日本人初の快挙!信元夏代・プロスピーカーのアカデミー賞、CSP®称号を獲得

2024.04.04 07:00
世界を舞台に輝く、日本人プロスピーカーの限界を超えた挑戦が切り拓いた新たな可能性
NY地区スピーチ大会・5連覇のプロスピーカーであるリップシャッツ信元夏代が、「世界で活躍したい」とお考えの人や企業へ向けて「世界基準のスピーチ、プレゼン、戦略を伝えたい」と自身で開発したオリジナル・メソッド。


それがNYを拠点に展開するブレイクスルー・スピーキングです。


ブレイクスルー・スピーキングは「言葉の力で人々の心を動かし、変革を促す」プロフェッショナル・スピーカーの重要性を常に追求しています。


代表のリップシャッツ信元夏代はこれまで、英語ノンネイティブであっても自身のメソッドで「伝える力」を磨き上げ、全米で異文化の壁を乗り越えて来ました。
「日本人初のCSP®受賞」
そしてこのたび、信元代表は日本人として初めて、世界最大のプロスピーカー協会であるNational Speakers Association (NSA)より「秀逸なエリートにのみ与えられるCSP®(Certified Speaking Professional)の称号」を受賞しました。
この「Certified Speaking Professional」称号とは、プロスピーカー界の「アカデミー賞」のようなものです。


受賞には4ラウンドにわたる審査があり、合格率は全体の17%という厳しいもの。過去をさかのぼっても、世界で数百人のみしかCSP®の称号を保持していません。
その中で、日本人はジャパニーズ・アメリカンを含めても、男性も女性もゼロ(2024年時点)、アジア人は一桁しかいません。


受賞にあたり信元代表は「この快挙は、ただ一人のスピーカーの勝利ではなく、多くの方々の支援と共に築き上げた大きな成果です。」と、語りました。


※CSPについてはこちら
「厳しい審査と困難を乗り越えて」
「このCSPに挑戦することに決めたのは昨年10月です。
ただでさえ超難関であり、自身はノンネイティブ。さらに日本人はゼロ…。という、限りなく可能性が低い状態でのチャレンジですから、何度も折れそうになりました。」


先述の通りCSP®称号の取得には、4ラウンドにわたる厳しい審査をクリアする必要があります。


第一ラウンドではまず、「過去10年間にわたる、有償で行った登壇の詳細記録を最低・250件リストアップ」しなければなりません。必要情報は年月日・イベント主催者の連絡先情報・そのイベントで得た収入・参加者人数…など、大変な量です。


さらに、以下の条件が課せられます:

その10年間のうち最低5年間は、登壇単体で5万米ドル以上の収益を上げていること登壇記録の75%以上において、最低15人以上の観客がいたこと登壇のうち100%が録画ではなく生で行われ、かつ、オンライン登壇は75%以下であること


このリスト以外に、プロスピーカーとしての倫理観に関するオンラインコースを受講してテストに合格する必要もあり、宣誓書も提出します。


第一ラウンドをすべてクリアすると、第二ラウンドへ。
第二ラウンドでは、過去の実際のクライアントの中から最低20名に推薦状を書いてもらい、提出します。


ここまででもかなりの難関ですが、第三ラウンドが最大の関門です。
「最大の関門とプライベートの困難」
それは、「基調講演を最低40分行っている生動画」の提出。


提出後は、内容について複数名の審査員から厳しい審査を受けます。
これは英語ノンネイティブの信元代表にとって、これまでで最大の挑戦でした。


そこに選んだのは、信元代表が「個人的な困難を乗り越え、自身が最高のパフォーマンスを発揮した」…と確信しているシカゴでの基調講演。


それは、日本在住の母の危篤を知らされた信元代表が、たった3時間後に行った講演だったのです。
信元代表はこの困難をプロとして乗り越え、基調講演を務め切りました。
「登壇後すぐNYへとんぼ返りしたものの、飛行機がNYに着陸した直後の電話で、間に合わなかったことを知りました。
あの舞台には、ずっと母が一緒にいてくれたと思っています。このCSP®獲得は、母からの最期のプレゼントなんです。」
…と、信元代表は当時を振り返って語ります。


この最大の関門をクリアした後の第四ラウンドでNSAの理事会にかけられ、すべての提出内容を再審査の上、全員一致した合格者だけが、晴れてCSP®称号を取得できます。
「支援への感謝と未来への誓い」
「その基調講演の動画が評価され、今回のCSP®受賞にいたりました。
もちろん、20名以上もの方々からの推薦状も、評価に大きく影響しています。この快挙は私個人のものではなく、支えてくれたすべての人々との共有です。多くの支援者の存在なくしては、成し得なかったものです。」


信元代表はこれからに向け「この称号を背負う責任と共に、プロフェッショナルスピーカーとしての活動をさらに推進し、日本人初のCSP®として【異文化の壁を越えた伝える力】の拡大を目指します。そして奢ることなく、さらなる精進を誓い、これからも変革を促す言葉を世界に届けていきます。」と発言しました。
この受賞は、言葉の力で世界を変える可能性を信じ、挑戦し続けるすべての人にとって、新たな希望とインスピレーションを提供するものです。


日本人プロスピーカーとして、世界の舞台で輝く道を切り拓くことの意義と、これからの挑戦に向けた信元代表の強い決意を、このストーリーを通じてお伝えします。


このあとのメダル授与式は2024年8月3日、コロラド州デンバーで開催される、世界のプロフェッショナルスピーカー1,000人以上が集まるNSAの年次総会、Influenceにて開催されます。


本件につきまして、日本での取材・講演のご依頼はもちろん、信元代表の本拠地であるニューヨーク、授賞式現地(コロラド州・デンバー)での取材・講演につきましても対応させていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。


ブレイクスルー・スピーキング(Breakthrough Speaking)
New York, NY
U.S.A.
代表:信元 夏代(Natsuyo Nobumoto Lipschutz )
【取材・講演のお申込みはこちら】
ブレイクスルー・スピーキングNY本社
+1 (917) 365-1264
National Speakers Association
Minneapolis, MN
U.S.A.
代表:Jaime Nolan

あわせて読みたい

中国最大のバーアワードでSG Groupの「Speak Low」(上海) が最高栄誉の「Bar of the Year」受賞
PR TIMES
「建築とアートの融合」でiFデザインアワード2024とアジアデザインプライズ2024を受賞。
PR TIMES
「Q SKIP」で楽しむ!東急沿線1日お散歩旅
antenna
【重版出来】これを読まずしてジャパニーズウイスキーは語れない。日本蒸留所年鑑 第2弾『JAPANESE WHISKY YEARBOOK 2024』
PR TIMES
SURF Musicが『SXSW 2024』にてパネルセッション開催
Rolling Stone Japan
物流業界に焦点を当てたオリジナルクラフトビール「LOGI BEER -MIKAN SAISON-」登場
PR TIMES Topics
自己紹介が怖い人へ…”伝えるプロ”が語る「相手に忘れられない自己紹介」の技
現代ビジネス
プレゼン中、プロジェクターが故障して一時中断…。プロに聞く「気まずい空気」の対処法
現代ビジネス
凍ったまま食べるシフォンケーキ第二弾!マンゴーづくしの「Frozen Mango」登場
PR TIMES Topics
【家具工房KOMA】ソファやサイドテーブルなど新作を発表!
PR TIMES
ヘッドホン『YH-5000SE』、電子ピアノ『CSP-295』、コンセプトモデル『アップサイクリングギター』が「iFデザインアワード」を受賞
PR TIMES
<リーガロイヤルホテル小倉>新アイコン「ベルボーイベアと過ごすホテルステイ」
PR TIMES Topics
【一流は規格外】歩く方向や歩数・手を上げるタイミングや角度・回数まで決める…一流のスピーカーはなぜ「練習」を大切にするのか? - 感じがいい、信頼できる 大人のちょうどいい話し方
ダイヤモンド・オンライン
人前で話すのが得意になる13の秘訣
lifehacker
天然香料高配合にこだわった新フレグランス「PORTRAIT」誕生
PR TIMES Topics
電子ピアノ『CSP-295』、ライブストリーミングマイクロフォン『AG01』、ヘッドホン『YH-5000SE』が「Red Dotデザイン賞」を受賞
PR TIMES
オーガニックなソーシャルメディアの活用が過小評価されている 北米のマーケティング特化型カンファレンス「POSSIBLE2024」を現地取材(後篇)
アドタイ
生成AIのマーケ活用を本格化 アドビサミット、2024年の目玉は
アドタイ
バウンダリ行政書士法人が日本最大級ドローン展示会「Japan Drone 2024」に出展、特別講演にて国家資格の現状と将来性を解説!
PR TIMES