お買い得……とも言えるが知らずに飛びつくと落とし穴も! 意外と知らない「在庫車」と「未使用中古車」の中身と買い方

2024.03.22 11:40
この記事をまとめると
■注文を受けたら即納車できるよう、販売店では一部車種で在庫車を抱えている場合がある
■在庫車は好みの内外装にすることはできないが、割引やオプションのサービスが受けやすい
■「登録済み未使用中古車」を購入する際は価格や年式に注意する必要がある
在庫車って中古とは違うの?
  軽自動車では、契約から短期間で納車を希望するユーザーも多い。ほかのカテゴリーに比べて、生産/販売台数が多い事情もあり、販売店は軽自動車の在庫車を豊富に用意する。
  とくに3月決算フェアでは、3月中に登録や届け出を行わないと、決算の数字に反映させられない。そこで販売店は、販売台数の多い軽自動車やコンパクトカーを中心に、スグに納車できる在庫車を用意することも多い。
  最近は半導体などの供給体制が元に戻りつつあり、納期も短縮傾向にあるが、それでも3カ月以上を要する車種が目立つ。3月中に登録や届け出をするには、2023年中に契約する必要があるが、在庫車なら話も変わる。すでに車両があるから、3月中旬に契約して届け出や登録を月末までに済ませることも可能だ。
  販売店では「特定の売れ筋車種は、予め決算期に売るための在庫車を用意している。希望にあった車種と仕様があれば、値引きや販売店で装着するディーラーオプションのサービスなどを通常よりも積極的に行える」という。
  見方を変えると、在庫車は新規の発注と異なり、グレード、生産ラインで装着するメーカーオプション、内外装の色彩などを自由に選べない。その代わり、値引きやディーラーオプションを交渉する余地が生じるわけだ。
  クルマはサイズが大きな商品だから、保管するにも広い駐車スペースが必要でコストを要する。そのために販売会社も在庫車は早めに売りたいと考えており、値引きや各種サービスの商談をしやすい。自分の好みに合った在庫車が見つかれば、選ぶ価値は高いだろう。
軽自動車はもっとお得! しかし……
  とくに軽自動車は大量に売られるため、販売会社とメーカー間の受発注をシンプルにする必要があり、メーカーオプションの種類が少ない。大半はディーラーオプションだから、車種とグレード、色彩が合えば購入できる。希望している車両が人気車の売れ筋グレードで、ボディカラーもホワイトやブラックになる場合は、好みの在庫車が見つかる可能性も高い。
  一方、在庫車に似たクルマとして、選ぶときに注意したいのは、登録(届け出)済み未使用中古車だ。販売会社が保管コストなども含めて、在庫車をもち切れず、新車なのに登録や届け出を行って中古車市場へ放出した車両だ。軽自動車では、メーカーが生産ペースを落としにくい事情もあり、走行距離が50km以下の届け出済み未使用中古車も豊富に流通している。
  このような中古車では、車両価格が新車に比べて大幅に安くても、納車整備費用などの名目で法定外諸費用を多く請求してくる場合がある。したがって、選ぶときは請求金額のすべてが記載された見積書を取り寄せ、新車の購入と比べて判断したい。
  また、登録(届け出)済み未使用中古車には、2024年3月の時点でも、2023年式が多く流通している。走行距離は50km以下でも、最初に登録や届け出を行ったのは前年だ。このような車両は、2024年式に比べて、数年後の売却額が安くなる。売却時の査定は、車種やグレード、走行距離に加えて、年式も大切な基準になるからだ。新車の在庫と、登録(届け出)済み未使用中古車では、選び方や損得勘定が明確に異なるから注意したい。

あわせて読みたい

最近流行のクルマの「サブスク」! ぶっちゃけ「何がよくて」「ネガな点はどこ」なのかまとめてみた
WEB CARTOP
人気とタマ数のバランスでまさかのお得感! 100万円以下とかありえない「コスパ最強」の中古車をピックアップした
WEB CARTOP
中川政七商店×日本草木研究所 初コラボ「奈良の森シロップ・サイダー」
PR TIMES Topics
トヨタが「シエンタ」を一部改良 人気のオプションを標準装備に
webCG
コミコミ100万円以下で買えるオススメ“基地ベースUカー”【MyCar秘密基地計画】
&GP
【NEW ERA】ブランド初のスノーウェアライン「NEW ERA SNOWBOARDING」登場
PR TIMES Topics
スペーシアが5月の新車販売でトップに! N-BOXの首位陥落の理由は「ダイハツの不正問題」と「WR-Vの好調」にあり
WEB CARTOP
2024年上半期の新車販売台数は昨年割れ! 復活の鍵は「トヨタの納期」と「ダイハツの出荷」回復にあり!!
WEB CARTOP
誓約書にも「転売ヤー」には効力なし! 結局新車の転売を防ぐにはメーカーが「ほしいクルマをすぐ買えるようにする」しかない
WEB CARTOP
中身は基本同じ車種! メーカーにこだわりなければドッチが正解? ベース車とOEM車はどちらがお得なのか
WEB CARTOP
ずーっとトップを独走してきたN-BOXがやや危うし!? ライバルに迫られる理由は「同門」の人気車登場にあり
WEB CARTOP
発売直後の「販売目標の◯倍受注」発表は人気のバロメーターじゃない! 大切なのは「その後の納車台数」にアリ
WEB CARTOP
型式指定認証不正で新車販売現場は混乱する……と思ったらそうでもない! コロナ禍以降の「長納期慣れ」で消費者は意外にも冷静だった
WEB CARTOP
新車購入でお馴染みの光景「値引き交渉」はまもなく姿を消す!? 家電で広がる「指定価格」が新車にも導入される可能性
WEB CARTOP
物価高騰なのに給料上がらん……それじゃ新車も売れないよ! でも「ダイハツ復活」が視野に入る「夏商戦」は安ウマな軽を中心に盛り上がる可能性!!
WEB CARTOP
やっぱりクルマは自分のものにしたい……ってのは古い考え方? 買えない人気車に乗れるけど最後は返却する「サブスクサービス」を考える
WEB CARTOP