パリダカ制覇モデルをオマージュ ポルシェ「911ダカール」が見せた本気

2024.05.03 12:00
クルマをいじる楽しみが廃れたことはない。好みのステッカーを貼る、ホイールを変えることでも気分は盛り上がるのだが、さらに深いレベルで楽しみ方を探求するマニアだっている。スポーツカーのあらゆる部分に手を加えれば、最終的には愛車をモータースポーツに参戦するマシーンのようにトガらせることだってできる。
1963年に端を発するポルシェ「911」は、60年を超える歴史の中で様々なモータースポーツに挑戦している。そのアーカイブを基に、レーシングライクに仕立てるポルシェマニアもいるほど。今回紹介するポルシェ「911ダカール」は、メーカー自身が仕立てた究極の“いじりモノ”だ。
992型(2018年11月発表)のカレラをベースとして、駆動はAWD、サスペンションシステムと荒いブロックパターンを持つ専用のピレリ オールテレインタイヤによって5センチほど車高をアップさせている(電子制御のリフターで、さらに3センチ高めることもできる)。つまりこれは、オフロードを走るために作り込まれた911だ。
技術的には難しくない。不思議なのは、なぜポルシェが一風変わったカスタムに手を染めたのかという点だ。理由はSUV人気の流れを汲む“車高アゲ”スタイルが流行っているから、ということも少しは関係しているはず。何しろ今はランボルギーニが「ウラカン」の車高を高めた「ステラート」というモデルをリリースするような時代だから。だがポルシェの場合は「歴史上にそのアーカイブがあるから」といったほうが正しいかもしれない。
いまでは911のAWDモデルは珍しいものではない。マニアであれば、元祖は1986年に登場した「959」というスーパースポーツカーに由来することを知っているはずだ。だが911のAWDシステムの歴史は1983年までさかのぼる。パリ・ダカール・ラリーを制覇したプロトタイプのポルシェ「953」がそのモデルで、911ダカールは40年前の史実に基づいたセルフオマージュなのである。
かつてダカールラリーに参戦した953は、ロスマンズ・タバコのスポンサーカラーをまとっていた。今回もそれとよく似た意匠だが、よく見ると“Rothmans”ではなく“Roughroads(ラフロード)”となっている(シャレが効いている)。専用デザインの前後バンパーには、オフロードモデルらしくアンダーガードが備わっており、モータースポーツ車両のような赤い牽引(けんいん)フックも精悍な見た目にアクセントを加えている。
だがステアリングを握ってみると、遊び心満載な見た目に隠されたポルシェの本気を垣間見ることができる。走り始めてすぐに分かるのは、高くなった車高の効果だ。長いサスペンションストロークとオールテレインタイヤによる足回りは、乗り心地が良いだけでなく、挙動をドライバーに伝える術にも長けている。コーナリングスピードの限界は高くないはずだが、それでもラリーカーのようにドライバーが自信を持って操れるようなキャラクターだった。
ステアリング上にあるドライブモード切り替えダイヤルを回してみると、モニター内に「ラリー」と「オフロード」という専用モードが用意されていた。わずか2500台の限定ではあるが、ポルシェはかなり本気でこの特別な911を仕立てた。クルマ好きの感性を刺激するのは、いつの時代も遊び心あふれる本気の一台なのだ。
ポルシェ 911 ダガール  車両本体価格: 3099万円(税込)ボディサイズ | 全長 4530 X 全幅 1864 X 全高 1338 mmホイールベース | 2450 mm車両重量 | 1605 kgエンジン | 水平対向6気筒 ターボ排気量 | 2981 cc最高出力 |  480 ps(353 kW) / 6500 rpm最大トルク | 570 N・m / 2300 - 5000 rpm変速機 | 8速AT(PDK)お問い合わせ先www.porsche.com
Text : Takuo Yoshida

あわせて読みたい

レクサスNX450h+“オーバートレイル”(4WD/CVT)【試乗記】
webCG
【海外試乗】大幅改良でライバルを引き離す究極のコンフォートSUV「メルセデス・ベンツ GLS」
CARSMEET WEB
スペシャルコラボレーション 「岡本屋× uka」で、健康と美容を
PR TIMES Topics
【ホンダのコンパクトSUV】その個性と魅力がより鮮明に…ホンダ「ヴェゼル」がマイナーチェンジ!
MonoMaxWEB
「カレラ×ポルシェ963」タグ・ホイヤーがモータースポーツのレガシーとイノベーションの架け橋となるタイムピースをローンチ
MonoMaxWEB
身嗜みをスマートに整えるビジネスツールブランド「PROUDMEN.」より新たな香り2種を数量限定発売
PR TIMES Topics
「新デザインのエクステリアに注目」日産ノートをベースとしたカスタムカー“ノート AUTECH CROSSOVER”がマイナーチェンジ
MonoMaxWEB
「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!
MonoMaxWEB
ジェイ・レノもお気に入りの911ダカール!通常モデルの911との違いは??
octane.jp
トヨタ・クラウン クロスオーバーRS“ランドスケープ”(4WD/6AT)【試乗記】
webCG
【比較試乗】いざという時に頼りになる本格オフローダーのススメ「トヨタ・ランドクルーザー vs ランドローバー・ディフェンダー vs ジープ・ラングラー」
CARSMEET WEB
ディフェンダー史上最もタフなニューモデル、「オクタ」登場!究極のパフォーマンスとラグジュアリーの融合
CARSMEET WEB
コルベットもついに電動化へ──ハイブリッドAWDモデル「シボレー コルベット E-Ray」がデビュー|Chevrolet
OPENERS
初の代官山蔦屋書店での開催!|Ralph’s Coffee and Carsでポルシェ911ターボを祝う
octane.jp
12気筒の伝説が再び蘇る フェラーリ「12チリンドリ」登場
BRUDER
ポルシェが「フォーミュラE」のセーフティカー「タイカン・ターボGT」2台を発表
CARSMEET WEB