トラスコ中山の物流拠点において、自律・遠隔操作ハイブリッド型ロボットによる物流自動化ソリューション「PROGRESS ONE(プログレスワン)」のピースピッキング作業自動化の実証実験を実施

2024.05.09 14:30
株式会社オカムラ
株式会社オカムラ(本社:神奈川県横浜市、代表取締役 社長執行役員:中村 雅行、以下オカムラ)は、トラスコ中山株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:中山 哲也、以下トラスコ中山)の協力のもと、自律・遠隔操作ハイブリッド型ロボットによる物流自動化ソリューション「PROGRESS ONE(プログレスワン)」の事業化に向けた取り組みの一環として、ピースピッキング作業の自動化を目的とした実証実験(以下本実験)を2024年4月から2025年3月の期間で行います。


本実験は、トラスコ中山の物流拠点であるプラネット埼玉(埼玉県幸手市)にて実施します。稼働しているロボットストレージシステム「AutoStore(オートストア)」の入出庫ワークステーション(専用ポート)に「PROGRESS ONE」のピッキングロボットを設置し、対象商品の事前登録が不要のAI(自動認識)を活用した自律ピッキングの検証を行います。2025年度のプラネット埼玉での自律ピッキング実運用・稼働を目指します。
今回の実証実験を通じて、「PROGRESS ONE」の事業化に向けた研究や開発を進めていきます。
「PROGRESS ONE」のピッキングロボットを設置した専用ポート
物流業界における自動化・省人化の需要は年々高まっており、ロボット技術への期待も大きくなっています。特に、数万以上の多品種で複雑な形状や材質の対象物を扱う物流庫内作業においては、省人化を図るロボットの活用が求められています。

本実験は、オカムラが開発中の「PROGRESS ONE」の実用性と効率性を実際の物流現場で検証し、事業化に向けた社会実装を進めることと、トラスコ中山が物流業務での課題である24時間稼働を見据えたピッキング・格納作業の自動化を推進するという両社の目的が合致することにより実現しました。

本実験では、プラネット埼玉で稼働しているロボットストレージシステム「AutoStore」の入出庫ワークステーション(専用ポート)に「PROGRESS ONE」のピッキングロボットを設置します。「AutoStore」に格納されている約1万SKU(商品の最小管理単位)の商品から対象商品をポートに呼び出し、ビンと呼ばれる専用コンテナからロボットが自動でピッキングを行います。対象商品の事前登録が不要なAI(自動認識)を活用した自律ピッキングの検証を行い、自律ピッキングできない場合は、ロボットシステムの操作画面上のタッチパネルを使用した手動操作により自律ピッキングの補助を行い、遠隔での操作性についても検証します。
自律ピッキングの様子
手動操作による補助
本実験は、物流自動化ソリューション「PROGRESS ONE」の事業化に向けた重要な一歩となります。オカムラは、今後も革新的なロボット技術の研究開発を進め、物流作業のさらなる自動化・省力化を推進し、生産性向上に貢献します。


―「PROGRESS ONE」について―
「PROGRESS ONE」は、オカムラが事業化を進めている、AIを搭載したロボットによる自律ピッキングとロボット単独では難しい作業を遠隔操作技術の活用により、人が倉庫から離れた場所でロボット操作を行い遠隔でピッキング作業を行うハイブリッド型の物流自動化ソリューションです。AIを活用したロボットの自律動作とオペレーターによる遠隔操作を使い分けるハイブリッド動作制御を実現し、従来の自律型ロボット単独では難しい作業や多種多様な商品への対応が可能です。AI搭載ロボットを操作するオペレーターは、倉庫から離れた都市部や住宅地などの利便性のよい場所に設けられたオペレーションセンターへ勤務し遠隔操作を行うことができ、物流現場での新しい働き方を実現します。これにより、従来の運用では時間や場所、身体などの制約によって物流現場で働くことが難しかった働き手へ雇用を創出します。
「PROGRESS ONE」という名称は、“Picking Robot of Grateful Engineering Smart System”の略称であると同時に、物流業界における働き方を前に進める一助となるとの意味を込めています。


参考
□ロボット×遠隔操作「PROGRESS ONE(プログレスワン)」動画(YouTube)
□オカムラ 2023年11月27日ニュースリリース
物流ピッキングロボット遠隔操作時の力覚フィードバック効果の調査研究を実施 ―物流自動化ソリューション「PROGRESS ONE(プログレスワン)」の事業化に向けた取り組み―
□オカムラ 2022年3月1日ニュースリリース
ハイブリッド型の物流自動化ソリューション「PROGRESS ONE(プログレスワン)」、 AI搭載の自律ピッキングロボットと遠隔操作システムのプロトタイプを公開
□オカムラ 2022年1月24日ニュースリリース
物流施設においてAI搭載ロボットと遠隔操作技術を組み合わせピッキング作業の自動化を実現する「PROGRESS ONE(プログレスワン)」の事業化に着手

あわせて読みたい

AI技術を活用した自動化ソリューション「舞作家 MYSACCA」と「aimaTV」を発表、β版リリース。
PR TIMES
MSI COMPUTEX 2024開幕!AI時代を加速させる最新PC製品とスマートシティを実現する最新AIoTソリューションを発表
PR TIMES
ハワイ・マウイ島生まれのヴィーガンアイスブランドより爽やかな味わいの「リリコイ」が期間限定発売
PR TIMES Topics
なぜ今、「予測AI」なのか?業務効率化をサポートする名古屋大学発ベンチャー・トライエッティングが目指す「明日」に迫る
PR TIMES STORY
倉庫業務改善の意思決定支援、サブスクで本日より提供開始
PR TIMES
スペシャルコラボレーション 「岡本屋× uka」で、健康と美容を
PR TIMES Topics
<ユニクロ、10兆円企業へ>柳井正「われわれは物流会社になる」発言の真意…ムダな商品を「つくらない・運ばない・売らない」
集英社オンライン
自動運転はクルマの世界だけじゃない! 建機や重機の世界でも進む無人化で災害救助がもっと早くなる!!
WEB CARTOP
ロボット開発の大手各社がAI対応自律マシンやロボットの研究開発にNVIDIAのIsaacロボティクス プラットフォームを採用
@DIME
株式会社YEデジタル、物流DXの加速を目指し、株式会社豊田自動織機と業務提携
PR TIMES
自律移動ロボット「カチャカ」の飲食店向けパッケージおよび配膳・下膳専用棚を発売
PR TIMES
新ソリューション「t-Sort MAS」をローンチ
PR TIMES
ユニクロも導入する「倉庫自動化ロボ」の仏ユニコーン・EXOTEC日本トップに聞く…システム販売が世界10億ドル超
Business Insider Japan
ワールドグループのファッション・コ・ラボが店舗・EC DXPO 東京'24【夏】のEC 販促・開業支援展に出展
PR TIMES
小型床洗浄ロボットHAPiiBOTにリチウムイオンバッテリーを新採用
PR TIMES
【新サービス】化粧品・医薬部外品の輸出入をサポート。 NQCがワンストップ物流サービスを月 5,000円から提供開始!
PR TIMES