2023年に世界を驚かせたBYDの躍進! さらなる日本戦略が発表された

2024.03.05 17:00
この記事をまとめると
■BYDが2024年の戦略発表会を行なった
■2023年は日本で1446台のBYD車を販売し、2024年以降は毎年1車種以上のモデルを日本に導入する
■BYDアット3にアップグレードを実施して大型ディスプレイを15.6インチに拡大、価格を450万円に変更
日本にも完全に定着した感のある中国車メーカーのBYD
  EV普及に鈍化の兆しが見えているという報道もあるが、将来的にEVがありふれた存在となったとき、2023年はターニングポイントのひとつになるであろうことは間違いない。テスラ・モデルYが2023年にEVとして初めて世界でもっとも売れたクルマとなったことがそれを証明している。そして、そんなテスラを上まわる台数のEVを販売したのがBYDだ。その台数はじつに300万台オーバー。BYDは自動車販売台数でトップ10にも入るほどの躍進を遂げている。
  いまや世界一の自動車メーカーとなったBYDが、2024年3月1日、2024年の戦略発表会を行なった。発表会には、BYDジャパンの劉学亮代表取締役社長とBYDオートジャパンの東福寺厚樹代表取締役社長が登壇。
  BYDジャパンの劉社長は、まずは2024年央に発売予定のシールを皮切りに、以降、毎年1車種以上のモデルを継続的に日本に投入していく予定であることを発表した。導入を検討している車種の名前は明かされることはなかったが、BYDにはドルフィンよりもさらにコンパクトなシーガルやラグジュアリーミニバンのデンツァD9、プレミアムSUVにカテゴリーされるヤンワンU8など、魅力的なモデルが多数揃っているだけに、期待は高まる。
  一方、BYDオートジャパンの東福寺社長は2023年の販売実績を総括。参入時に掲げた販売目標の2000台を達成することはできなかったが、それでも2023年1月から12月までの1年間でアット3を1198台、ドルフィンを248台、合計1446台のBYD車を販売したことを発表。さらに、販売拠点も順調に整備が進められており、現時点(2024年3月2日時点)で全国51拠点を展開、2025年末までには100店舗を目指す予定であることを強調した。
  両者の発表からは、いずれも今後のBYDのさらなる躍進を感じさせる自信を伺うことができた。
  さて、発表会では2024年の戦略とともに、アット3にアップグレードが施されることもアナウンスされた。
  その具体的な内容は、外装色コスモスブラックと内装色ブラック/ダークブルーの追加、テールゲートのデザインロゴの変更、大型タッチスクリーンを12.8インチから15.6インチに変更、そのほか使用可能なアプリの追加とソフトウェアのアップデートといったところだ。
  これらアップでグレードによりアット3はこれまでの440万円から450万円となっている。
  2023年にもっとも躍進を遂げた自動車メーカーともいえるBYD。その勢いは2024年もとどまるところを知らないようだ。

あわせて読みたい

今度のCEV補助金は日本メーカーが圧倒的に有利! 純エンジン車もHEVもいいけどいまこそBEVの車種拡充も頼む!!
WEB CARTOP
太っ腹! 足りないEV補助金を20万円補助する「テスラ補助金サポート」を4月2日から開始! BYDは金利0%キャンペーン実施!
ベストカーWeb
レトロカラーのヴィーガンネイル 新色6色をデュカートより発売
PR TIMES Topics
BYDドルフィンは安くて高性能!? bZ4Xは好印象も足りない部分って? 日中韓EVを直接比較
ベストカーWeb
アジアでは価格発表が一大イベントに! いま新車の「発表」と「価格公開」時期をあえてズラすメーカーが増えているワケ
WEB CARTOP
物流業界に焦点を当てたオリジナルクラフトビール「LOGI BEER -MIKAN SAISON-」登場
PR TIMES Topics
2024年6月発売予定の「BYD SEAL」登場に期待大!! BYDが日本国内戦略を発表し2025年末までに全国100店舗展開へ!
ベストカーWeb
長澤まさみさんはいないけど……会場に行くのも「ありかも」? BYDが「ATTO3」や「ドルフィン」に未発売の「SEAL」まで展示するイベントを原宿で開催中! 
ベストカーWeb
東急の新しいデジタルチケットサービス「Q SKIP」の魅力
antenna
単に価格勝負で日本市場を狙っていない! BYDの侮れないブランド戦略とは
WEB CARTOP
中国EV2位「広汽アイオン」がタイ工場の建設開始
東洋経済オンライン
福島の豊かな地域資源・未利用資源を活用した新製品「アロマスプレー50ml」の先行販売開始
PR TIMES Topics
[BYD]が都内有数の輸入車販売激戦区[東京・目黒]に正規ディーラーをオープン! 日本での出店ペースが加速!!
ベストカーWeb
BYDの日本での本気度が伝わる! いよいよ全国のディーラーで認定中古車制度をスタート!! 中古EVの価値も安定するのか?
ベストカーWeb
父の日に贈る、お酒が香る3種のショコラ
PR TIMES Topics
人気のe-SUVに新カラー登場! アップデートした「BYD ATTO3」が税込450万円で発売
CARSMEET WEB
「カワイイ」で人気だったウーリン・エアEVのブームが終了!? インドネシアで見えたBYDの台頭
WEB CARTOP
テスラ失速! もうどうにも止まらない……販売不振で30万円値下げ! 低価格車EVの投入前倒しへ
ベストカーWeb
中国自動車市場で「EV・PHVの価格競争」に拍車
東洋経済オンライン