「なにがしたいのか意味不明」と辛辣な声! タイに進出したベトナムの新興自動車ブランド「ビンファスト」の戦略が謎すぎる

2024.05.01 06:20
この記事をまとめると
■第45回バンコクモーターショーにベトナムのBEVブランド「ビンファスト」が出展
■方向性やラインアップ、出展体系からは何がしたいのかを判断できない
■新興ブランドかつベトナム製ということから人気ブランドまでの道のりは遠いと見られる
ベトナムの新興自動車メーカー「ビンファスト」がバンコクへ
  3月下旬から4月上旬にタイの首都バンコクで開催された、「第45回バンコクモーターショー」の会場を訪れた多くの人が感じたのが、中国系ブランドブースの多さであった。2014年にICE(内燃機関)車ながら、MG(上海汽車)が中国系ブランドとして初進出してから10年。今回のバンコクショーでは主要ブランドだけで8つもの中国系ブランドがブースを構えるようになった。
  その一方で、もうひとつ注目を浴びていたのが、ベトナムのBEVブランドとなる「ビンファスト」ブースがあったことである。ビンファストについては、2024年2月に訪れたインドネシアの首都ジャカルタで開催された「インドネシア国際モーターショー」においてもブースを構えていて驚いた。
  タイでは今回、正式進出を発表。報道ではすでに現地企業とディーラー契約を交わしているとのことである。インドネシアでもすでに2車種の販売を行っているが、両国では販売だけではなく現地生産も検討しているとのこと。
  これだけ聞けば、「なんか勢いがあるね」ぐらいに思えるのだが、実際に会場に集まった業界関係者のなかからは、「何がしたいのかよくわからない」という声のほうが大きかった。2018年ベトナム初の自動車ブランドとしてビンファストが発表されたのは、本国ベトナムではなくフランスの首都パリで開催された「モンデゥアル・ド・ロトモビル(通称パリサロン/モーターショー)」の会場内であった。
  筆者はパリサロン開催直後にベトナムのホーチミン市で開催された、「ホーチミン・モーターショー」を訪れたのだが、当然あるべきと思っていたビンファストのブースはなかった。
ベトナムブランドのクルマを買う意味が見つけられない
  フランスは、過去にベトナムを植民地支配していたので関係がないとはいえないが、なぜフランスのモーターショーに出展し、自国ショーに出展しなかったのか? まずこれがビンファストに対して初めて抱いた「?」であった。その後、アメリカのオートショーなど、先進国開催のオートショーへ積極的に出展している。これが第二の「?」であった。そして今回のインドネシアやタイでの動きに対して抱いたのが第三の「?」である。筆者の頭のなかでは「?」ばかりのブランドなのである。
  しかも、インドネシアモーターショーでも「展示台数(車種)が多いなぁ」と感じていた。それでも、クロスオーバーSUVスタイルでサイズが違うぐらいだったので気になる程度であったが、今回のバンコクモーターショーでは、ピックアップトラックやスズキ・ジムニーのようなものがあったりと、ますます多様化していた。本国ではワイドバリエーションをもつ中国系ブランドでさえ、モデルを絞って海外進出しているのに、この点でもビンファストは何をしたいのかがよくわからないのである。
  このあたりを事情通に聞くと、「ビンファストはベトナム最大の財閥とされるビングループの自動車部門のような存在になります。『ちょっとやそっとのことでは揺るぐことはない』という巨大グループらしい考え方もあるようですが、そのあたりも手広くやっているように見えてしまうのでしょう」と語ってくれた。
  タクシー向け車両を開発するだけではなく、タクシー会社まで作り、パッケージとして海外展開するといったこともしており、まさにスケールが大きいことは間違いない。
  また、当初は高級車ブランドを目指しているように見えたのだが、前述したタクシーの話や、現状では普及価格帯クラス(それでもBEVだから高い)のモデルを市販車としてラインアップしている。つまり、地域なども含めてターゲットを絞り込めておらず、風呂敷だけ広げているように見えるのである。
  また、インドネシアやタイで聞かれた話のなかには、「インドネシアやタイで売れると思っているのか」というものもあった。インドネシアとタイは、自国量販ブランドは持たないものの、世界有数の自動車メーカーの生産拠点を数多くもち、東南アジア屈指の自動車生産拠点となっている。一方のベトナムは、経済成長のスタートポイントがタイ、そしてインドネシアより遅かったこともあるのだが、完成車ではなく自動車部品の製造拠点として栄えた背景があり、タイやインドネシアではベトナムを、「下請け企業」的視線で見る人も少なくないというのである。
  そして、そのようなことから「ベトナム車をあえて買う理由が見つからないのではないか」と語る事情通もいた。タイやインドネシアでは、インド系ブランド以外の日本や欧州ブランドのインド製モデルも販売されているが、それですら抵抗を示す人がいるとのこと。インドも世界的に見れば自動車生産拠点としては有名だが、インドよりも「これから」となるベトナム製で、しかもベトナムブランドの場合はモデルだけではなく仕向け地も絞り、慎重にターゲットカスタマーを探っていくのが海外進出の常道となっているともいえよう。しかし、いまのビンファストは「ワールドワイドでしかもワイドバリエーションで一気に進出する」というようにも見える。
  今年も開催されるとの情報もある「ジャパン・モビリティショー」にビンファストがブースを構えたら、その「ワイド戦略」の真実味はより高まっていくかもしれない。

あわせて読みたい

インドネシアが「中国EVメーカー」積極誘致の背景
東洋経済オンライン
ランチアにMGにオペルって昔は普通に日本でもメジャーだったけど……「ドコいった?」なブランドのいま
WEB CARTOP
厄ばらいを願って始まったイベント「桜山風鈴まつり」を今年も開催!
PR TIMES Topics
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
WEB CARTOP
続々とアジア各国に進出する中国メーカー! 勢いはあるものの「焦り」のようなものが見え隠れする現状
WEB CARTOP
​今までにない新感覚!外はカリっ中はふんわり「donut pancake」誕生
PR TIMES Topics
モーターショーがオワコン化していると嘆く欧米よ! 「ジャパンモビリティショー」か「アジアの自動車ショー」を見習うべし
WEB CARTOP
BEV化が急速に進むタイに押し寄せる中国メーカー! 普及にブレーキがかかりそうな要素も見え隠れする危うい戦略
WEB CARTOP
いまタイで高級ミニバン戦争が激化! 鉄壁のアルファード&レクサスLMに挑む中国勢たち
WEB CARTOP
BEVが急速に普及したタイで成長鈍化の予想! それでも中国メーカーが押し寄せるのは日本進出への布石か
WEB CARTOP
この時代にまだ「パクリカー」を堂々展示……ってある意味スゴイ! バンコクのモーターショーで見つけたもはや笑えるクルマたち
WEB CARTOP
「日本車王国」崩壊のタイで中国EVが急拡大!「急速充電可で230万円」激安モデルに「超高性能」スポーツカーも - それって本当?クルマの「当たり前」
ダイヤモンド・オンライン
テスラだけじゃない…タイで「EVトラック競争」勃発!いすゞが打ち出す秘密兵器とは? - それって本当?クルマの「当たり前」
ダイヤモンド・オンライン
タイのバンコクで中国製BEVタクシーが急増中……も乗り心地は従来の「カローラアルティス」に軍配!!
WEB CARTOP
BEVバスは海外メーカー強し! バステクフォーラムで目立つ中・韓の最新車両
WEB CARTOP
タイのクルマ好き女子に「かわいい」ブーム到来で「キューブ」に「ムーヴキャンバス」が人気だった
WEB CARTOP