トライトンの雪山仕様のタフ感に圧倒される! アウトドア派を魅了する三菱ブース【大阪オートメッセ2024】

2024.02.11 10:30
この記事をまとめると
■大阪オートメッセ2024が開催
■三菱ブースは見どころが満載だ
■発売直前のトライトンも展示されている
試乗デモコースのトライトンにも注目!
  昨年末、デリカミニにシャモニーが追加されたのに続き、2月15日にはフルサイズピックアップトラックのトライトンが本邦でも発売されるとあって、話題の新作が続く三菱自動車。大阪オートメッセ2024におけるブースの見どころはまず、東京ですでにお披露目した「トライトン・スノーシュレッダー・コンセプト」に近づいてみよう。
  雪山でのバックカントリーをイメージした装備品や、ピックアップならではのベッド(荷台)の縁エッジを利して、いわゆる「ヤグラ」化しつつも、荷台にパイプで組むよりスマートで荷室容量を犠牲にしない積載の仕方に注目だ。
  もうひとつの注目ポイントは、剥き出しの鉄板に雪が張りついては溶融を繰り返したような、ボディそしてバンパーやフェンダーの不思議な質感。もちろんボディそのものにダメージがあってはならないので、カッティングシートによって実現されている。とはいえカッティングシート自体が、印刷レイヤーや透明レイヤーを複数層、重ねた特注モノだという。
  三菱の現行ラインアップの主要どころが勢揃いするブース内で、トライトンが大きい側の筆頭とすれば、小さい側筆頭がデリカミニのシャモニー。
  とはいえ東京オートサロンのときにはなかった、コンプリートパッケージ装着車両であることに注目したい。つまり、純正オプションのみならず、ディーラーオプションとして選べるパーツが4点、ホワイトパール仕様のエクステリアに装着されている。
  まず目が行くのは、ダイナミックシールドをさらに強めるグロスブラック仕上げのフロントグリルガーニッシュ。もちろん6スロットそのままの、純正パーツ同様のカタチだ。ほかにマッドフラップとルーフラックアタッチメント、そしてベースキャリアが「シャモニー・コンプリートパッケージ(14万2010円)」に含まれ、これらディーラーオプションをフル装着した仕様が公開されるのは、今回の大阪オートメッセ2024が初となる。
  足もとの10本スポークホイール「マッドクロスレンジャー」と、適度にチャンキーなトレッドパターンを備えつつホワイトレターの入った「トーヨー・オープンカントリーR/T」だけが、実際の純正仕様と異なるところだが、足もとを変えるだけでここまでイケる、というイメージが実車を前に膨らむはずだ。
  ちなみに大阪オートメッセでの三菱の見どころは、ブースのみにとどまらない。2号館から南に入った先、屋外の試乗デモコースでも、アウトランダーやデリカの4WDシステムによる走破能力や登坂能力のデモが見られるのだが、コース脇にしれっと市販仕様、ジェットブラックマイカ外装色のトライトンが置かれているのだ。
  やはり、本格ピックアップトラックだけに、屋外で確認してこそ映える存在感とディティールではある。まず全天候型のベッドは、頑丈そうなコーティングごと頼もしく、内側のヒッチもゴツいビス止めだ。リヤシートの足もともけっこう広いし、前列2席はかなり快適そう。
  すでに受注は全国で1000台以上入っているというウワサもあるが、デビュー前にひと足早く実車をチェックできる千載一遇のチャンスとして、屋外の試乗デモにも是非、足を運んでみて欲しい。

あわせて読みたい

乗ったら絶好調の理由がわかった! 三菱トライトンが目標の8倍も売れるワケ
WEB CARTOP
マットホワイトのレヴォーグレイバックの存在感がヤバい! SUBARU/STIブースは必見【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
真っ赤ないちご色が目を引く!季節限定の詰合せが登場
PR TIMES Topics
自動車メーカーってこんな攻めるの!? カスタムカーショーでみつけたメーカー謹製の自由すぎる改造車5選
WEB CARTOP
新型トライトンに背面タイヤってマジ!? しかもアイアンバンパーなのに先進装備まんま使えるってスゴくない!?!?
ベストカーWeb
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」が追い求める「人の可能性」
antenna*
54万が高いのか安いのかすら謎!! 電動トノカバーの意味ってなによ……新型トライトンの純正オプションの存在意義
ベストカーWeb
2024年の車は「ピックアップ」が来るぞ! 新ブームを切り拓くのは、トライトンとスーパーキャリイだ
OCEANS
蜜柑”せとか”使用した涼感のあるスイーツ「ちとせのわらび餅せとか」登場
PR TIMES Topics
内部撮影不可のレア車両は必見! ニッポンを守る自衛隊ブースがファンにはたまらない内容だった【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
レクサスの最上級ミニバン3台のカスタムモデルが揃い踏み! まさかの「リヤシートにハンドル」付きモデルも【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
「アンジェ web shop」より人気の夏アイテム登場
PR TIMES Topics
デリカミニが驚異的なトラクション性能!! トライトンはどんな道も突き進む! 三菱注目の新型4WDを雪道で試す
ベストカーWeb
これって……目がバグる! リバティウォークはコンパクトカーも熱かった【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
限界に挑戦し続ける姿勢とサステナブルな価値観。ヨットレース「アメリカズカップ」に世界が熱視線を送る理由
antenna*
“クルマを楽しむ”がコンセプトの「東京オートサロン2024」で見つけた欲しくなる1台は
&GP
スズキ初のハイブリッド+5速MT! スイフトHIBRID MX 5MT 2WDに期待しかない【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
【NEW ERA®✕ANEICA】コラボ第二弾!キャップとTシャツ発売開始
PR TIMES Topics
ライトカスタムのEVに来場者も熱視線! 生で見るとイメージが変わるBYDマジック【大阪オートメッセ2024】
WEB CARTOP
パジェロ譲りの四駆性能!! 新型トライトンはランクル超えの乗り心地!? 型破りの走りを実現できたワケ
ベストカーWeb