EVの販売が停滞しハイブリッドが売れてるいまが日本メーカーのチャンス! 水面下でBEV戦略を推進すれば未来は明るい

2024.03.22 06:20
この記事をまとめると
■世界中でハイブリッド車の人気が再燃している
■北米のカリフォルニアなどを例にとると富裕層はBEVに乗る率が高い
■HEVが売れてBEVが足踏みしているいまこそ日本メーカーはBEV戦略を進めるべき
北米でHEVが売れていても日本メーカーはBEV戦略を止めるべからず
  ここのところ、世界においてHEV(ハイブリッド車)が見直され、日系メーカーのHEVがよく売れているという報道をよく目にする。筆者も2023年初秋にアメリカの南カリフォルニア地域を訪れると、それまではBEV(バッテリー電気自動車)の普及にかなり熱心で環境問題への関心の強いカリフォルニア州でもHEVはそれほど見かけなかったのに、いまはフリーウェイを走っている日本車の多くがHEVとなっていて驚いた。
  トヨタはすでに北米で販売しているモデルをモデルチェンジさせると、HEV専用にするなどアメリカにおいてもHEV販売をより重視する動きを数年前から見せていたので、いまの消費行動を予測していたのかもしれない。
  ただ、残念ながら地球環境という側面でHEVが注目されているようではなさそうだ。一時期より改善傾向にあるとはいえ、アメリカでもガソリン価格の高値傾向は続いており、とくにカリフォルニア州は全米屈指のガソリン価格の高い地域となっている。
  エネルギーコストセーブだけではなくクリーンイメージを強調できる意味でも富裕層ほどBEVシフトが進んでいるのだが、そこまで所得に余裕のない層が、ガソリン価格セーブのためにHEVに走っているというのが現状のようだ。
  新興国では大気汚染問題が深刻であり、まだまだ割高なBEVのみに頼らない大気汚染対策として、HEV購入にも補助金を交付する国も存在する。つまり、いまHEVが注目されているのは、あくまでつなぎ的側面も強いのである。HEVが注目されているから、BEVで出遅れている日本メーカーがこのままでよいというわけではない。
世界的にみると公共交通機関のBEV化は急速に進んでいる
  すでにバスやタクシーなど公共交通機関におけるBEV化は、導入のスピードや時期に差はあるものの、そのBEV化は世界のスタンダードになっているといってもいい。ある国では空港内で使用する車両すべてをBEV化していくなど、できるところから対応していく動きも目立っている。
  複雑な制御を伴うハイブリッド技術は、日本車(おもに先駆者のトヨタ?)のお家芸でもあり、世界的に「日本車=HEV」となっているので、たとえば中国ではPHEV(プラグインハイブリッド車)もラインアップしているBYDのデンザD9でも、中国以外の市場ではBEVのみで勝負してくる姿勢を見せている。
  HEVが注目されているとはいえ、日本以外のメーカーは技術面はともかくハイブリッド技術についての日本メーカーの存在感の強さをみると、それではとこぞって参入というわけにもいかないようにも見えるのである。
  ただし、完全移行するかは別としても、長期的に見ればBEVの存在は外せない。いまはウクライナ紛争やイスラエルのガザ侵攻など、世界的にキナ臭い動きも目立つ「非常時」といってもいい状況なので、「BEV普及」も足踏み状態のようにも見える。
  また、寒波襲来のアメリカ・シカゴで大量のBEVが立ち往生したり、中国・海南島では火災リスク低減から、フェリーへのBEVの積載台数制限が厳しく、島を出られないBEVユーザーで大混乱したといったニュースなど、製造面も含め普及が進む課程での問題もあちこちから頻発している。
  日本メーカーもBEVを無視しているわけでもなく、着々とラインアップ拡大や生産拡大を進めている。「HEVもいいけど、BEVもね」となるように、BEVの足踏み傾向にも見えるいまこそ、日系メーカーが世界のトレンドに追いつくチャンス到来と筆者は考える。このチャンスをぜひ無駄にしないで欲しい。

あわせて読みたい

「業績好調」のマツダがタイ市場で抱える懸念
東洋経済オンライン
エンジン?電気?「フォルクスワーゲン」の本音
東洋経済オンライン
<Eggs ’n Things>夏らしいトロピカルな期間限定メニュー
PR TIMES Topics
「アウディが推進する都心のEVライフとは?」【自動車業界の研究】
CARSMEET WEB
トヨタ・マツダ・スバル「新エンジン開発」の真意
東洋経済オンライン
瀬戸焼の技術で丁寧に作られたマリアンヌ・ハルバーグの人気アイテム
PR TIMES Topics
BEVが世界的に失速したわけじゃなくハイブリッドがより絶好調なだけ! これを機に地球環境とクルマについて世界規模で考えるべき!!
WEB CARTOP
「ハイブリッドの復権」は日本メーカーの地道な努力の賜物! でも「BEVがダメ」ではなく選択肢を多数揃えたことが今後の世界をリードする!!
WEB CARTOP
「ボンタンアメ®パターン」を取り入れた商3種のレザーアイテム発売
PR TIMES Topics
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
WEB CARTOP
中国で超絶人気の高級ミニバン「GL8」がPHEVを導入! あえてBEVではなくPHEVで勝負するGMのしたたかな戦略
WEB CARTOP
「IL BISONTE」よりネックウォレット発売
PR TIMES Topics
趣味性がないからBEV化も早い! ジャパントラックショーは「電動トラック」花盛り!!
WEB CARTOP
いまタイで高級ミニバン戦争が激化! 鉄壁のアルファード&レクサスLMに挑む中国勢たち
WEB CARTOP
BEVバスは海外メーカー強し! バステクフォーラムで目立つ中・韓の最新車両
WEB CARTOP
BEV化が急速に進むタイに押し寄せる中国メーカー! 普及にブレーキがかかりそうな要素も見え隠れする危うい戦略
WEB CARTOP
この時代にまだ「パクリカー」を堂々展示……ってある意味スゴイ! バンコクのモーターショーで見つけたもはや笑えるクルマたち
WEB CARTOP
バスのBEV化が急激に進むタイで生き残る激安の「赤バス」! 「アジア感」たっぷりのエアコンレスの古いバスは消滅の危機
WEB CARTOP