「ハイブリッドの復権」は日本メーカーの地道な努力の賜物! でも「BEVがダメ」ではなく選択肢を多数揃えたことが今後の世界をリードする!!

2024.04.28 07:00
この記事をまとめると
■BEVの普及スピードが世界的に減速し、HEVに再び注目が集まっている
■「HEVの復権」は、諸問題解決の最良に近い解決手段として世界的にも認められた結果だ
■日本企業のこれまでの地道な努力が「HEVの復権」に繋がった
BEVの普及スピードの減速で再びHEVが脚光を浴びている
  世界的にBEV(バッテリー電気自動車)の普及スピードが減速しているのは、ここのところの報道を見てもおわかりのとおり。
  そもそも、欧米や日本などの先進国は、ICE(内燃機関)車の分野で販売において世界をリードしてきており、ガソリンスタンドをはじめインフラシステムも出来上がっている。そのなかで「●●年以降はICE車の販売禁止」といった、かなり無理のある政策がいままでは目立っていた。
  これについては、「悪化する地球環境のためにも」といった側面ばかりが強調されるが、エコロジービジネスをいち早くリードして普及させ覇権を握りたいという勢力の存在も否定できないところ。中国や欧州がBEV普及に積極的な姿勢を見せているのも、そこも大きく作用しているからだ。
  東南アジアをはじめ新興国では、大気汚染や現状の原油高傾向が続くなかでの原油輸入量の抑制といった、欧米よりは身近な課題克服のためにBEVに注目している。「とくに1月から3月あたりは大気汚染が深刻になる」とはタイに住んでいる知人の話。
  現状でも自動車生産拠点として発展しているタイやインドネシアでは、BEVをはじめCEV(クリーンエネルギー車)の生産拠点としても発展させたいという思惑もあり、CEVの国内普及にも熱心である。
  中国も欧米では政治的対立などもありなかなか思うように販売できないなか、中国国内では経済不安で新車の売れ行きが芳しくない状況となっていることもあり、東南アジアへの中国メーカーの積極参入が目立っている。
BEVでも日本車が存在感を見せてくれることに大期待
  そのようななか、トヨタは「BEVだけが問題解決の手段ではない」として、HEV(ハイブリッド車)や水素燃料車、メタノール燃料車など、多方面にわたり「地球にやさしいクルマ」のありかたを追求している。「アメリカでHEVがよく売れている」という報道がここのところ多いが、それは先進国だけではなく新興国でも同じ動き。HEVでは世界をリードするトヨタをはじめ、日本メーカーは新興国でも積極的にHEVをラインアップしている。
  そしてトヨタは、新興国のオートショーでメタノール混合などのフレックス燃料車の展示も積極的に行っている。自動車生産でも大国の道を歩んでいるインドでもBEVの普及を進めているが、それと並行して国内ではフレックス燃料の普及も進めている。燃料の国内生産を増やし、原油輸入量の抑制とともに環境問題の改善にも努めようとしているのである。
「BEVだけが問題解決手段ではない」というのは正しいと感じている。世界的ともいえるトヨタを中心としたHEVのここのところの売れ行きのよさは、現実的な諸問題解決の最良に近い解決手段として世界的に注目された結果と受け止められる。
  純粋なICEにおいても、日本メーカーの環境や燃費面での性能は群を抜いている。そしてまだまだその性能アップの可能性を日本メーカーは追求できる技術力を持っているものと確信している。ただ個人的には「もう少しBEVでも存在感を見せてくれたらなぁ」などと筆者は感じている。
「政府はBEVがないとなかなか相手にしてくれない」とは、ある新興国での業界関係者の話。政治の世界ではさまざまな視点からBEV信奉者が多い。そこがここ最近のやや歪んだBEVの世界的普及となっていることは否定できない。そのなかで、地道に根気よく政治家にBEVだけが選択肢ではないということを理解してもらうのは、とくに環境面の技術では引き出しが多く、そして技術力の高い日本メーカーが担うしかないともいえよう。
  いま、「HEVの復権」などと報じられている世界の動きも、ひょっとしたら日本メーカーの地道な努力の賜物なのかもしれない。

あわせて読みたい

タイのバンコクで中国製BEVタクシーが急増中……も乗り心地は従来の「カローラアルティス」に軍配!!
WEB CARTOP
いまやクルマは「ソフト」や「インフラ」とセットで作るもの! 北京モーターショーに見る「異業種」の参入
WEB CARTOP
スペシャルコラボレーション 「岡本屋× uka」で、健康と美容を
PR TIMES Topics
エンジン?電気?「フォルクスワーゲン」の本音
東洋経済オンライン
BEVが世界的に失速したわけじゃなくハイブリッドがより絶好調なだけ! これを機に地球環境とクルマについて世界規模で考えるべき!!
WEB CARTOP
【NEW ERA】ブランド初のスノーウェアライン「NEW ERA SNOWBOARDING」登場
PR TIMES Topics
今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
WEB CARTOP
政治の影響でBEVが左右される諸外国! 対照的に際立つ日本の自動車市場の健全性
WEB CARTOP
BEV化が急速に進むタイに押し寄せる中国メーカー! 普及にブレーキがかかりそうな要素も見え隠れする危うい戦略
WEB CARTOP
この時代にまだ「パクリカー」を堂々展示……ってある意味スゴイ! バンコクのモーターショーで見つけたもはや笑えるクルマたち
WEB CARTOP
中国で超絶人気の高級ミニバン「GL8」がPHEVを導入! あえてBEVではなくPHEVで勝負するGMのしたたかな戦略
WEB CARTOP
BEVが急速に普及したタイで成長鈍化の予想! それでも中国メーカーが押し寄せるのは日本進出への布石か
WEB CARTOP
【725万円は破格】テスラが世界的ベストセラー「モデル3」の“驚速型”を日本導入!
MonoMaxWEB
タイではピックアップトラックが激戦区! 意外にも中国メーカーがBEVじゃなく「ハイブリッド」を投入するワケ
WEB CARTOP
世界的なガソリン価格の高騰はBEV派の陰謀? BEVはエンジン車より女性にモテる!? クルマ業界のEVにまつわる「都市伝説」
WEB CARTOP
トヨタ、マツダ、スバルが「それぞれ」新エンジンを開発…「今さら?」なんて言わせない理由
ドライバーWeb