ヨコハマブースで見つけた! 「かゆいところに手が届く」タイヤ5選【大阪オートメッセ2024】

WEB CARTOP
2024.02.12 14:00
この記事をまとめると
■大阪オートメッセ2024が開催中だ
■YOKOHAMAブースでは各ブランドのタイヤ、アルミホイールを展示
■注目のタイヤを5種類ピックアップして紹介する
ユーザーの細かなニーズに応えたタイヤが多数
  インテックス大阪で2月10日(土)から12日(月・振休)まで開催されている、毎年恒例の関西カスタムカー祭り「第27回大阪オートメッセ2024」。
  6B号館中央にあるYOKOHAMA(横浜ゴム)のブースでは、プレミアムな「アドバン」、エココンシャスな「ブルーアース」、SUV向け「ジオランダー」、各ブランドのタイヤに加え、「アドバンレーシング」ブランドのアルミホイールも展示されている。そのなかから、ユーザーの細かなニーズに応えた“かゆいところに手が届く”タイヤを5種類ピックアップし紹介する。
「アドバン・フレバV701」は、グランドツーリングタイヤ「アドバン・スポーツV105」のプロファイルを継承しながら「楽しいハンドリング」をテーマに開発された、高性能スポーティタイヤ。
  ウエット性能に優れながら高いドライグリップと操縦安定性を兼ね備えており、「アドバン」ブランドのなかでは転がり抵抗が少なく、JATMA(日本自動車タイヤ協会)タイヤラベリング制度でも59サイズが中間の「A」、8サイズが下から2番目の「B」に適合している。
  サイズ設定は165/55R15 75V〜275/30R20 97Wの全67種類と幅広く、スポーツカーはもちろんコンパクトカーからチューニングカーまで対応しているのも魅力的だ。
「ブルーアース4S AW21」は、スタンダード低燃費サマータイヤ「ブルーアースES ES32」と同等のドライ&ウエットグリップを備えながら、末端変性ポリマーを配合することによりシャーベット路や圧雪路での走行にも対応したオールシーズンタイヤ。
  四季を通じて路面状況や気温に左右されにくく、一年を通じて使用可能。年に数回程度浅い雪が積もる非降雪地域であれば突然雪が降っても対応できるほか、季節ごとのタイヤ交換が不要になる。
  また、「冬用タイヤ規制」が適用された高速道路でも走行可能だ。ただし、「チェーン規制」となった場合はスタッドレスタイヤと同様にチェーンを装着する必要がある。サイズは155/65R14 75H〜235/50R20 104Wの全47種類。
キャンピングカー専用タイヤも!
「アドバン・エイペックスV601」は北米専用に開発されたスポーツタイヤで、高いドライグリップを備えながら安定性にも優れるうえ、乗り心地や静粛性も犠牲にしていないのが大きな特徴。
「アドバンHFタイプD」と共通イメージの左右非対称トレッドパターンを採用しており、デザイン性に優れるのもこのタイヤならではだ。
  トヨタGRカローラRZに純正装着されて以降は日本でも販売されるようになり、現在は225/45R17 94Y〜275/30R20 97Yの全28サイズを設定する。
「ブルーアースXT AE61」は、クロスオーバーSUV向けとしてオンロード走行に的を絞ったサマータイヤ。SUV用タイヤとしてはウエットグリップが高いうえ、乗り心地と静粛性に優れ、転がり抵抗も少ないので低燃費なのもポイント。全サイズでタイヤラベリング制度におけるウエットグリップ性能の最高ランク「a」、転がり抵抗は中間の「A」に適合している。
  ただし、ダートや泥道でのトラクションや耐衝撃性は考慮されていないため注意が必要だ。サイズは195/65R16 92H〜255/45R20 105Wの全27種類。
「ブルーアースキャンパー」はその名の通り、キャンピングカー専用タイヤ。サイズはキャンピングカー向けタイヤの専用規格「CP規格」に適合した215/70R15CP 109/107Rを含む全5種類を設定する。
  トレッド全体にベルトカバーを配置したフルカバー構造とし、ベルト部の耐久性を向上させたほか、ビードフィラーに低発熱のコンパウンドを採用。負荷時の発熱を低減することで、高い荷重への耐久性を高めている。
  今回のオートメッセのYOKOHAMA(横浜ゴム)ブースには、他にも多くの個性的なタイヤが展示されているので、ぜひその目で確かめてほしい。

あわせて読みたい

ドリフトを体感する新たな試みが開始! フォーミュラドリフトジャパンが公開した2台のIS Fの正体とは【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
横浜ゴムが電動車向けのプレミアムコンフォートタイヤ「アドバン デシベルV553」を発表
webCG
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
見慣れない緑色のタイヤはナニモノ!? タイヤも車両も見どころ満載のヨコハマブース【TAS2024】
WEB CARTOP
第774回:電動車向けのフラッグシップタイヤ「ヨコハマ・アドバンdB V553」の実力を試す[エディターから一言]
webCG
【waft】オリジナルブランド「Phyt(on)°(フィトン)」をローンチ
PR TIMES Topics
【NEW TIRE TEST】摩耗しても静粛性が持続するプレミアムコンフォートタイヤ「ヨコハマ・アドバンdB V553」
CARSMEET WEB
軽さに命をかけたレイズのホイール! クロカン系SUV乗り必見の「A-LAP」のイケてる度がハンパない!!【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
オンラインショップでのみ販売される宝箱クッキー【もも缶】が阪急うめだ本店に出店
PR TIMES Topics
静かなクルマが増えて開発陣涙目!!? それでも旗艦タイヤは進化する……アドバンdBが進化して登場だぞ
ベストカーWeb
ブリヂストンがプレミアムタイヤの新製品「レグノGR-XIII」を発表
webCG
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
サーキット派をガッツリサポート! タイヤだけに収まらないヴァリノタイヤのアイテムの充実っぷりが凄い【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
最近「E」とか「電池」みたいなマークが付いてるタイヤが増えてきた! EV専用タイヤって普通のタイヤと何が違う?
WEB CARTOP
Eggs ’n Things ホワイトチョコたっぷり!バレンタインのアンサーパンケーキを期間限定販売
PR TIMES Topics
メカニック=裏方の認識はもはや古い! F1のタイヤ交換タイムを競う「レッドブル」のリアゲーに大人も夢中【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
愛車に合わせて自分だけのアルミホイールを作れるって凄くないか? ワークの「カスタムオーダープラン」「エクストラセレクト」が熱い【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
多様化する需要に寄り添うカスタマイズ技術「ENLITEN」採用で「REGNO」が生まれ変わった! 最新技術からモータースポーツまで楽しめるブリヂストンブース【TAS2024】
WEB CARTOP
横浜ゴム「アドバンスポーツ」タイヤ開発秘話
東洋経済オンライン