庶民には買えなくても見る価値あり! ルノー/アルピーヌブースでは激レアな2台をお披露目【TAS2024】

2024.01.12 16:40
この記事をまとめると
■東京オートサロン2024が開幕し、ルノー/アルピーヌがブースを出展
■ルノー/アルピーヌのブースを紹介
■「メガーヌR.S. ウルティム」と「A110 R チュリニ」の2台を展示
「メガーヌR.S. ウルティム」は究極にふさわしい内容
  メーカー謹製のコンプリートカー、つまり生まれながらにしてチューニングカー気味の新車も少なくない昨今、フランスの体育会銘柄といえばルノー・スポールとアルピーヌ。ルノー・スポールはアルピーヌに発展的統合することが決まっていて、今年の東京オートサロンでは世界1976台限定の「メガーヌR.S. ウルティム」と、「A110 R チュリニ」の2台が展示された。
  前者はニュルブルクリンク北コースにて、FF最速の名を欲しいままにしたホットハッチのいよいよ最終モデル。「ULTIME(=ウルティム)」とは「究極」のことだが、「最後の」という意味でもある。実際、装備面でも究極にふさわしい内容で、R.S.トロフィー譲りの前輪アルミハブと鋳鉄製スリットローターブレーキディスク、トルセンLSDを受け継ぎつつ、R.S.トロフィーより1本あたり2kgも軽い19インチアロイの「フジライト」を装着している。
  ホイールのネーミングにジャポン風味が漂うのが気になるところだが、それもそのはず、Cセグのホットハッチとして4コントロール(ルノー独自の4輪操舵システム)を採用したメガーヌR.S.は、グローバルに見ても日本が欧州を凌ぐ最大市場となったのだ。
  よってウルティムの世界限定1976台のうち、相当な台数が昨年4月より日本に仕向けられてきた。手に入れたい人には、いまやカーテンコールかアンコールといっていい、最後のタイミング。ボンネットやボディサイドのグラフィックはややハデながら、「ULTIME」ロゴはフロントスポイラーの上面でチラ見せという、地味ハデな外観にも注目だ。
日本では24台しか販売されない「A110 R チュリニ」に注目
  一方の「A110 R チュリニ」だが、これは一昨年末に発表され、昨年分14台は速攻で完売したA110 Rの派生ヴァリアント。初期ロットの、日本への割当台数は24台のみとなる。
  具体的にはハイクオリティカーボンによるボディパネルの数々やディフューザー&ウイングといった空力デバイスはそのままに、ホイールだけが「GTレース」というA110 S同様のアルミアロイ版に変わっている。つまり、コクピットからルームミラーによるリヤ視界はなく、サベルトの6点式シートベルトとフルカーボンモノコックのバケットシートも受け継がれている。
  足もとのホイールだが、フロント7.5J、リヤ8.5Jというサイズは据え置きで、装着タイヤもミシュランのパイロットスポーツカップ2と、Rに準ずる。というのも、デュケーヌ社のカーボン製エアロホイールは、軽量である一方、通常の公道走行での取り扱いはセンシティブなため、あえてアロイホイールを履かせた、より公道向きの仕様ながら、まごうことなきハイチューンドというワケで、アルピーヌゆかりのモンテカルロラリーの名所「チュリニ峠」にちなんだというのだ。
  ちなみにホイールの選択はテキトーに組み合わせたのではない。アルピーヌA110にはフックス製の鍛造10スポークホイールも用意されているが、アルピーヌ・ジャポンの小川隼平社長から伝え聞いたところによると、テストドライバーのダヴィッド・プラシュいわく、A110 Rの「シャシー・ラディカル」には軽い鍛造ホイールよりアロイホイールのGTレースが相性が良かったのだとか。
  すると「なぜ?」と聞きたくなるのが素人の発想だが、テストドライバーにしてみれば「走ってみて実証的にフィールがよかったのはこっち」という話でもある。
  ちなみにブースで公開されている動画では、2023年の全日本ジムカーナ選手権でA110 Sでチャンピオン獲得、2024年はA110 Rで参戦する山野哲也選手が、双方のホイールのフィールを筑波で比べているので、展示車両ともども、そちらにも注目だ。

あわせて読みたい

新型電気ハッチが北極圏を初走行! 「アルピーヌA290」、スウェーデンでプロトタイプの最終テスト実施
CARSMEET WEB
無数のボルトはタフ感の演出……と思ったら意味があった! ハードなクロカン4WDが履く「ビードロックホイール」って何?
WEB CARTOP
人気声優・小野賢章が「自分をアップデートさせる」ドライブ旅へ! @江ノ島〜葉山
antenna
アルピーヌが「A110 Rチュリニ」の2回目の受注を開始 販売台数は40台のみ
webCG
イメージと全然違うやん!! ケータハム新型スポーツカーが超絶カッコいいゾ!! 大ハズりしそうな外車4選
ベストカーWeb
人気声優・小野賢章が「自分をアップデートさせる」ドライブ旅へ! @江ノ島〜葉山
antenna
ランドローバー・ディフェンダー110 V8(4WD/8AT)/ルノー・メガーヌR.S.ウルティム(FF/6AT)/ポルシェ911ダカール(4WD/8AT)【試乗記】
webCG
アルピーヌA110 伝説のチュリニ峠からインスパイアされた新グレード登場
RESENSE
これがにんじんジュース? 驚きのカゴメ新商品を体験レポート
antenna
「アルピーヌA110」仕様変更 ベーシックモデルが1000万円目前に
webCG
新たなドライビング体験をもたらすオプションを設定! アルピーヌ、仕様変更モデルの受注開始
CARSMEET WEB
「アンジェ web shop」より人気の夏アイテム登場
PR TIMES Topics
【スクープ】ミニクーパーの最速EV「SE」よりパワフル! ルノー5のEVホットハッチ版、アルピーヌ「A290」実車を激写!
CARSMEET WEB
F1ドライバーがお台場をカートで激走! 日本GP直前にアルピーヌF1チームのイベントが開催された
WEB CARTOP
人気声優・小野賢章が「自分をアップデートさせる」ドライブ旅へ! @江ノ島〜葉山
antenna
アルピーヌA110/A110GT/A110Sが新仕様へ 新色に加えオプション追加
RESENSE
【F1 2024】日本GP目前! アルピーヌF1ドライバーが東京のカートコースを疾走
webCG
真っ赤ないちご色が目を引く!季節限定の詰合せが登場
PR TIMES Topics
テリー伊藤 念願成就!? アルピーヌA110試乗 アクセルを踏んだ瞬間青春時代が甦る!【テリー伊藤のお笑い自動車研究所】
ベストカーWeb
GT-Rの心臓をぶち込んだルノーのミッドシップカー! 超絶イケてる「R.S. 01」ってナニモノ?
WEB CARTOP