王者N-BOXの新型は先代に比べてちょっと割高感あり!? そこのところをライバル車と比べてみた

2024.03.21 17:20
この記事をまとめると
■現行型N-BOXは国内のベストセラーだ
■現行N-BOXの販売は低調ではないものの車両価格の上昇により割高感がある
■そこでN-BOXのライバル車のなかでお買い得なクルマを考えた
新型N-BOXも販売トップに君臨するが、売れ行きが意外と多くない
  いまの国内市場では、ホンダ N-BOXがベストセラーだ。2023年も23万台以上を販売して国内販売の1位になった。しかし、じつは売れ行きが絶好調とはいい難い。現行型は2023年10月に発売されながら、同年11月の届け出台数を見ると、対前年比は121%であった。12月は117%、2024年1月は88%だ。つまり、11月と12月は20%前後増えたが、1月は新型車なのに12%減った。人気車のフルモデルチェンジとなれば、売れ行きが前年に比べて大幅に増えそうだが、N-BOXは大人しい。
  ちなみに先代型が2017年に発売された直後は、対前年比が120〜150%で推移していた。現行型に比べれば好調だが、車種によっては200%、つまり前年の2倍も売れることがある。そこも考えると、先代型に比べて大幅に低調ともいえない。
  この判断は難しい。なぜならN-BOXのような実用指向の車種は、フルモデルチェンジを行っても、ユーザーが急いで新型に乗り替えることはないからだ。その代わり車検期間が満了すれば、確実に新型を購入する。したがって発売当初の伸びは穏やかでも、1年を通じて見ると、結果的にベストセラーになることが多い。このようにN-BOXの販売は低調ではないという見方が成り立つ一方、新型は元気がないという意見がメーカーからも聞かれる。
  その根拠は価格だ。現行N-BOXで、価格がもっとも安いグレードは、標準ボディで164万8900円になる。先代型は標準ボディに装備のシンプルなGが用意され、この価格はモデル末期で146万8500円、売れ筋のLも159万9400円であった。
  現行型の標準ボディはサイド&カーテンエアバッグを標準装着するが、先代型はLでもオプションで、Gは非設定だ。装備の違いまで考えると、現行型が大幅に値上げされたとはいえないが、もっとも安価なグレードが140万円台と160万円台では第一印象が異なる。このような事情もあり、現行型に割高感が生じたことは否定できない。
価格や車格を考えるとほかにも候補は出てくる
  そこで、N-BOXのライバル車で買い得な車種を探すと、2024年2月下旬時点では出荷停止になっているものの、ダイハツ・タントが挙げられる。標準ボディのXは、実用装備を充実させて150万7000円だ。しかも左側のピラー(柱)はドアに内蔵され、前後ともに開くと開口幅が1490mmに広がる。乗降性を重視するユーザーには買い得だ。
  また、N-BOXやタントのように、全高が1700mmを超えるボディとスライドドアが欲しいが、軽自動車ではなくコンパクトカーから選びたいユーザーも少なくない。
  このニーズでは、ダイハツが生産するトヨタ・ルーミーが人気だが、商品力はライバル車のスズキ・ソリオが優れている。走行安定性、乗り心地、静粛性、後席の座り心地など、さまざまな機能が上まわるためだ。
  標準ボディのソリオハイブリッドMXは、排気量が軽自動車の2倍近くになる1.2リッターエンジンとマイルドハイブリッドシステムを搭載して、衝突被害軽減ブレーキ、運転支援機能、サイド&カーテンエアバッグ、左側スライドドアの電動機能、エアロパーツ、アルミホイールなども備わる。それで価格は192万1700円だから、価格自体は高めだが、充実装備を考えると買い得なコンパクトカーになっている。

あわせて読みたい

N-BOXがフルモデルチェンジも販売に苦しむ!? ちょっと進化が少なすぎ……旧型をカンタンに改良後にする技を大公開!!
ベストカーWeb
スーパーハイト軽って「装備」「使い勝手」が注目されるけど……じつは走りにも大きな違いがある! ライバル5台を徹底比較!!
WEB CARTOP
藤井聡太が5度目の防衛に挑む「王位戦」を間近で楽しむツアー開催!
antenna
インドから輸入しているホンダWR-Vが大ヒット! 日本市場の「常識」が変わるかもしれない
WEB CARTOP
新型スイフトは質感が爆増!! ヤリスは驚異の燃費36km/Lを記録! ベーシックコンパクト最新勢力図
ベストカーWeb
期間限定キャンペーン! カンデオホテルズが誇る「スカイスパ」をお得に楽しもう
antenna
2023年いちばん売れた車はやっぱりアレ!コンパクト&低燃費に加えて“遊び心”もある人気車TOP10
OCEANS
原因はおしゃれ路線の失敗だけではない…絶対王者ホンダ「N-BOX」がスズキ「スペーシア」に負けた意外な理由
PRESIDENT Online
美と気品をテーマにしたドライケーキ専門ブランド「女王製菓」を発表
PR TIMES Topics
軽自動車の「勢力変化」10年データで浮き彫りに
東洋経済オンライン
先進安全装備にオットマンってアルファードじゃん!! スペーシアは機能満載! 王者N-BOXと比べて違いは?
ベストカーWeb
くらはしれいさんの世界観を表現した新シリーズ第2弾「Story stationery」登場
PR TIMES Topics
新型スイフトは燃費大幅向上! ライバルのヤリスより優れてるポイントは? お得グレードも大公開!!!!
ベストカーWeb
やっぱりダイハツ不正の影響は大きい! 2023年度の新車販売台数ランキング「盤石のクルマ」と「急落したクルマ」
WEB CARTOP
船橋屋姉妹ブランド「こよみ」からさっぱり和スイーツ新登場
PR TIMES Topics
スズキの軽自動車の車種一覧! 魅力や特徴、選び方を徹底解説
WEB CARTOP
ダイハツの影響は大きく2月の新車販売は昨年比割れ! 気になるのはホンダの元気のなさ
WEB CARTOP
新型を出す意味ないんじゃ!? 超モデル末期でも旧型フリードが驚異的な売り上げを誇るワケ
WEB CARTOP
突如出たホットハッチ?? なYRVって何モノ!? 1世代で終ったけどダイハツ復活ならスポーツ全フリでどうよ
ベストカーWeb