トレーラーとは違うからけん引免許も不要! ドライバーもラクになり2024年問題も解決できるトラックの「スワップボディ」って何?

2024.01.07 17:30
この記事をまとめると
■いまトラック業界で注目を浴びているスワップボディ
■2024年問題解決の一助になると考えられる
■スワップボディのメリット・デメリットについて解説
トラックドライバーの拘束時間を大幅に短縮できる
  トラック業界で注目を浴びているスワップボディ。端的にいえば、パワートレインやシャシーから、簡単に分離できるボディ(荷台)のことだ。トレーラーとの違いは、荷台部分を牽引するのではなく、シャシーに乗せるという仕組みになっていること。それも脱着に別途特殊な設備を必要とするのではなく、車両に搭載された装置によって自力で行えるのである。
  最大のメリットは、トラックドライバーの負担軽減が図れることだ。従来、トラックの運行は出発地でトラックドライバーが荷積みを行い、到着地まで走行してから荷降ろしをするところまでが一連の業務になっていた。しかし、スワップボディであれば、コンテナのように荷台ごと出荷・納品をするので、荷積みや荷降ろしは倉庫側で行うことになる。すなわち、トラックドライバーの拘束時間を大幅に短縮できるので、2024年問題解決の一助になるわけだ。
  さらに、長距離輸送の場合であれば中継地を設け、そこで荷台の入れ替えを行うことが可能になる。すると、たとえば大阪から出発したトラックは、名古屋の中継地でその荷台を降ろし、新たに大阪行きの荷台を搭載して出発地に戻ることができるのだ。運んできた荷台は、東京から来たトラックが受け継いで運ぶという運行スケジュールになるから、トラックドライバーが外泊(車中泊)をしなくても済むのだ。自身の家でゆっくりと休めるようになれば、疲労感も大きく変わってくるに違いない。
  また、スワップボディはコンテナのような器をトラックに積載するイメージだから、トレーラーのように車両の扱いを受けない。すなわち、荷台部分は車両登録や車検はもちろん、自動車税などの税金もかからないのである。運転の難易度はトラックと変わらないし、当然のことながら牽引免許の必要もない。
大きな課題はコストの上昇か
  とはいえデメリットもある。まず挙げられるのは、現行のトラックがベースとなるものの、脱着にかかわる装置などが必要となるために、車両コストが上昇することだ。それは物流施設も同様で、脱着スペース・荷台留置場などに充てる敷地や、スワップボディに対応可能な設備・人材を用意しなければならない。ただ、これらのほとんどはイニシャルコストなので、ランニングコストが抑えられれば、回収が可能なのではないだろうか。
  近年、スワップボディに取り組んでいる企業が増えつつあり、その1社である日本トレクスが「ジャパンモビリティショー2023(場所:東京ビッグサイト/主催:日本自動車工業会)」の日本自動車車体工業会ブース内に出展をした。物流の 2024 年問題解決に貢献する製品として、冷凍機能を持たせたスワップボディ(コンセプト)を展示。ドライバーの運転業務と荷役業務の分離による働き方改革のほか、製品の利便性・輸送効率向上といったメリットを紹介した。
  同社ではすでに、スワップタイプのバンボティやアオリ付きボディを商品化し、荷物に合わせて新たな選択肢を提供している。これに、ショーで展示されていた冷凍タイプが加われば、輸送可能な荷物の幅も広くなってくるだろう。2024年問題はすぐそこにまで迫っており、国土交通省も総合政策局物流政策課が主管して検討会を開くなどしている。
  一刻も早くインフラを整備して、スワップボディの導入促進を図ってほしいものだ。

あわせて読みたい

物流業界を震撼させる「2024年問題」を乗り越えるために「絶対に欠かせないこと」
現代ビジネス
小型化・オフグリッド化を実現したコールドストレージで、国内外での新しいコールドチェーン構築に挑む
PR TIMES STORY
【小樽洋菓子舗ルタオ】鯉のぼりスイーツ『こどもの日スイーツボックス2024』限定販売
PR TIMES Topics
一般的なトラックの荷台は「箱車」と「平ボディ」! 使い分けは荷物の「形状」「中身」「重さ」が関係している
WEB CARTOP
マイチェンしたいすゞ・ギガが2024年問題の救世主に! 低床3軸でドライバーの負担も軽い
WEB CARTOP
dアニメストアが新テレビCMを公開!
antenna
トラックドライバーにとって苦行だった! かつては過酷でしかなかった物流倉庫が快適施設化しつつある理由とは?
WEB CARTOP
【物流の2024年問題】半数以上が転職を検討、「女かよ」と偏見…それでもZ世代ギャル長距離トラックドライバーが仕事をやめない理由
集英社オンライン
哺乳びんのプラスチック素材を再利用したジュエルリング「stone ring (baby bottle version)」販売
PR TIMES Topics
物流「2024年問題」 労働組合が有効に機能しなかったことも要因の1つ
ニッポン放送 NEWS ONLINE
専門家に聞く「2024年問題」の基礎知識
ニッポン放送 NEWS ONLINE
「Q SKIP」で楽しむ!東急沿線1日お散歩旅
antenna
2024年問題解決には小型トラックが鍵! 普通免許で運転できる新型モデルをメーカーも続々投入!!
WEB CARTOP
「稼げる職業」から一気に転落……トラックドライバー不足の2024年問題はなぜ起きる?? ほかの輸送機関に変えることはできるのか!!
ベストカーWeb
限界に挑戦し続ける姿勢とサステナブルな価値観。ヨットレース「アメリカズカップ」に世界が熱視線を送る理由
antenna*
物流2024年問題の解決に向けた栗林商船グループの取り組み。海陸複合一貫輸送の強みを活かした「混載便サービス」立ち上げストーリーとは。
PR TIMES STORY
トラックの荷台から荷物がはみ出してる! 収まりきってないけど違法じゃないの?
WEB CARTOP
限界に挑戦し続ける姿勢とサステナブルな価値観。ヨットレース「アメリカズカップ」に世界が熱視線を送る理由
antenna*
2030年には「輸送力」が“34%”低下!?「物流2024年問題」解決のために私たちができることは?
TOKYO FM+
ネスレ日本、JR 貨物グループと連携し食品・飲料業界初(※1)の中距離帯での定期貨物鉄道輸送を開始
PR TIMES