてきており、思うように販売できない状況となっている。
  そのなかでの有望市場として、中国メーカーは東南アジアに目をつけて積極攻勢を仕掛けているものと筆者は見ている。東南アジアは中国と国境を接している国もあるほど地理的に近く、経済的な結びつきも強い。しかも西側先進国ほど中国アレルギーというものが少ないので攻勢が仕掛けやすいのである。
  第45回バンコクモーターショー(2024年3月下旬から4月上旬にかけて開催/以下バンコクショー)取材のため、タイの首都バンコク近郊を訪れたときに、同じくバンコクショー取材のために会場を訪れていた、ミャンマーのメディア関係者と話す機会があった。そのとき「ミャンマーで売れているBEVは?」と聞くと、「MG(上海汽車)が一番売れているね、その次はBYD(比亜迪汽車)になるよ」と答えてくれた。
  正直、失礼ながら「答えられるほど台数は売れていない」といった返答かなと思っていたので、ミャンマーにもきちんと中国メーカーが進出しているのだなと思い知らされてしまった。
  余談だがMG(つまり上海汽車)は中国系ブランドの先兵として市場開拓をしているように見える。2014年にいち早くタイに進出しており、インドネシアではMGと同じ上海汽車系のウーリン(上海通用五菱汽車)が、BEVだけではなくICE(内燃機関)車も従え市場進出している。
  上海汽車系ブランドがまず地ならしをしたあと、BYDなどがドッという勢いで相次ぎ進出しているように、筆者が見聞きした限りでは見えた。
さらに中国メーカーが増えることは確実!
  タイでも最初に市場進出したのはMGであった。それから10年、今回のバンコクショーではメインといえるだけでも8つの中国系ブランドがブースを構えており、メディアに限っていえば話題を独占していたように見えた。
  そんなこともあり、「これ以上は増えないだろうなぁ」と思っていたのだが、ある関係者から「すでに次回(2025年開催)について、さらに4つの中国系ブランドが出展の申し込みをしているようだ」との話を聞くこともできた。現状でもショー会場を見渡すと中国系の出展が多く、そしてかなりカオス的な雰囲気にもなっているだけに、意外過ぎる話だと感じた。
  市場占有率で圧倒的な実績を誇る日本メーカーとは異なり、実績的裏付けがないなか出展ブランドが増えているので、どこかカオスな雰囲気が漂っているのである。
  しかし、意外な話はこれだけではなかった、同じ関係者から、「このままいけば、中国系ブランドだけでタイにて【中国車モーターショー】を開催するかもしれない」と、冗談交じりながら、そんな話まで飛び出した。中国やベトナムで、国際的なモーターショー開催と同タイミングで、近い場所で独自にモーターショーのようなものを開催したブランドが過去にあったと聞いていただけに、冗談交じりとはいっても、けっして冗談として受け入れることはできなかった。
  次回に増えるとされる4ブランドとともに、タイでの中国系ブランドの動きは、スピード感だけでなく多様な動きをみせていきそうだが、その姿勢の裏には、いままでとは異なる焦りのようなものも強く感じる。

あわせて読みたい

魅力的な電動スポーツカーだ!!! 伝統の[MG]から復活への回答!! ゲームの世界から誕生した2シーターオープン[サイバースター]日本メディア初試乗!
ベストカーWeb
テスラだけじゃない…タイで「EVトラック競争」勃発!いすゞが打ち出す秘密兵器とは? - それって本当?クルマの「当たり前」
ダイヤモンド・オンライン
厄ばらいを願って始まったイベント「桜山風鈴まつり」を今年も開催!
PR TIMES Topics
インドネシアの百貨店や美容クリニックにて化粧品メーカーのコスメ販売を支援!BPOM申請から集客まで全て対応
PR TIMES
BYD ATTO 3(FWD)【試乗記】
webCG
フードロスを減らしジム通いのきっかけに!“新鮮野菜”もらえる女性専用ジム「やさしいジム」オープン
PR TIMES Topics
「なにがしたいのか意味不明」と辛辣な声! タイに進出したベトナムの新興自動車ブランド「ビンファスト」の戦略が謎すぎる
WEB CARTOP
いまタイで高級ミニバン戦争が激化! 鉄壁のアルファード&レクサスLMに挑む中国勢たち
WEB CARTOP
BEVバスは海外メーカー強し! バステクフォーラムで目立つ中・韓の最新車両
WEB CARTOP
タイのバンコクで中国製BEVタクシーが急増中……も乗り心地は従来の「カローラアルティス」に軍配!!
WEB CARTOP
ランチアにMGにオペルって昔は普通に日本でもメジャーだったけど……「ドコいった?」なブランドのいま
WEB CARTOP
タイにヒョンデが「N」で参戦! ただし「タイ人の好み」を把握している日本車の壁はそう簡単に崩せない
WEB CARTOP
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
WEB CARTOP
モーターショーがオワコン化していると嘆く欧米よ! 「ジャパンモビリティショー」か「アジアの自動車ショー」を見習うべし
WEB CARTOP
[マツダ6後継セダン]だけじゃない!! パクリカーの時代は終わり!! 中国車のクオリティが爆上がりでヤバいゾ日本!!
ベストカーWeb
もう完全に打倒サイバートラックじゃん!!  BYD初のピックアップ[新型シャーク]絶対カッコいいぞマジ!!  でも発表はお預けに【北京ショー】
ベストカーWeb