植田日銀総裁発言から読み解く2024年の金融政策、異次元緩和の出口はいつか - 政策・マーケットラボ

2024.01.08 05:10
日本銀行の植田和男総裁は、昨年(2023年)12月の金融政策決定会合後の会見で、基調的な物価上昇率が徐々に高まっていく確度は引き続き高まっているとしたうえで、賃金と物価の好循環を今後も見極めていく必要があるが、インフレ率が低下を続けることで実質賃金が好転する見通しが立つのであれば、足下で実質賃金が低下していても出口の判断は可能という趣旨の発言をした。ただし、市場関係者などからは今年(2024年)早…

あわせて読みたい

「マイナス金利解除後の日本株」を見通す3つのポイント、株価の上昇トレンドが続く条件は? - 金利復活
ダイヤモンド・オンライン
日銀「株価下落」と「イラン攻撃」に打つ手なし…!植田総裁はつぎの一手を示せるか?日銀「4・26会合」に備えよ!
現代ビジネス
新TVCM「アニメとススメ!」篇放送開始
antenna
春闘で「満額回答」を得たことは組合側の「失敗」 専門家が指摘
ニッポン放送 NEWS ONLINE
春闘「4%賃上げ」見通しだが、物価・賃金“好循環”実現のハードルは高い - 政策・マーケットラボ
ダイヤモンド・オンライン
限界に挑戦し続ける姿勢とサステナブルな価値観。ヨットレース「アメリカズカップ」に世界が熱視線を送る理由
antenna*
日銀「マイナス金利解除」を先取りする市場、今こそ期待したい3月会合での“委員議案” - 政策・マーケットラボ
ダイヤモンド・オンライン
日銀は1月も金融政策を現状維持、それでも「マイナス金利政策」は“すでに終了”と言えるワケ - 政策・マーケットラボ
ダイヤモンド・オンライン
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」が追い求める「人の可能性」
antenna*
日銀は「金融緩和を継続」したほうがいい!経済学者が緊急提言…市場関係者やメディアが目を背ける、物価と経済成長の「不都合な真実」
現代ビジネス
日銀「マイナス金利解除」の時期 「3月か4月か」それぞれにあるマイナス要因
ニッポン放送 NEWS ONLINE
「あまみカオリ研究所」よりバターサンドKASA-NETAの“マンゴー×ストロベリー”発売
PR TIMES Topics
マイナス金利解除の先の「ゼロ金利」復活リスク、日銀の利上げシナリオの最終目標は? - 金利復活
ダイヤモンド・オンライン
日銀マイナス金利解除の次は「10月追加利上げ」も、25年の利上げは見通せず - 経済分析の哲人が斬る!市場トピックの深層
ダイヤモンド・オンライン
【NEW ERA®✕ANEICA】コラボ第二弾!キャップとTシャツ発売開始
PR TIMES Topics
日銀マイナス金利解除で17年ぶり利上げ、「長過ぎた緩和」正常化は課題山積で長い道のり - 金利復活
ダイヤモンド・オンライン
日銀「マイナス金利解除」は遅くても4月末か 専門家が解説
ニッポン放送 NEWS ONLINE
にんじん本来の味わいを詰め込んだ「カゴメにんじんジュース 高β―カロテン」のおいしさを体験!
antenna
日銀総裁の記者会見で「マイナス金利解除」タイミングの確率分布を変えた「ある質問」
ニッポン放送 NEWS ONLINE
日銀はマイナス金利やYCCなど4月に「トリプル解除」が本命、24年の利上げシナリオ展望 - 政策・マーケットラボ
ダイヤモンド・オンライン
ピスタチオ好きも唸るほどの超濃厚ピスタチオスイーツ「ピスタチオアイスモナカ」限定販売
PR TIMES Topics