パンと日本酒の美味しいハーモニー!手軽なフィンガーおつまみ3選

2024.04.05 11:50
4月12日は「パンの記念日」です。酵母を使用した"発酵食”という共通点をもつパンと日本酒。料理家の高橋善郎さんが考案したパンを使った手軽なおつまみレシピを3つ紹介します。旬の野菜や肉など、素材をはさんだりのせたりと脇役にもなりつつ存在感のあるパン。春におすすめの日本酒と合わせて、美味しいハーモニーを体感してみませんか。
ご褒美感たっぷり!ジューシーな「スパイシーステーキサンド」
「スパイシーステーキサンド」
「スパイシーステーキサンド」まずは、ステーキをパンではさんだボリュームたっぷりのおつまみサンド。これが日本酒に合うの!?と驚く組み合わせですが、なめらかな口当たりですっきりとした余韻が特長のにごり酒との華やかなマッチングを楽しめます。

【材料(2人分)】 ※所要時間:約20分
・食パン(6枚切り):2枚
・牛肉(ステーキ用):100g 
・ベビーリーフ:15g 
・オリーブオイル:小さじ1

A
-カレー粉:小さじ1/4 
-ドライパセリ:小さじ1/2 
-塩、粗びき黒こしょう:各小さじ1/4 

B
-マヨネーズ:大さじ1 
-練りからし:小さじ1/2 
-おろしにんにく、おろししょうが、しょうゆ:各小さじ1/4 

【作り方】
①牛肉は中まで火が通りやすいように常温で20~30分置く。
②肉の両面にAをまぶす。
③ボウルにBを混ぜ合わせ、食パンの両面に塗る。
④温めたフライパンにオリーブオイルをひく。しっかり温まったら肉を入れ、中火~強火で片面を1分ほど焼いたら裏返して同様に焼き、火を止める。
⑤食パン1枚にベビーリーフを中央寄りにのせ、その上に肉をのせる。もう1枚の食パンで挟み、ラップで包んで10分ほど常温でなじませる。
⑥食べる前に軽くトーストし、食べやすい大きさに切り分ける。お好みでオリーブの実やイタリアンパセリ(各適量:ともに分量外)などを添える。

※ペアリングにおすすめの久保田:「久保田 純米吟醸にごり」

~高橋善郎さんからのワンポイント~
◆カレー粉や手軽に使えるドライパセリでステーキ肉を香ばしく焼き上げると美味しくいただけます。
◆パンに塗るソースは、練りからしやすりおろし調味料を使用することでお肉に負けない力強さのある味わいに仕上げています。
漬けるだけ「大葉にんにく醤油で漬けたチーズの枝豆ピンチョス」
「大葉にんにく醤油で漬けたチーズの枝豆ピンチョス」
「大葉にんにく醤油で漬けたチーズの枝豆ピンチョス」醤油とにんにくに、大葉の爽やかさと枝豆の香りを加えた、漬けるだけの絶品おつまみです。お好みのパンも一緒に楊枝で刺して、少し食べ応えのあるピンチョスの出来上がり。素材の香りが効いたおつまみには、日本酒もフレッシュな香りが爽やかな生酒がおすすめです。

【材料(作りやすい分量)】
・チーズ(キャンディータイプ):15個
・枝豆(冷凍):正味10〜15g
・大葉(軸を切り落とし縦半分に切る):10枚
・お好みのパン:適量

A
-しょうゆ:1/2カップ
-みりん:大さじ2
-にんにく(すりおろし):小さじ1/2

【作り方】
①ボウルに大葉とAを入れ、混ぜ合わせる。チーズ、解凍してさやから出した枝豆を入れ、1時間以上浸す。
②小さくカットしたパン、漬けた大葉、チーズ、枝豆の順番にピックや爪楊枝などで刺す。

※ペアリングにおすすめの久保田:「久保田 翠寿」

~高橋善郎さんからのワンポイント~
◆キャンディータイプのチーズを使用しましたが、小さいモッツァレラチーズや1cmほどの角切りにしたクリームチーズなどを漬けても美味しく仕上がります。
◆今回作った大葉にんにく醤油は、2〜3回は繰り返し使用できます。
◆醤油だけだととがった味わいになるので、みりんを加えるとより「久保田 翠寿」と好相性になります。
二度美味しい「サラダチキンと菜の花のバジルマヨネーズ」
「サラダチキンと菜の花のバジルマヨネーズ」
「サラダチキンと菜の花のバジルマヨネーズ」最後に紹介するのは、まずはサラダとして、その後はパンにのせて、二度美味しいおつまみです。春野菜のほのかな甘味と苦味を楽しめす。合わせる日本酒も、春を感じるような爽やかに香る純米大吟醸がおすすめです。

【材料(約2人分)】
・サラダチキン(プレーン):1枚(120g)
・菜の花:120g
・お好みのパン:適量

A
-オリーブの実(種抜き/半分に切る):8個分
-マヨネーズ:大さじ2
-酢/はちみつ:各小さじ2
-ドライバジル/粗挽き黒こしょう:各小さじ1/2
-塩:少々

【作り方】
①サラダチキンはキッチンペーパーで表面の水分をふきとり、手でほぐす。
②菜の花は3cm幅に切り、キッチンペーパーにくるみ水にくぐらせる。耐熱皿に入れ、ラップをかけて電子レンジ(600w)で1分30秒加熱する。粗熱が取れたら水分を絞る。
③ボウルにAを入れ、混ぜ合わせる。①と②を加えて和え、器に盛り付けてピンクペッパー(適量:分量外)を散らす。
④お好みでカットしたパンに適量のせ、ピザ用チーズをかけ、オーブントースターで表面に焼き色がつくまで焼き、ピンクペッパーを散らす。

※ペアリングにおすすめの久保田:「爽醸 久保田 雪峰」

~高橋善郎さんからのワンポイント~
◆サラダチキンは手でほぐすことで調味料との馴染みがよくなります。また、米酢だと香りが強いので、穀物酢を使用していただくのがおすすめです。
◆菜の花がなければスナップエンドウなどでも代用いただけます。
◆「爽醸 久保田 雪峰」の香りや味を楽しむため、最初は和えただけのサラダの状態でペアリングを楽しんでいただき、飲み進めたところでパンにのせて、一味違うペアリングを楽しんでいただくのがおすすめです。
料理家 高橋善郎
東京都世田谷区にある和食店「凧(はた)」グループのオーナーシェフ。料理人である父の影響で、幼少期から実家の店舗で料理の基礎を学ぶ。調理師免許、きき酒師、ソムリエ(ANSA)、野菜ソムリエなど食に関する資格を有し、きき酒師の上位資格である日本酒学講師を当時史上最年少 で合格。素材の持ち味を活かした和食をベースに、エスニックからイタリアン、オーガニックと幅広いジャンルを得意とする。via高橋善郎 (@yoshiro_takahashi) • Instagram photos and videos

あわせて読みたい

フライパンで完成【串焼きやさんごっこ】arikoのくいしんぼうおつまみ
VERY
鶏むね肉のレンジ蒸しで忙しい日でも簡単!「冷やしごまだれうどん」
フーディストノート
厄ばらいを願って始まったイベント「桜山風鈴まつり」を今年も開催!
PR TIMES Topics
奥深さと懐かしさと優しさのドイツ料理と日本酒が絡み合う「旅する日本酒ペアリング~世界の料理と久保田~」
KUBOTAYA
半分“しゅうまい”みたいな「ロールキャベツ」作ってみた!巻き簾で巻いてそのまま蒸すの!?【農家直伝】
あたらしい日日
マーブル調の模様がかわいい「Toffy カラフルリトルプレート」発売
PR TIMES Topics
日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|つぶ貝のずんだ和え
KUBOTAYA
日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|グリルビーフとスパイシーサルサ
KUBOTAYA
日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|うにタルタルと真鯛の和風香草焼き
KUBOTAYA
おうち観戦にもってこい! 片手で食べやすいおつまみレシピ6選
KUBOTAYA
日本酒をもっと楽しむおつまみレシピ|米粉でつくるイカ明太チヂミ
KUBOTAYA
梅雨時期におすすめ!さっぱり梅・しそおつまみレシピ
KUBOTAYA
涼やかスタイルで楽しもう!梅・しそのさっぱり日本酒カクテル3選
KUBOTAYA
持ち寄りパーティーにも◎コンビニで買えるホットスナック×日本酒のおすすめペアリング3選
KUBOTAYA
飲みすぎ注意!「鶏むね肉のみそチーズ焼き鳥」でおうち飲みを楽しもう!
フーディストノート
あと引くおいしさ!これからの季節に食べたい「青じそ×ひき肉」のおかず
フーディストノート