ガワはミラージュ中身はランエボ! WRXのMTをぶち込んだBRZ! 魔改造マシンがうようよする全日本ダートラのDクラスがヤバイ

2024.04.10 17:30
この記事をまとめると
■全日本ダートトライアル選手権のDクラスは改造範囲に制限がなくモンスターマシンが参戦している
■全日本ダートトライアル選手権で活躍する3台のモンスターマシンを紹介
■モンスターマシンをドライブする3人のドライバーにその印象を聞いた
改造範囲無制限クラスがある全日本ダートトライアル選手権
  未舗装のスピード競技であるダートトライアルの国内最高峰シリーズ、全日本ダートトライアル選手権が3月23〜24日、京都コスモスパークを舞台に開幕。雨/ウエットコンディションのなか、各クラスで激しいタイム争いが展開されていたのだが、そのなかでもっとも注目を集めていたのが、やはり最高峰のDクラスだといえるだろう。
  Dクラスの対象モデルは改造範囲が無制限で、エンジンの排気量アップはもちろんのこと、他車種のパワーユニットの移植、冷却ユニットの後方マウント、足まわりの構造変更もOK。最低重量も設定されていないことから、材質置換による軽量化も可能である。
  そのため、Dクラスには1分の1ラジコンカーのようなマシンが続々と登場。最大出力は500馬力以上、最低重量が1100kg前後……といったマシンも少なくない。WRCに参戦するRally1車両の最大出力はハイブリッドブーストを含めて500馬力、最低重量は1260kgといわれているだけに、まさにD車両はWRCのワークスマシンに匹敵するスペックで、未舗装のショートコースでは最強のマシンといえるだろう。
  当然、ドライバーにも緻密なコントロール技術が求められることから、全日本ダートトライアル選手権のDクラスでは鎌田卓麻選手、田口勝彦選手、炭山裕矢選手など、国内外のラリーで活躍してきたドライバーが活躍。事実、2024年の開幕戦・京都でも田口選手が優勝、炭山選手が2位、鎌田選手が3位と彼らラリー出身ドライバーが表彰台を独占したが、彼らの主力モデルはどのようなマシンなのか?
  というわけで、ここではダート界のモンスターマシンに注目したい。
  まず、同大会を制した田口選手のマシンはダートラシーンの定番モデル、三菱ランサーエボリューションだが、こちらはチューニングの名門、HKSが2023年に開発したワークスモデル。
  近年のD車両は重量バランスを考慮してラジエータをリヤに搭載するマシンが主流だが、同モデルは慣性マスの集中化を図るべく、助手席にラジエータを搭載したほか、空力性能を追求すべく、アンダーガードのフラットボトム化を実施するなど、独自のアイディアが注ぎ込まれたマシンだ。
  エンジン排気量は2200cc、最大出力は450馬力オーバーで、車両重量は1250kgとD車両としては平均的なスペックだが、HKSの篠宮和也氏は、「パッケージとしてはまとまっていると思います。大幅なアップデートは行なっていませんが、確実に走り切れるように細部を仕上げました」と語る。
  ステアリングを握る田口選手も「D車両がいままで乗ってきた競技車両のなかでもっともパワーがありますね。重量配分も特殊で、ランサーなんだけどランサーじゃないようなフィーリング。ハンドリングがいいのでコントロールしやすいし、トラクションをかけたほうが安定するので面白いです。ラジアルタイヤを装着して、ショックを煮詰めれば舗装を走っても速いと思いますよ」とのこと。
  やはり、ダートラの定番モデルとはいえ、特殊なマシンに仕上がっているようだ。
500馬力超のモンスターマシンがうようよ
  一方、2位入賞を果たした炭山選手の三菱ミラージュも特殊なモデルといえる。ボディこそミラージュだが、エンジンおよびミッションはランエボ10のユニットで、「排気量は2300ccですが、最高出力は生データで500馬力、実質600馬力ぐらいはあると思います。車両重量は1160kgぐらいですね」と炭山選手。
  そのほか、ラジエーターのリヤマウントやオリジナルの空力パーツも特徴的だが、気になるフィーリングに関しては、「タイヤの外径が小さいのに、パワーがあって車両重量も軽いから、ずっと雪の上を走っているような感覚です。トラクションをかけたいんですけど、アクセルを踏んじゃいけないシチュエーションもあるので難しいですね」とのことである。
  そして、3位に食い込んだ鎌田選手のスバルBRZもユニークな一台と言える。シャーシは旧型だが、新型BRZの外装パーツを移植したほか、2500ccのEJ25型エンジンとWRX STIのギヤボックスをインストール。IHIのタービンを装着することで470馬力を実現するとともに、車両重量も徹底した軽量化で1100kg以下を達成したという。
  鎌田選手によれば、「いままで乗ってきた競技車両でもっともパワーのあるマシンです。量産車ベースでありながら、車重も1200kg以下に収めているので、まったく動きが違います。クルマの慣性が少ないし、エンジンは最高出力だけでなくトルクもあるので、早めにシフトアップしながら、積極的に振りまわすように動かしています」とのことで、まさに究極のBRZだといえるだろう。
  以上、上位3台を中心に紹介してきたが、このほかにも九州のベテラン、江川博選手がランエボのパワーユニットを組み込んだトヨタ・カローラを投入。こちらもエンジン排気量が2300cc、最大出力が500馬力、車両重量が1260kgという異次元のマシンで、「2020年に投入しましたが、今年はマフラーを横出しにしたり、ルーフをカーボンにしたりと、毎年アップデートしています」と江川選手が語るように、自由に改良できることもD車両の魅力だといえるだろう。
  そのほか、広島のベテラン、河内渉選手がランエボのパワーユニットを組み込んだマツダ2を投入するなど、車種バリエーションも多彩。まさに全日本ダートトライアル選手権のDクラスは、モータースポーツカテゴリーのなかでも、かなりディープなワンダーランドになっている。

あわせて読みたい

おじさんライダーはなぜBMWに惹かれるのか!? が実感できた新型「R 12 nineT」試乗
&GP
新車価格は衝撃の63万円!!! 気分は[日本一速い男] 日産チェリーの正体とは?
ベストカーWeb
中川政七商店×日本草木研究所 初コラボ「奈良の森シロップ・サイダー」
PR TIMES Topics
【海外試乗】スポーティネスとエレガンスが宿る、新種のカブリオレとクーペ現る「メルセデス・ベンツ CLEカブリオレ/クーペ」
CARSMEET WEB
ターボ+5速MTのミライースが市販される可能性があるだと!? 全日本ラリーに参戦する「D-SPORT Racing」のミライースから目が離せない
WEB CARTOP
身嗜みをスマートに整えるビジネスツールブランド「PROUDMEN.」より新たな香り2種を数量限定発売
PR TIMES Topics
スバル史上最速のラリー車か!? 名機EJ20をぶち込んだ「WRX ARA24」がアメリカを爆走!
WEB CARTOP
重さがネックで苦戦していたGRカローラ! ついに全日本ラリーで初優勝を遂げた!!
WEB CARTOP
いまの若者にも「パブリカ」の偉大さを伝えたい! いまの大ヒット車「ヤリス」に繋がるご先祖が「超国民思い」のクルマだった
WEB CARTOP
16年ぶりにマッチが現役復帰! ラトバラも走る! 影山も立川も参戦! S耐富士24時間レースはドライバーも豪華すぎる
WEB CARTOP
マツダの社員夫婦がCX-5で全日本ラリーに参戦! デビュー戦で見事クラス2位を獲得!!
WEB CARTOP
国内レース史上最高人気の箱車レース! 伝説のJTC「グループA」に人々が熱狂した理由を当時のドライバーが語る
WEB CARTOP
「ベストEクラスを探せ!」メルセデス・ベンツ EクラスコンシェルジュがアナタにぴったりのEクラスをお探しします!
CARSMEET WEB
市販車に近いパーティーレースとS耐マシンの「ロードスター」を徹底比較! なぜ富士スピードウェイで10秒も違うのか?
WEB CARTOP
次期WRXの姿が見え隠れ! スバリストはスバルがS耐に投入するニューマシン「HIGH PERFORMANCE X FUTURE CONCEPT」に注目すべし!!
WEB CARTOP
大注目のピックアップ「三菱トライトン」がラリーに参戦! ノーマル部分も多いマシンでデビューいきなり表彰台を獲得
WEB CARTOP