いまEV専用タイヤが増加中! クルマとしての用途は変わらないのに普通のタイヤと何が違うのか?

2024.03.23 13:00
この記事をまとめると
■EV専用タイヤは普通のタイヤとどこが違うのか解説
■EVによる車重への対策や転がり抵抗、静粛性は重視する
■ハイパフォーマンスEV用のタイヤはさらに条件が厳しくなってくる
急増中のEV用タイヤとは
  クルマのなかでももっとも重要な部品といわれているタイヤ。車体の中で路面と唯一接している部品であり、タイヤから路面に進んだり、止まったり、曲がったりとクルマのあらゆる力を伝えている。近年EVが増えてきてEV向けタイヤなるものも登場してきているが、通常のタイヤとの違いはあるのだろうか? EV向けだからこそのポイントを紹介する。
重さへの対策
  通常のタイヤとEV向けのタイヤの違いは、結論からいえばある。それはEVの重さが関係してきている。EV、とくにバッテリーのみで駆動するBEVはバッテリーが重たいため、同じボディサイズのエンジン車(ICE)やハイブリッド車と比べると車重がどうしても重たくなってしまう。この重たい車重に対しての対策が必要となるのだ。
  具体的な対策でいえばタイヤ剛性と耐摩耗性を高めて対応している。車重が重たいため剛性が高くないと、ハンドリング性能やコーナリング時のフィーリングがよくなく、安定感に欠ける印象となる。また、重たいクルマのほうがタイヤは減りやすい、耐摩耗も高めておかないとエンジン車とは同じ感覚でいたらあっという間にタイヤが減ってしまう。
商品価値を考えると転がり抵抗と静粛性も重要
  また電気自動車向けという商品付加価値を考えると、燃費性能(電気自動車の場合は電費性能だが)に響く転がり抵抗を抑えて、静粛性を高めることも重要になってくる。静かで環境に優しいというのはEVの売りポイントである。「EV向けタイヤ」そんな商品コンセプトが大前提にある以上、転がり抵抗と静粛性を犠牲にしたタイヤを作ることはできない。
  もちろん、これまで紹介した性能を高めつつもウエット性能といった安全性能をおろそかには出来ない。EV向けのタイヤはあらゆる性能を引き上げたワガママなタイヤなのだ。
ハイパフォーマンスEV向けタイヤはもっとワガママ!
  そして最近はハイパフォーマンスな電気自動車も登場してきている。そのような電気自動車向けのタイヤとなると、エコなイメージにプラスしてスポーツ性能も必要となっている。高いグリップ性能やハンドリング性能などだ。
  たとえば、ミシュランタイヤのスポーツタイヤといえばパイロットスポーツシリーズだが、そのラインアップの中にスポーツEV向けの「PILOT SPORT EV」というタイヤがある。このタイヤは転がり抵抗を抑えて静粛性を高めるという一般的なEV向けタイヤと同じ配慮をしつつも、スポーツ性能を高めている。その実現にはコンパウンドの変更に留まらず、ケーシング全体の最適化や構造部材の選択など、あらゆる要素を含めてタイヤ全体をパッケージングさせる高い技術力が必要なのだ。
  いい換えてみればEV向けタイヤは総合性能が高いといえるだろう。だからといってEV向けタイヤをエンジン車に装着するのは間違えといえる。確かに問題なく走るだろうが、想定している車重がマッチしないため乗り心地やバネ下重量など、総合的に見たらベストな選択とはいえないだろう。商品コンセプトや各種性能バランスをチェックして自身のクルマとカーライフに合ったタイヤを選ぼう。

あわせて読みたい

【サマータイヤ バイヤーズガイド 2024】高い静粛性と運動性能が特徴のSUV専用タイヤ「ブリヂストン・アレンザLX100/アレンザ001」
CARSMEET WEB
EVの中古はバッテリーの劣化が心配……は10年前の情報を元にした論調! いまやバッテリーの劣化対策も進んでいた!!
WEB CARTOP
スイカ好き革職人がつくった「スイカのキーケース」発売
PR TIMES Topics
【試乗】メルセデスのスーパースポーツが4WD+4WSでさらに激速に生まれ変わった! AMG GTクーペをサーキットで全開走行
WEB CARTOP
表面を何度も張り替えて使うなんて当たり前! 乗用車用をデカくしたものかと思いきや「トラック用タイヤ」はまったく別の性能が込められていた
WEB CARTOP
瀬戸焼の技術で丁寧に作られたマリアンヌ・ハルバーグの人気アイテム
PR TIMES Topics
静かで快適! コーナリング性能も高し! グッドイヤーからシティ派SUV乗りにピッタリの激熱タイヤが出た
WEB CARTOP
第797回:電動車時代を見据えた、ミシュランが目指すサステイナブル性能とは?[エディターから一言]
webCG
「IL BISONTE」よりネックウォレット発売
PR TIMES Topics
【ニュータイヤテスト】クルマを操る楽しさとワンランク上のドライビングを体感できるスポーツタイヤ「コンチネンタル・マックスコンタクトMC7」
CARSMEET WEB
航続距離最大50km延長、革新的なウィンタータイヤ! BMWとピレリ、欧州「Aクラス」ラベリングのタイヤを共同開発
CARSMEET WEB
クルマは軽ければ軽いほどいい……っていわれてなかった? じつは重いことによるメリットも存在した!
WEB CARTOP
第793回:ハイパフォーマンスなのに静かでエコ!? グッドイヤーの新製品「イーグルF1アシメトリック6」を試す[エディターから一言]
webCG
ヒョンデ・アイオニック5 N(4WD)【試乗記】
webCG
自由自在に動かせる!! ノートの4WDがマジでイイのよ! ハンドリングで選ぶコンパクトカー3選
ベストカーWeb
グリップが大切なレース用タイヤは溝なしのツルツル! だったら市販車のタイヤの溝は何で必要?
WEB CARTOP
トヨタ・クラウン スポーツRS(4WD/CVT)【試乗記】
webCG