「リバイバルモデル」や「初代オマージュ」には何の意味がある? 当時モノの中古車じゃダメな理由とは

WEB CARTOP
2023.11.02 17:20
この記事をまとめると
■海外では名車をほぼ当時のままの姿で復活させる企画が増えている
■ほぼ同じ姿でありながら、現代のクオリティで蘇り、信頼性が高いことが大きなメリットだ
■日本でも最近では初代モデルの雰囲気を色濃く残したモデルが販売されている
世界中で名車の復活が続いている理由とは
  海外のクルマを見ると、最近は1950年代から1970年代の車種をモチーフにした新型車が散見される。たとえばイギリスのACカーズは、コブラGTロードスターを発表した。1960年代のスポーツカー、ACのシャシーに、フォード製のエンジンを搭載した往年のシェルビーコブラがモチーフだ。
  開発はル・マンで優勝を飾った経験を持つドライバーのキャロル・シェルビーが担当して、V型8気筒エンジンのOHVをDOHCに変更するなどの改良を受けた。これを現代に蘇らせたわけだ。
  ジャガーは美しいEタイプやレーシングカーのDタイプを復活させた。ロータスは、幻のレーシングカーとされるタイプ66、さらにベントレーは1929年式スピードシックスも復刻する。ランドローバーは、ディフェンダーのリバイバルを開発した。このあたりはいずれも少量生産車だが、細部まで忠実に再現している。
  一連のリバイバルモデルが登場した背景には複数の理由がある。もっとも大きな理由は、当時のスポーツカーや悪路向けのSUVには、デザインから運転感覚まで、今日のクルマとは違う独特の味わいや個性があったことだ。空力特性、走行安定性、衝突安全性、歩行者に対する安全確保などでは不利だったが、後ろ姿やボディの一部だけを見ても車種がわかるほど個性的だった。
  そして、これらのクルマに懐かしさを感じるユーザーが、いまでは大人に成長して、可処分所得も増えて、価格が高い少量生産車でも購入できるようになった。1965年に15歳で、前述のクルマたちに憧れたとすれば、生まれたのは1950年だ。いまでは73歳だから、最後のクルマ選びを考えているかも知れない。
  子どもの頃に憧れて、ずっと夢見てきたクルマをカーライフの最後に手に入れる。クルマ好きとしては一番の幸せだろう。
名車復活はクルマを思う存分に楽しめる最善策
  本当なら、当時生産されたクラシックカーを購入すべきかも知れないが、ハードルが高い。そのようなクルマには、ユーザーにも相応の運転技術、メンテナンスの知識などが求められるからだ。マニアでないと手を出しにくい。その意味でリバイバルモデルは、最新型のクルマとは異なるが、常識的に扱える。
  言い換えれば、昔の思い出どおりの運転感覚を味わえる。ここも大切なところだ。実際に40〜50年前のクルマを走らせると「こんな運転感覚だったっけ?」と思うことが多い。いまのドライバーは当然ながらいまのクルマに慣れていて、当時の記憶に残る運転感覚と、現存するそれとは異なるからだ。その意味でリバイバルモデルに乗ると、幻滅したり思い出を汚される心配もほとんどなく、幸せな時間を過ごせる。
  クルマが最先端技術の塊と考えれば、リバイバルは後ろ向きの発想だ。クルマである以上、デザイン、技術、運転感覚など、常に進歩を続けるべきだろう。
  しかし、もはや電動機能を搭載しないクルマに残された時間は短い。安全性や運転支援の進化は、事故を防ぐ最善の技術だが、純粋な運転する楽しさは味わいにくくなってきた。リバイバルモデルを求める気持ちは理解できる。
  日本車ではあまり話題にならないが、フェアレディZは初代モデルがモチーフで、リバイバルモデルの性格を併せ持つ。また、発売を予定しているランドクルーザー70は、基本設計が約40年前と変わっていない。
  2014年に一度復活したときに試乗したら、無意識にダブルクラッチを踏んでいたのには自分でも驚いた。私の体が昔の70の運転感覚を覚えていた。
  マツダロードスターのベーシックなSも、1989年に発売された初代の面影を色濃く残す。定常的なコーナーを曲がっていくと、前輪ではなく、後輪から徐々に滑り始めた。リバイバルモデルではないが、カーブを曲がるときの挙動は昔とソックリだ。
  試乗していたら、いまでは忘れていたバブル経済のころの記憶が驚くほどリアルに蘇り、ちょっと涙をこらえた。ほぼ同時期に本物の初代ロードスターを運転したときは、感覚のズレを感じたが、現行モデルのSは思い出のなかを走るロードスターそのものだ。現行ジムニーにも昔の面影がある。
  昔を懐かしむために、クルマを買う方法もあるだろう。ご同輩の皆さん、そろそろ、このようなカーライフを楽しんでも良いではありませんか。

あわせて読みたい

「実はスポーツカーに不利」ってマジかよ!!?? みんな大好きリトラクタブルライトの消えた理由と復活可能性
ベストカーWeb
偉大な「ビッグネーム」の力を借りてもダメだった〜! じつは失敗だらけの「人気モデルの派生車」たち
WEB CARTOP
Eggs ’n Things ホワイトチョコたっぷり!バレンタインのアンサーパンケーキを期間限定販売
PR TIMES Topics
こんなクルマよく売ったな!! 【愛すべき日本の珍車と珍技術】 ロータリー復活に沸く今 改めて4ドア4シータースポーツカー「RX-8」を振り返る!
ベストカーWeb
どの世代でもひと目見れば「同じ車種」だとわかるレベル! 初代からずっと「同じ路線」を貫き続けるクルマ6台
WEB CARTOP
夏の楽しみ再び!「WATERBOMB JAPAN 2024」開催決定
antenna
ロードスターと911はいまでも忘れられない楽しさの塊! 【史上最高の国産車と輸入車を挙げてください 青山尚暉編】
WEB CARTOP
熱い情熱で「大企業」すら動かした「名開発者」4人と誕生した奇跡のようなクルマ
WEB CARTOP
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
マツダ社員が紡いだロータリーの軌跡!! 執念の試作車が生んだ「RX-8」誕生秘話
ベストカーWeb
すっきりしながらもグラマラス!衰えぬ人気のマツダの新型「ロードスター」の進化した点
&GP
凹凸が口に触れにくいなめらかな口当たりの「Daily ウォーターボトル」に新色登場
PR TIMES Topics
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
GRスープラには「爆弾」が必要だァ! ぜひ”豊田章男スペシャル”を作ってほしい!! 【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
モデルチェンジを繰り返したら売れなくなった!? かつての大ヒット車4台の販売が落ち込んだ理由
WEB CARTOP
基本同じクルマなのになんで値段に差がある? MTとATの価格が異なるワケ
WEB CARTOP
いまブイブイ言わせてるA110のご先祖の「クラシックA110」ってどんなクルマ? 試乗経験のあるジャーナリストが「根底は同じ」と語るワケ
WEB CARTOP
名車の影に「ロータス」あり! いすゞの「ハンドリング by ロータス」は名前貸しじゃなく「ガチ開発」のホンモノだった
WEB CARTOP