こんなスゲーのが30年前にあったんだ! 第一次SUVブームで登場した「最新モデル」を蹴散らす存在感のクルマ6台

WEB CARTOP
2022.07.07 11:20
この記事をまとめると
■1990年〜2000年代に人気となったSUVをピックアップ
■各メーカーが個性的なクセのあるモデルを出していたのが当時の特徴だ
■今も続くビッグネームもこの頃生まれた
約30年前にもSUVが大ブームに!
  昨今、世界的なSUVブーム。それも日本ではコンパクトSUVの人気が絶大だ。5ナンバーサイズのトヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーを始め、ホンダ・ヴェゼル、トヨタ・ヤリスクロス、スズキ・クロスビー、スバルXV、そして輸入車でもVW T-CROSSなどが売れている。
  しかし、日本国内でのコンパクトSUVブームは決して今に始まったことではない。今から約30年前の1990年から2000年初頭にかけて、すでに国産コンパクトSUVのブームが始まっていたのだ。
  その口火を切ったのが、1990年に初代が発売されたダイハツ・ロッキーだ。5ナンバーサイズの全幅1580mmというナローなボディに本格的なラダーフレームを用い、取り外し可能なレンジトップボディを採用。フルタイムとパートタイム4WDを揃えた玄人向けのクロスカントリーモデルだった。販売自体はそれほど振るわなかったものの、今思えば、ダイハツもこんな本格的なクロカンを作っていたと、感慨深い。
  翌1991年には三菱から初代RVRが登場した。カンガルーバーを備えた、かなりワイルドなコンパクトSUVであり、2リッターと1.8リッターNAエンジンのほか、シリーズ途中にはなんとランエボに搭載されていたターボエンジンのディチューン版を搭載。さらにランエボと同等のエンジンを積んだハイパースポーツギヤや、3ドアのオープンモデルであるオープンギヤなどの幅広いバリエイションを揃えていた。
今も続く名車が続々と産声を上げた
  ここまでは、ロッキーで触れたように、ある意味、マニア向けのコンパクトSUV、クロカンだったのだが、1994年にはクロスオーバーモデルとして、その後のコンパクトSUVブームをけん引するモデルが登場。
  それが初代トヨタRAV4である。この時代は5ナンバーサイズで、街乗りからアウトドアやSURF & SNOWのスポーツシーンにまで使い勝手のいいジャストサイズかつ悪路にも強い待望の1台だった。初代のCMキャラクターがキムタクだったこともあって!? 一気にブレイク。当初はショートな3ドアボディのみだったが、翌95年にRAV4 Vとネーミングされた5ドアも追加され、その人気に拍車をかけた。
  90年代の日産はイケイケの時代。
  そんな中で登場したコンパクトクロスオーバーモデルが、サニー系のプラットフォームを用いたラシーンだ。93年の東京モーターショーでプロトタイプが参考出品され、大好評を得たため市販化。87年にデビューしたBe-1以降のパイクカーシリーズとは異なり、限定車ではなかったのも特徴だ。
  イメージキャラクターは漫画のドラえもんで、ブルーのボディカラーはドラエもんブルーと呼ばれていた。もっとも、クロスオーバーモデル風のデザインながら、悪路の走破性には特化していない乗用車であった。
  1995年にはホンダから初代CR-Vがデビュー。今は懐かしいホンダのクリエイティブムーバーの第2弾(第一弾はオデッセイ)として発売され、一世風靡。
  当初、国内専売の予定だったのだが、海外からの強い要望で世界各国に向けた生産を開始。エンジンは2リッターで、全幅は1750mm。3ナンバー登録ではあるものの、取り回し性は良好。FFベースのスタンバイ4WDの評価はいまひとつだったが、RVテイストある乗用車としての人気は高かった。
  そして2002年になると、その後の世界のコンパクトクロスオーバーモデルに大きな影響を与えたと言われる、初代トヨタ・イストが登場する。ヴィッツベースながらクロスオーバーモデルとして一躍大人気。のちに北米でサイオンブランドとして発売。若者に絶大なる人気を得ていたのである。
  このように、90年代から2000年初頭にかけては、コンパクトSUVブームの幕開けと言っていい時代だったのである。日本ではその後、いったんミニバンブームが盛り上がり、一時的にコンパクトSUV市場は下火になったものの、「時代は繰り返す」のごとく、ロッキーの復活が示すように、空前のアウトドアブームとともにコンパクトSUVブームが再燃しているというわけだ。

あわせて読みたい

クルマ好きなら知っておきたい! 5分でわかる日本の主な乗用車メーカー8社のルーツと特徴を簡単解説
WEB CARTOP
日本じゃ市場独占の「ロッキー&ライズ」だがインドネシアでは激戦! 日産マグナイト・スズキ イグニス・ヒョンデ クレタ・ホンダRSが立ち塞がる
WEB CARTOP
周囲を魅了する、モトーラ世理奈さんの魅力に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
〈2022年度版〉 家族構成別に考える、予算低めでも自慢したくなるクルマ12選
MEN'S EX
この値段でこんなスゴイの!? 買ってビックリ「コスパ最強」の庶民派国産車3選
WEB CARTOP
【高機能マウンテンパーカー特集】アウトドア〜タウンユースまで!
Jeep®
クロカンからRVを経て空前の「SUVブーム」へ 1980〜1999年ネオクラシックSUV立志伝
ベストカーWeb
人気は続くよ、どこまでも? 「トヨタ最小のSUV」ライズが燦然と輝く理由はどこにある!?
ベストカーWeb
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
「あのクルマは終わった」なんて言わせない!! あるぞ起死回生! 息を吹き返したクルマ5選
ベストカーWeb
ヤリス アクア フィット ノート ルーミー… 定番すぎ? いやいや、選ばれてる証拠です! 日本の5ナンバーサイズ車 18選
ベストカーWeb
気になるけれど…怖くない?話題の近視治療ICLって一体何?
antenna*
発売から3年経過、トヨタ「RAV4」一部改良の理由
東洋経済オンライン
トヨタのハイブリッドシステム「THS」の変遷を振り返る! 現行ハイブリッド車についても解説
WEB CARTOP
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
ガソリン、HV、PHV、PHEV… どれを選ぶべき? 賢く選ぶ大人気SUVの「ベストパワーユニット」決定戦
ベストカーWeb
デリカとフリードだけの謎!! ミニバンのSUV化はなんで進まない!?
ベストカーWeb
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
探したけれど「ガチライバル」不在! 低全高の本格SUVは「スバル新型クロストレック」が独占状態だった
WEB CARTOP
日産「エクストレイル」対トヨタ「RAV4」SUV対決
東洋経済オンライン