【91歳の医師が教える】 顔は覚えているのに名前が出てこない… 認知症の前段階「軽度認知障害」なら カムバック可能という真実 - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣

ダイヤモンド・オンライン
2022.10.01 03:45
「あれ? いま何しようとしてたんだっけ?」「ほら、あの人、名前なんていうんだっけ?」「昨日の晩ごはん、何食べんたんだっけ?」……若い頃は気にならなかったのに、いつの頃からか、もの忘れが激しくなってきた。「ちょっと忘れた」というレベルではなく、40代以降ともなれば「しょっちゅう忘れてしまう」「名前が出てこない」のが、もう当たり前。それもこれも「年をとったせいだ」と思うかもしれない。けれど、ちょっと待…

あわせて読みたい

91歳の医師が 「認知症は不治の病」 と断言したワケ - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
【91歳の医師が教える】 認知症のリスクを高めてしまう… 年齢を重ねるほど 絶対に避けなければならないこと - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
【土屋鞄製造所 × ミナ ペルホネン】描きおろし絵柄を使用したコラボランドセルが登場
PR TIMES Topics
【91歳の医師が教える】 「カレーは飲み物」 と豪語するような人に “将来待ち受ける危機” - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
【91歳の医師が教える】 もの忘れが酷くなって後悔しないために… 脳を鍛えるには「下半身の筋肉を動かすといい」 と断言するワケ - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
【家とクルマ】使える道具であり安心できる存在
Jeep®
【91歳の医師が教える】 意地でもパンツをはかない、食事をしない…徹底的に逆らう認知症患者の“不可解な行動”に隠されたワケ - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
人の名前が出てこなくなった… えっ、これって認知症の一歩手前? 【脳を鍛えるためにできること】 91歳の医師が 10年以上続けてきた日課とは!? - 91歳の現役医師がやっている 一生ボケない習慣
ダイヤモンド・オンライン
京都のさらなる魅力を探る!絶景プロデューサー詩歩の「ドライブ×絶景」二人旅
antenna*
「認知症の兆候」を手軽に把握するサービスの数々
東洋経済オンライン
【『世界一受けたい授業』で話題】 脳を鍛えるには運動しかない… 「人の名前が出てこない」「約束を忘れがち」 そんな人がボケないために絶対にやるべきこと - 10年後、後悔しない体のつくり方
ダイヤモンド・オンライン
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
【91歳の医師が教える】脳の健康を守り、もの忘れを防ぐ…血流を増やして一生ボケない脳をつくる超シンプルにして効果的な習慣[見逃し配信・10月第3週] - 書籍オンライン編集部から
ダイヤモンド・オンライン
「キレやすい子ども」になってしまう親のNG習慣・ワースト1[見逃し配信・10月第5週] - 書籍オンライン編集部から
ダイヤモンド・オンライン
筋疲労と痛みをケア。オムロン 低周波治療器の実力をテニス界のレジェンドがチェック!
antenna*
「人を平気でいじめる人」のたった1つの特徴[見逃し配信・10月第4週] - 書籍オンライン編集部から
ダイヤモンド・オンライン
「認知症の発症リスク」を4割減らせる12の要因
東洋経済オンライン
テニス指導者【坂井利彰氏が解説】オムロンの低周波治療器がおすすめの理由
antenna*
最新医療の裏付けを持った認知症予防・未病のためのオンラインプラットフォーム
PR TIMES
【『世界一受けたい授業』で話題】内臓脂肪を落とし「高血圧」「高血糖」を解消する“正論にして王道の方法”[見逃し配信・11月第2週] - 書籍オンライン編集部から
ダイヤモンド・オンライン
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*