きき酒日本一としての挑戦!酒蔵最大の危機が造り上げた「坑道熟成高精白原酒」

2024.05.22 22:33
【ネクストゴール1000万円挑戦中!】創業から152年。私たちは老朽化が激しい設備の修繕を繰り返しながら酒造りをしている秋田県鹿角市最後の酒蔵です。
天然の低温貯蔵庫と言える史跡”尾去沢鉱山”の坑道内で造り上げた環境にやさしい熟成原酒をお飲みいただき、酒造り継続にどうか皆様を力をお貸しください。自己紹介
はじめまして、本プロジェクトオーナーの工藤功一です。私は酒蔵の仕事に就く前、日本酒好きが高じて第35回全国きき酒選手権できき酒日本一になりました。全国きき酒選手権とは、各県予選を突破した代表者などが、日本酒に関する筆記試験と、7種類の日本酒について味や香りを確かめながら判別する“きき酒”を実施し、きき酒日本一を競う大会です。日本一になった事がきっかけで大好きな日本酒をこの手で造りたいと思うようになり、縁あって150年以上続く千歳盛酒造で酒造りに携わっております。
「千歳盛酒造」の創業は1872年(明治5年)、市内に5軒あった造り酒屋も今は1軒だけになりました。自然環境を活かし老朽化した建物や設備の修繕を繰り返しながら現在わずか7人の蔵人で、ほとんど手作業で古き良き酒を造り続けています。私が魅力を感じてその一員となった理由の1つでもあります。変わらぬ製法で、酒造りに適した極寒の環境と原料を活かし、これまで”全国新酒鑑評会金賞”をはじめとする国内外の品評会で数々の賞をいただけるお酒を造り出してきております。海外での最高位受賞がきっかけで大変なことに・・・
2019年にSAKE-China 大吟醸部門プラチナ賞の受賞をきっかけに大量の製造依頼をいただきました。ところが、その後世界中に慢延したコロナの影響でほとんどキャンセルとなってしまいました。
”このお酒どうする?”
 全員で懸命に議論して出した結果が、本プロジェクトのリターンとしてお勧めする「坑道熟成高精白原酒」です。
先代の頃より地元の象徴でもある尾去沢鉱山跡地の坑道へ大吟醸酒を少量貯蔵しておりました。坑道の年間を通じて13℃という環境では熟成が安定して進み質の高い熟成酒に仕上がり、知る人ぞ知る究極の地酒「大吟醸・地底の神秘」の銘柄で好評を頂いております。2024年2月に「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2024 プレミアム熟成酒部門金賞」を受賞しました。キャンセルとなったお酒はその原酒でもあります。そこで、尾去沢鉱山跡地を管理されている株式会社ゴールデン佐渡様にご尽力いただき、別途貯蔵スペースを設け、原酒の一部を熟成することにしました。熟成から3年、クラウドファンディングの理由
熟成がほどよく進み、そろそろ皆様にお飲み頂きたい時期になりました。さらに時間が経過したお酒も楽しみです。ただ、大きな課題が残ったままなのです。大量の製造依頼に合わせ、相当数のお米を仕入れておりますが、お酒が未だ現金化されていないため経営的に大変厳しい局面にございます。予算不足のためこのお酒の存在をお知らせするためのマーケティングコストはもとより、老朽化した建物や機材の修繕費等の捻出も苦しく、蔵の存続にも関わる状況になっています。そこで当プロジェクトを立ち上げました。このクラウドファンディングを通じて、坑道熟成という新たな可能性を持つお酒を知っていただきつつ、老朽化した酒蔵を支えて頂きたく、皆様にお願い申し上げます。皆さんは日本酒の長期熟成をご存じでしょうか?
日本酒といえば最近では新酒や搾りたて等のフレッシュ感のイメージが強いと思いますが熟成した日本酒の歴史は古く、室町時代や江戸時代でも数年寝かせた日本酒が珍重されていたようです。熟成酒は粘膜刺激性が弱く体内での分解も早いため悪酔いしないお酒とも言われております。専門的な話として大吟醸のような高い精米歩合のお酒は、リンゴ酸やコハク酸が減少し、リンゴ酸モノエチルとコハク酸モノエチルが増加することで日本酒の酸味の尖った部分が消えてスッキリとした口当たりに変化し、味わいがまろやかになります。これが大吟醸酒が高品質熟成酒になる所以です。
魅力的な熟成酒ですが、常温では作ることが難しくかといって冷蔵庫では熟成が進むのに非常に時間がかかります。その点、坑道内では常に13℃という天然の低温貯蔵庫とも言える環境が安定して熟成が進み質の高いお酒を生み出すのです。年月を重ねなければ得られない味、そして重ねれば重ねるほど価値が高まる酒を皆様と共に味わいたい。タイムカプセルを開けるように、大切な思い出を肴にこのお酒を大切な方と酌み交わして欲しいと願っております。
先日きき酒をしてみました。
■山田錦を使用した40%精白の大吟醸原酒。甘さ、香り、うま味のバランスが良く角の取れた丸みのある日本酒に変化しております。
■千歳盛らしい味わいでありつつ、尾去沢の坑道、鹿角の地でしかできない熟成酒になっていると確信。
■時間が醸す日本酒は更なる味の変化、想像を超える熟成酒になることが期待できます。
このお酒は温度により味わいに変化があります。冷たい状態でのシャープな味、温度が上がるにつれより甘さが感じられます。熟成酒は味の変化を感じやすい日本酒です。自分の好きな味わいの温度、酒器による香り味わいも違いを発見するのも熟成酒の楽しみ方の魅力です。日本酒ですが和食に限らず、チーズ、スパイスを使った料理、風味の強い料理など熟成酒はいろいろなジャンルの料理、味わいを受け止められる日本酒です。プレゼント、特別な日のご褒美日本酒にも最適だと思います。
【貯蔵場所までは台車で手作業で運んでます】
「Sphalerite(スファレライト)」
この長期坑道熟成原酒を「Sphalerite(スファレライト)」と名付けることにしました。尾去沢鉱山は金や銅の他に「スファレライト(べっ甲亜鉛)」の産地でもありました。スファレライトはダイヤモンドと肩を並べると言われるくらい輝きがあり世界のコレクターに人気がある鉱物で、石言葉は「調和」「安定」「屈強」「幻惑」です。また諸説ありますがスファレライトはカリスマ性を高め、運気を強める石と言われているパワーストーンです。
坑道という恵まれた環境で長期熟成され年月を重ねることで味わいを高めます。その姿を『スファレライト」の名に重ね、さらに高みへ!と想いを馳せています。是非とも多くの皆様に熟成による変化を楽しんで頂き、時とともに味わいが変化していく日本酒の神秘性を知っていただきたいと思っております。
■大吟醸長期坑道熟成酒 Sphalerite(スファレライト)
アルコール度 17%
精米歩合 40%
日本酒度 -0.6
酸度 1.4
容量 720ml
そして是非!この鹿角の地で実際に熟成されている様子を見にきてください。
それでは最後に当蔵と鹿角についてお話しをさせていただきます。

伝統、確かな技術を受け継いで
酒造りを続ける秋田県鹿角にある"最後の酒蔵"
千歳盛酒造は秋田県の北部の鹿角市にある小さな酒蔵です。鹿の角と書いて「かづの」と読みます。秋田県鹿角市は秋田県最北部にあり、青森県・岩手県・秋田県三県の県境に位置します。最近の話題では鹿角市大湯地域にある「縄文遺跡大湯環状列石」が令和3年7月27日、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。
年間の寒暖差が大きく、冬は深い雪に覆われます。厳しい自然の中で熊と対峙していたマタギの携行食から作られた「きりたんぽ」の発祥の地でもあります。冬の積雪や寒さは大変厳しいですが、毎年8月19日、20日には日本三大囃子の一つ「花輪ばやし」(ユネスコ無形文化遺産)が執り行われます。本漆と金粉で彩られた絢爛豪華な10台の山車が夏の夜を彩ります。この祭りが終わると一気に秋の気配が強まり、いよいよ千歳盛の酒造りが始まります。
環境に優しく自然を活かした低温貯蔵庫
1300年以上の歴史を持つ尾去沢鉱山
ところで、私たちの蔵のある鹿角市は1300年以上の歴史をもつ尾去沢鉱山と共に発展をしてきました。産金は東大寺の大仏や、中尊寺で用いられたとも言われており、掘削距離は800kmと日本最大級です。708年(奈良時代)に鉱山発見、1695年(元禄8年)には銅鉱が発見され、その後日本の主力銅山の一つとなりました。
全盛期には4500人の坑夫で賑った尾去沢鉱山ですが、1966年(昭和44年)銅鉱石の枯渇から精錬中止となり、1978年(昭和53年)には閉山となってしまいました。
閉山以降は鉱山の歴史を体験できるテーマパークとなっています。観光客はじめ社会見学の学生で賑わい、1.7kmの坑道を歩くことが可能です。入口から15分程度進むと、文政9年(1826年)に山神宮と刻まれた石碑が建てられた神社があります。その山神宮に見守られるように貯蔵場所があり、私たち千歳盛の銘酒が熟成されています。
リターンについて
※おひとり様何口でもご注文可能です。
◾5,000円(税込) 数量:200
・Sphalerite熟成3年 1本(お渡し2024年6月より)
・当蔵にてお渡しいたします。
◾7,000円(税込・送料込) 数量:200
・Sphalerite熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
◾飲み比べセット 10,000円(税込・送料込)数量:200
・Sphalerite 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・地底の神秘 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・千歳盛名入りお猪口 1個
◾熟成チャレンジセット 30,000円(税込・送料込)数量:100
・Sphalerite 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成4年 1本(お渡し2025年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成5年 1本(お渡し2026年6月より順次発送)
・千歳盛名入りお猪口 2個
◾きき酒セミナーセット 30,000円(税込・送料込)数量:100
・Sphalerite 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・地底の神秘 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・千歳盛名入りお猪口 2個(お渡し2024年6月より順次発送)
・千歳盛酒蔵と尾去沢鉱山をご案内
・きき酒日本一の工藤が利き酒ノウハウを伝授する試飲セミナーご招待
◾飲み比べ熟成チャレンジセット 33,000円(税込・送料込)数量:100
・Sphalerite 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成4年 1本(お渡し2025年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成5年 1本(お渡し2026年6月より順次発送)
・地底の神秘 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・千歳盛名入りお猪口 2個
◾酒蔵見学+試飲セット 50,000円(税込・送料込・尾去沢鉱山入場料込)数量:30
・Sphalerite 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成4年 1本(お渡し2025年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成5年 1本(お渡し2026年6月より順次発送)
・地底の神秘 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・千歳盛名入りお猪口 2個
・千歳盛酒蔵と尾去沢鉱山をご案内
・千歳盛のお酒を酒蔵で各種試飲
◾酒造り体験+蔵人飲み会セット 80,000円(税込・送料込・尾去沢鉱山入場料込・会食費込)数量:30
・Sphalerite 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成4年 1本(お渡し2025年6月より順次発送)
・Sphalerite 熟成5年 1本(お渡し2026年6月より順次発送)
・地底の神秘 熟成3年 1本(お渡し2024年6月より順次発送)
・千歳盛名入りお猪口 2個
・千歳盛酒蔵と尾去沢鉱山をご案内
・酒造り体験(1日〜5日)
・利き酒日本一の工藤と日本酒談義しながらの会食へご招待(1名)
・2013BY超熟成御神酒を試飲(先着)
・2009BY超熟成御神酒を試飲(先着)
・1998BY超熟成御神酒を試飲(先着)
【酒造り体験について】
※酒造り時期(12月~3月)に合わせて酒造りの工程に関わっていただきます。
※積雪の際は、雪かき等の雪国体験も出来ます。
※来訪時はメール又は電話にてご予約の上、お越しください。
※交通費、宿泊費は自己負担となりますのでご了承ください。
※必要に応じて交通ルートや宿泊施設の候補はご案内させていただきます。
【超熟成御神酒とは】
尾去沢鉱山の神社に奉納されていた千歳盛酒造の清酒です。
※坑道内は年間を通して13度に保たれており、温度の変化や直射日光が大敵である日本酒を貯蔵するにはとても適した環境ですが、湿度が高いため瓶での貯蔵しかできません。そのため貯蔵時は一升瓶毎になりますが、お渡しする際は四合瓶(720ml)に詰め替えてのお渡しとなります。
<募集方式について>
本プロジェクトはAll-in方式で実施します。目標金額に満たない場合も、計画を実行し、リターンをお届けします。

資金の使い道
・創業から150年。老朽化する建物や設備の修繕及び増強費
・最後の酒蔵を後世に繋ぐための次世代蔵人の採用・育成・人件費

そして、このプロジェクトが生み出す長期熟成大吟醸原酒「Sphalerite(スファレライト)」が、皆様の幸福、そして千歳盛酒造が支えられてきた鹿角の地への恩返しになることを願っております。


酒類販売管理者標識
1.販売場の名称及び所在地:千歳盛酒造株式会社 鹿角市花輪字中花輪29
2.酒類販売管理者の氏名:黒沢 渉
3.酒類販売管理研修受講年月日:令和6年3月26日
4.次回研修の受講期限:令和9年3月25日
5.研修実施団体名:鹿角小売酒販組合

あわせて読みたい

2万4800円の工場見学!? “常陸野ネストビール”の木内酒造がビール・ウイスキー・日本酒全部載せのバスツアーで提供する贅沢体験の数々
GetNavi web
オリジナルブレンド古酒や長期熟成古酒6銘柄 世界最大規模の酒類コンペティション『IWC 2024』にて入賞
PR TIMES
モンブランをイメージした「モンブラン ソフトクリーム」登場
PR TIMES Topics
はじまりの学校から、杉の香りに気持ちがおどる「おでかけ樽酒」が販売開始!
PR TIMES
挑戦し続ける蔵、西酒造。これまでのシリーズ全て完売の『別誂仕込』ブランドから待望の新商品『No.002 NEW POT SINGLE GRAIN』の予約販売を開始!
PR TIMES
日本の匠の技や美を日常使いの品に取り入れた新ブランド「TENAS」誕生
PR TIMES Topics
熟成酒とは?長期熟成で生まれる深い味わいの楽しみ方
KUBOTAYA
【新潟県長岡市】朝日酒造が、酒蔵伝統行事に触れる特別なイベント「貯蔵原酒100本のきき酒会」を開催
STRAIGHT PRESS
プラントベースミート”NIKUVEGE”×お野菜カフェ”Mr.FARMER”コラボメニュー
PR TIMES Topics
初夏の風物詩 酒蔵の「本格梅酒の仕込み」開始
PR TIMES
大好評につき第2弾!水揚げ量日本一の港町・釧路の地酒「福司」が、海底熟成酒「海燈 KAI-TEI」となって今年も数量限定販売。
PR TIMES
長期熟成古酒『古昔の美酒』 世界100か国にて販売 越境ECサイト「47 storey」にて4月19日より取扱い開始
PR TIMES
長期熟成古酒 『古昔の美酒』 香港の高級スーパー「city’super」にて 6月1日販売開始
PR TIMES
暑い季節の日本酒はこれ!「生貯蔵」×「原酒」のフレッシュな日本酒を堪能する
PR TIMES
大宮・浦和のおすすめ居酒屋6選。日本酒沼に手招きする、名店から新鋭まで
さんたつ by 散歩の達人
一ノ蔵×浦霞 昨年に続きコラボ始動! 限定酒「うららとくらら」中身酒検討会開催
PR TIMES
協力醸造の日本酒も出荷 被災から約4か月。歩みを続ける能登の老舗酒蔵〈松波酒造〉
コロカル by マガジンハウス