レクサスの最上級ミニバン3台のカスタムモデルが揃い踏み! まさかの「リヤシートにハンドル」付きモデルも【大阪オートメッセ2024】

2024.02.11 20:10
この記事をまとめると
■大阪オートメッセ2024が開催
■NAPAC合同ブースには3台のレクサスLMを展示
■ブリッツ、トムス、HKSがカスタマイズした車両だ
個性溢れる3台のレクサスLMが揃い踏み
  展示エリアが拡大されたこともあってか、大盛況となっているインテックス大阪で開催中のカスタムカーショー「第27回大阪オートメッセ2024」(会期:2月10日(土)から12日(月・振休)まで)。
  6B号館に入って右手にあるNAPAC(日本自動車用品・部品アフターマーケット振興会)合同ブースの一角には、ブリッツ、トムス、HKSの「レクサスLMカスタマイズコンセプト」が揃い踏み。東京オートサロンでは各社のブースで個別に展示されていたLMが、オートメッセでは3台が一カ所に集められた!
  外観がマットホワイトにラッピングされたブリッツの「LMコンセプト」は、フロントグリルのイルミネーションカラーをタッチパネルで自在にコントロールできるため、つい試してみたくなってしまうのが人情というもの。 たまたま通りかかった来場者も興味を引かれ、明るさと色味を思いのままに切り替えて楽しむ姿が幾度となく見られた。
  ブリッツの「LMコンセプト」は、「エアロスピードRコンセプトカーボン」と名付けられたCFRP製のリップスポイラー、ルーフスポイラー、ディフューザーを装着。足もとには、21インチのエンケイ「RS05RRフォージドアルマイトブラックプロトタイプ」と、255/40R21のダンロップ「SPスポーツMAXX GT」を履く。
  これにブリッツの、全長調整式サスペンションと電子制御式の減衰力調整機構を組み合わせた車高調キット「ダンパーZZ(ダブルゼット)-RエアスペックDSCプラス」と、フロントブレーキに「ビッグキャリパーキット2」、リヤブレーキに「ビッグローターキット」と「キャリパーカバー」を装着。ローダウンされた車高も相まって、ショーファーカーのLMにさりげなくレーシーな装いをプラスしている。
  そして後席には、金属工芸家・木寺由布子氏による透かし彫りを、後席のパーティションとオーバーヘッドコンソールにあしらうことで、このクルマだけの特別感を演出している。なお、電子制御式ダンパーの減衰力調整ユニットは、後席のセンターアームレスト内に装着されており、乗り心地の選択権を後席の住人に委ねているのも、ショーファーカーらしい計らいといえよう。
  このうち市販化に向けて開発が進められているLM用ブリッツ製品は「ダンパーZZ-RエアスペックDSCプラス」、「ビッグキャリパーキット2」「ビッグローターキット」と「キャリパーカバー」だけだというが、それがもったいなく思えるほど完成度の高い仕上がりだった。
HKSはレーシングシミュレーターをまるごと搭載!
「トムス・レクサスLM」のカスタマイズコンセプトは、変化しない本質を大切にしつつ新しいものを取り込む「不易流行」。ショーファーカーとして後席の大切な住人をもてなすべく、組子細工のオーバーヘッドコンソールと、オリエンタルカーペット社製の絨毯、日本伝統の柄を印刷したシート表皮を装着し、アームレストパネルを白で塗装。サイドステップにステンレスパネルとイルミネーションを追加している。
  足まわりにはトムスの鍛造アルミホイール「TWF05」(20インチ)とブレーキシステム「トムス×ブレンボ」を装着するものの、「ローダウンでサスペンションストロークが減少するのは後席の乗り心地が最重視されるこのクルマでは好ましくない」との判断から、車高調などは未装着。外観も純正「ソニックアゲート」のボディカラーをベースとして、上部にゴールドのラッピングを施工するのみと、至って控えめだ。
  トムスではこのLMをコンプリートカーとして、ベース車両にプラス800万〜1000万円で販売すべく開発しており、webページ(https://completecar.tomsracing.co.jp/automesse2024/list/lexus-lm/form/)で予約受付中。ベース車自体の入手が困難な状況ではあるものの、より特別なLMを手に入れるまたとないチャンスなのかもしれない。
  HKSの「レクサスLM e-ドライビングコンセプト」は、ショーファーカーとしての特別感を一段と高めるブリッツとトムスのアプローチとは対極にあるといっていい。というのも、プロ仕様のレーシングシミュレーター「DRiVE-X」が、その後席にまるごと搭載されているからだ!
  だが、そんなレーシーそのものの空間に一変した後席も、フロアには木目パネル、ルーフには調光機能付きダウンライトが追加されており、少なからず質感が高められている。
  足もとはタイヤ・ホイールをインチアップのうえ、電子制御ダンパーを活かすべく「HKSハイトダウンスプリング」と、HKS独自チューニングの追加用「パフォーマンスダンパー」を装着。これらは市販化に向けて開発が進められているそうなので、発売を期待して待ちたい。
  この特別すぎる3台のレクサスLM、同時に見比べられるのは、今回のオートメッセが最初で最後かも……?

あわせて読みたい

2024年日本発売のレクサスGXのカスタマイズカー「レクサス×JAOS」のコラボカーが登場!
ベストカーWeb
マットホワイトのレヴォーグレイバックの存在感がヤバい! SUBARU/STIブースは必見【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
限界に挑戦し続ける姿勢とサステナブルな価値観。ヨットレース「アメリカズカップ」に世界が熱視線を送る理由
antenna*
ゴツイタイヤに電子制御サス……レクサスGXのガチオフロード仕様「オーバートレイル」誕生!! 一般道は想像超えの走りだった!
ベストカーWeb
クルマの中にドライビングシミュレーターってどういうこと?? 本格チューニングメーカーが作ったレクサスLMは乗るだけじゃなく運転しても楽しいのか!? 
ベストカーWeb
かわいいぬいぐるみに変形する新アイテムのオリジナルネックピロー発売
PR TIMES Topics
創立50周年記念のトムスが大阪オートメッセ初出展! 80スープラにレクサスLMと注目必至の4台を展示【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
え…これ…売るの? マジで?? TOM’S製レクサスLMが激シブ!! 大阪オートメッセに展示で「商談会」も実施! 大人気必至!!
ベストカーWeb
新TVCM「アニメとススメ!」篇放送開始
antenna
オーナー必見!トヨタ86(ZN6)、GR86(ZN8)/BRZ(ZD6、ZD8)チューニング最前線|東京オートサロン2024|
ドライバーWeb
トヨタから超豪華な2大ショーファーレクサスLMと新型センチュリーが出そろった! 庶民には夢だがもしも買うならドッチがいい?
WEB CARTOP
”おもちゃコンサルタントによる遊びの祭典「東京おもちゃまつり」開催
PR TIMES Topics
【比較試乗】渡辺慎太郎がセレクトする、カテゴリー別乗り心地王座決定戦!「ロールス・ロイス・ファントム vs メルセデス・ベンツ・Sクラス vs マクラーレン・750S vs シトロエン・C5 X vs レクサス・RZ」
CARSMEET WEB
車高は随時アップするのが新常識?? 車高調戦線異常アリ!! トレンドはワンタッチリフトシステムだぜ
ベストカーWeb
dアニメストアが新テレビCMを公開!
antenna
スズキ初のハイブリッド+5速MT! スイフトHIBRID MX 5MT 2WDに期待しかない【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
軽さに命をかけたレイズのホイール! クロカン系SUV乗り必見の「A-LAP」のイケてる度がハンパない!!【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
これがにんじんジュース? 驚きのカゴメ新商品を体験レポート
antenna
1000馬力超えも当たり前! ノーマルのR35GT-Rが子供に見える驚速チューン【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
脱帽レベルの威圧感! ダッジ・チャージャーSRT8をド迫力改造した「MAD BEE」がスゴイ【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」が追い求める「人の可能性」
antenna*