伝統の「IAA」がミュンヘン開催へ! まさかの日本メーカー出展ゼロの衝撃!!

WEB CARTOP
2023.09.30 07:00
この記事をまとめると
■9月初旬にドイツ・ミュンヘンでIAA2023が開催されていた
■展示内容の多くはBEVやNEVとなっており、日本車メーカーは出展しなかった
■新興国では中国製BEVが存在感を増しており普及率も年々上がっている
IAA2023では日本車メーカーの出展なし!?
  9月初旬にドイツ・ミュンヘンでIAA2023(国際モーターショー2023/通称ミュンヘンショー/奇数年の隔年開催)が開催された。2019年までフランクフルトで開催されていた、それまでの通称「フランクフルトショー」から、会場をミュンヘンに移し2021年から開催されているが、展示内容はBEV(バッテリー電気自動車)を中心としたNEV(新エネルギー車)の展示に的を絞ったものとなっている。
  2021年に比べると少しはフランクフルトショーのころに展示内容が戻っているとも聞くが、相変わらず主役はNEVなのは変わらない。そして、IAA2023会場内には日本の完成車メーカーがいなかったと報じられている。
  そもそも日本車は欧州市場を苦手としており、韓国ヒョンデや起亜のほうが存在感を見せていた。そんななか、2015年にVW(フォルクスワーゲン)によるディーゼルゲート事件が発覚すると、欧州市場でのディーゼル熱は冷め、トヨタを中心とした日本メーカーの優れたHEV(ハイブリッド車)が注目され、いまに至っている。
  とはいえ、日本メーカーはNEVを苦手としており、理由はざまざまあるだろうが、IAA2023にも出展することはなかったようである。
  日本ではよく「BEVはビジネスとして成り立っているのか」という話が出てくる。単純にBEVだけの販売による収支を見れば成り立っているとはいえないだろう。日本では輸入ブランドのBEVが多数ラインアップされているが、その多くは在庫がダブつき気味のように見えるし、これは世界的傾向のようにも見える。そして、ICE(内燃機関)車に比べれば価格が割高で生産コストもかかるので、仮に販売できても利益自体はICE車ほど期待することはできないようだ。
  それでも欧州や中国メーカーが積極的にラインアップを増やす背景には、ICE車では日本メーカーの優秀なハイブリッドユニットや優れた燃費性能と環境性能で技術的に対抗することできないと感じているからにほかならない。そこでBEVで出遅れている日本メーカーをなんとかして排除し、次世代で覇権を握ろうと動いていると見る向きが大きい。
欧州では「EV=お金持ちのステータスシンボル」的なイメージ
  アメリカのなかでも環境問題に積極的なカリフォルニア州を走るBEVは圧倒的にテスラ車が多い。アメリカのメーカーであることや、独自の短時間充電などの理由もあるが、結局は現時点での選択肢はテスラしかないともいえるだろう。
  欧州メーカーもBEVに積極的とはいうものの、ラインアップしているのは高級ブランドばかりが目立つ。つまり、いわゆる西側諸国では、BEVは金持ちのステータスシンボル的なイメージで売れているように見える。
  しかし、アンタッチャブルに近かった欧州での大衆ブランドクラスのBEVとして、中国メーカーが欧州市場での販売を積極的に展開してきて大騒ぎになっているのはすでに多数報道されている。
  一方の新興国市場では“テスラ”の存在感はそもそも薄い。代わって目立っているのは韓国や中国のメーカーとなる。つまり、新車自体まだまだ高嶺の花に近いのだが、それでもアジア系メーカー主導での大衆ブランドBEVが普及を後押ししているのである。欧州では地球環境問題など漠然とした理由でBEVが普及しているが、新興国では深刻な大気汚染と原油輸入に使う外貨を抑えたいという現実的な狙いで、BEVに対し各国政府が注目しているようだ。
  もちろんBEV生産国としての覇権も握りたいようだが、同じように大気汚染や原油輸入という側面でBEVを普及させてきた中国と新興国のロジックが近いし、中国アレルギーも少ないので、より普及が目立っているようである。
  また、BEV単独でのビジネスという視点ではなく、「BEVもありますよ」として、それを苦手とする日本メーカーより先進性をアピールしようとしている側面もあるようだ。事実、インドネシアではその効果が出ているようで、首都ジャカルタ都市圏ではここのところヒョンデ車がよく売れるようになっている。中国メーカーもBEV一辺倒ではなくHEVやガソリンエンジン車もラインアップしている。
「BEVに将来はない」「BEVが次世代ではない」というのは正論かもしれない。そして、BEVの次の世代として水素燃料車が注目されているのも確かな話。ただし目の前では、BEVは先進性アピールなどのツールとして利用されている側面もある。日本では「正論を述べていればきっとわかってもらえる」という風潮が強いようにも見えるが、果たして「BEVは触らない」ともとれるスタンスを貫き通すことが結果的に正しいことなのか筆者は疑問にも思っている。現にIAA2023で日本メーカーが存在感を示せなかったということは多少なりともショッキングなトピックにも思えるのだが……。

あわせて読みたい

まさかの光岡車までゾロゾロ! 日本車王国「タイ」の街中クルマウォッチングが面白すぎてやめられない
WEB CARTOP
【おしゃれな大人の試乗フェス!】テスラ、ヒョンデ、BYD… U-500万円で手に入る新鋭EVのベストチョイスは?
WEB UOMO
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
ジャパンモビリティショーは成功したが欧米の「オートショー」は衰退気味! 如何ともしがたいメーカーの推しと消費者の推しのズレ
WEB CARTOP
1年を待たずに街行くクルマがガラッと様変わり! 日本車王国だったタイに中韓BEVが溢れている
WEB CARTOP
LUSH「イースター限定コレクション」全35種を2月29日(木)より発売
PR TIMES Topics
ガソリン車縮小で日本メーカーは再興できるか?
東洋経済オンライン
環境問題よりも一般ユーザーは日々の生活が大切! BEVはユーザーがメリットを感じなければ普及しない
WEB CARTOP
自分好みにカスタマイズ!バブルフレームより新商品FLAP CASEシリーズ登場
PR TIMES Topics
オプション設定はほとんどなし! BYDの「買いやすさ」追求の戦略は脅威的!!
WEB CARTOP
中国勢ブースはニューモデル続々登場で華やかな一方……「日本車メーカー」ブースは閑古鳥なところも!?【広州モーターショー2023】
ベストカーWeb
水と音楽が織りなす夏のエンターテイメント「WATERBOMB JAPAN」が2024年も日本で開催決定!
antenna
乗ってみたらヒョンデKONAがけっこう脅威! 攻めた装備と大胆デザインの勢いがスゴイ
WEB CARTOP
タイでMGがジワジワ存在感を増している! トレンドを察知して瞬時に動く中国メーカーの「らしさ」
WEB CARTOP
遊び心満載のモダンクラシックな新作「レイヤード・パフェ」登場
PR TIMES Topics
ホンダWR-Vはヒットの予感……だけど強すぎる同門「N-BOX」が立ち塞がる懸念が拭えない!
WEB CARTOP
自動車業界の覇権争いを制するのはどこか…トヨタが中国「BYD」に屈する日
現代ビジネス
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
三菱自動車の「中国撤退」が日産・ルノー連合依存からの脱却につながる理由 - モビリティ羅針盤~クルマ業界を俯瞰せよ 佃義夫
ダイヤモンド・オンライン
久々に中国名物「パクリカー」が登場! タイでお目見えした「ORA 07」は堂々ポルシェブースの隣だった
WEB CARTOP