1990年の日産マーチRが660万円! クルマの文化祭は今年も熱かった

2024.05.14 10:00
2024年4月12日(金)から14日(日)にかけて、千葉県の幕張メッセにてクルマ文化の祭典「AUTOMOBILE COUNCIL 2024」が開催された。筆者が気になった車両を写真とともに紹介したい。 ■連載「クルマの最旬学」とはポルシェより同時代のメルセデスが狙い目?「AUTOMOBILE COUNCIL」は、ヘリテージカーを中心としたクルマ文化の祭典で、車両の展示や販売のほかに音楽ライブや現代…

あわせて読みたい

1900馬力のハイパーGT! “f”のエンブレムを初めて掲げたピニンファリーナ「バッティスタ」はジェット機のような加速感
&GP
幻のWRCカーと呼ばれる「トヨタMR2 222D」の展示も! 四国唯一の自動車博物館は希少モデルの宝庫だった
CARSMEET WEB
日本の匠の技や美を日常使いの品に取り入れた新ブランド「TENAS」誕生
PR TIMES Topics
いくら魅力を語れど売れなくなるには理由がある! セダン&ワゴンが日本で衰退しているワケ
WEB CARTOP
イロモノみたいだけど4000台近くも売ったガチの水陸両用車! 日本でも5台が販売された「アンフィカー770」は水陸両用車に人生を捧げた男の傑作だった
WEB CARTOP
第27回:追悼マルチェロ・ガンディーニ(前編) ―すべてのランボは「カウンタック」に帰結する―[カーデザイン曼荼羅]
webCG
【イベントリポート】ガンディーニ追悼展やセナ没後30年特別企画も実施。オートモビルカウンシルが幕張メッセで開催
CARSMEET WEB
第28回:追悼マルチェロ・ガンディーニ(後編) ―カーデザインを変え、時代を変えた男―[カーデザイン曼荼羅]
webCG
破格の1800万円「スカイラインGTS-R」納得の理由
東洋経済オンライン
人生最後のエンジン車、クルマジャーナリストが選ぶ1台はこれだ!
GOETHE
紆余曲折を経たランボルギーニの未来を懸けた野望。手頃なサイズの2+2シーター「ウラッコ」(前編)
MEN'S EX
カウンタックをデザインした、マルチェロ・ガンディーニに捧げる1冊が登場!
CARSMEET WEB
品薄続きで人気爆発のランクル“70”は、本当にいいクルマなのか?【試乗】
GOETHE
“911”への情熱が結実! もとロックミュージシャンが手掛けるポルシェ911レストア「シンガービークルデザイン」
&GP
極端なEV普及の目標は次々と修正! それでも国産メーカーのEVラインアップを増やすべき理由
WEB CARTOP