人気とタマ数のバランスでまさかのお得感! 100万円以下とかありえない「コスパ最強」の中古車をピックアップした

2024.06.18 11:40
この記事をまとめると
■中古車市場で各ジャンルの「コスパがいいモデル」をピックアップ
■モデル次第では現行モデルの初期型も狙うことができる
■ミニバンやSUVでも比較的年式の新しいモデルが射程圏内に収まるのが魅力だ
人気は置いておいてコスパは抜群!
  基本的に同じコンディションになる新車とは異なり、中古車は未使用車でもない限りは1台1台状態が異なるだけでなく、人気やタマ数などさまざまな要因によって価格には大きなバラツキが生じる。
  たとえ新車時の価格が近い車種で走行距離などの状態が近くても、車種によっては価格差が発生するのも日常茶飯事であるため、車種やメーカーにこだわりがなければ、思わぬ掘り出し物に巡り合える可能性もあるのだ。そこで今回はそんなコスパに優れる中古車をジャンル毎にピックアップしてみたい。
軽自動車
  クルマは必要だけれどもクルマに関わる費用を抑えたいという人には税金などの維持費を安くできる軽自動車がオススメ。しかし、N-BOXに代表されるスーパーハイト軽ワゴンは人気が高く高値安定となっている。
  そこで狙い目なのが、背の低い昔ながらのスタイルを持った「軽ワゴン」というジャンルのモデルだ。現在はアルトやミライース程度しかラインアップされていないが、前2席を中心に使うなら不満も出ないし、立体駐車場にも入れることができるのはメリットとなるだろう。
  なかでもミライースの2代目モデルは、現行モデルでありながら総額40万円以下でも狙うことができ、スマアシIIIを装着した個体も射程圏内になる。
コンパクト
  各メーカーがラインアップしているコンパクトカーも激戦区のモデルのひとつ。現行型でもトヨタ・ヤリス、日産ノート、ホンダ・フィット、マツダMAZDA2、スズキ・スイフトとさまざまな車種が存在している。そんなコンパクトカーのなかでコスパに優れた1台といえそうなのが、先代ノートのe-POWERモデルだ。
  エンジンで発電し、モーターで駆動するというシリーズハイブリッド方式を採用し、その電気自動車的な走り味で一躍人気車種となったノートe-POWERだが、先代モデルであれば総額60万円ほどから狙うことができる。
  高速道路をガンガン走るようなシチュエーションでは燃費が悪化しがちなシリーズハイブリッドだが、街乗りで使用するなら低燃費をキープできるし、衝突被害軽減ブレーキも備わるので安心感も高い。
人気カテゴリーにも掘り出し物多し!
ミニバン
  多人数乗車が可能なミニバンも人気ジャンルのひとつだが、もともとの車両価格が高めであるうえに人気ということで、中古車でもなかなか掘り出し物には巡り合えないイメージがある。そんなミニバンのなかで買い得感が高いのが、現行型オデッセイの前期モデルだ。
  現在は2023年12月に再販されたモデルが絶賛販売中の5代目オデッセイだが、2013年11月に登場した初期モデルのガソリン車であれば、衝突被害軽減ブレーキ付のアブソルートでも総額60万円前後から狙うことができる。
  さすがにHonda SENSINGにアップグレードされたモデルはこの価格では厳しいが、それでも総額100万円台前半から見つけることができるので、装備を考えればお買い得といえるだろう。
SUV
  現在、圧倒的な人気を誇るクロスオーバーSUVだけにこちらも高値安定のジャンルとなっているが、なかにはコストパフォーマンスに優れる中古車も存在している。そのなかのひとつが4代目のスバル・フォレスターだ。
  スバルが誇る水平対向エンジンとシンメトリカルAWDを全車に搭載するフォレスターは、高い走破性と快適性を併せ持つ使い勝手のよいサイズのクロスオーバーSUVとなっているが、4代目モデルから運転支援システムのアイサイトを搭載したこともトピックのひとつ。
  そんな4代目フォレスターは、中古車としては50万円台から見つけることができ、アイサイトがVer.2からVer.3へアップデートされたD型以降のモデルでも総額100万円以内から見つけることができるのだ。

あわせて読みたい

1/64スケールで蘇る、クロスオーバーの草分け!トミーテック、「初代フォレスター」をミニカー化【CARSMEETモデルカー倶楽部】
CARSMEET WEB
新型エルグランド大胆妄想!! アルファードに勝つために必要な性能と価格とは?
ベストカーWeb
【日本上陸】イギリス発 ダイカットマシン「Sizzix」。ハンドルを回すだけで、紙や布が思い通りの形に!
PR TIMES Topics
登場しては消滅……の連続! 走りはいいんだけどなぁ……な「低全高ミニバン」4台と今は見かけないワケ
WEB CARTOP
スズキソリオの「とりあえずこれ買っておけば間違いない」感じがすごい
ベストカーWeb
身嗜みをスマートに整えるビジネスツールブランド「PROUDMEN.」より新たな香り2種を数量限定発売
PR TIMES Topics
コミコミ100万円以下で買えるオススメ“基地ベースUカー”【MyCar秘密基地計画】
&GP
総額60万円以下でも探せばある! 走り好きの心を満たしてくれる安ウマ国産中古車5選
WEB CARTOP
ド派手カスタム車両多数!!! 専用パーツがマジでイイのよ! [ノートニスモ]を60万円で狙う
ベストカーWeb
たとえ不人気でもセダンとステーションワゴンには絶対的な価値がある! SUVやミニバンが「取って代われない」存在だった!!
WEB CARTOP
いくら魅力を語れど売れなくなるには理由がある! セダン&ワゴンが日本で衰退しているワケ
WEB CARTOP
ランクル250にも負けてない……2024年秋の日本導入が待ち遠しいスバル[新型フォレスター]! ワイルドな[ウィルダネス]もぜひ日本に導入して~!
ベストカーWeb
mini、カングー、ハスラーetc.「100万円で遊べる一台」を狙うならディーラー車5選
OCEANS
月販わずか130台ってアルヴェルの2%だぞ! このご時世にハイブリッドもなし! それでも日産エルグランドが新型を出さずに売り続けられるワケ
WEB CARTOP
誰もが知ってる「アイサイト」はほんの一角! SUBARUの安全追求への取り組みが圧巻の中身だった
WEB CARTOP
「ランクル250」超絶値上げと納期遅延の裏事情
東洋経済オンライン