ポルシェがミニバンを作るとこうなるの!? 真ん中に運転席とかポルシェらしさ全開の「レン・ディエンスト」はガチで欲しくなる!

2023.12.09 17:20
この記事をまとめると
■ポルシェはミニバンスタイルのコンセプトカー「レン・ディエンスト」を発表していた
■モチーフは1960年代にレースチームの車両として採用したフォルクスワーゲンType2だ
■6人が乗車可能で「完全自動運転モード」の搭載を見据えたモデルであった
なんとポルシェにミニバンがあった!?
  2000年代を迎えてからのポルシェは新型、それもスポーツカーの範疇にとどまることなく野心的なモデルの開発に取り組むことしきり。また、いずれもポルシェのDNAといえる革新性や剛直な商品性などを兼ね備え、たとえプロポーザルモデルだったとしても「これ、欲しい!」となるモデルばかりといえるでしょう。
  たとえば、2020年に自ら催した「ポルシェ・ビジョン」というショーケースイベントでは、コンセプチュアルなモデルの数々を披露。今回は、そのなかからポルシェのミニバンに対するアプローチをご紹介しましょう。
「レン・ディエンスト(Renn Dienst=Racing Service)」と名付けられたプロポーザルモデルは、最大で6人乗りのシートアレンジができる「フレンドリーなバン」と位置づけされています。
  オールドファンならこの名前にピンとくるでしょうが、イメージのベースとなったのは1960年代に多用されたレーシングカー運搬用にカスタムされたフォルクスワーゲンType2にほかなりません。
  ポルシェがヨーロッパ各地のレースを転戦する際「PORSCHE RENN DIENST」と車体にペイントされたVWバスやオープントラック、あるいはロングトレーラーなどさまざまなバリエーションが用意されていたのです。
  このサービスカーへのオマージュというわけですが、むろん、ポルシェのアプローチは実用性一点張りなわけがなく、室内容量にとらわれることもありませんでした。1分の1のモックアップモデルとはいえ、レーシーで目にも鮮やかなプロポーションを作り上げ、デザインを担当したミヒャエル・マウアーによれば「未来的なスペースグライダー」を目指したとのこと。
  フロントからサイドに連なるグラスエリアの形状や、ボディの四隅をマッシブに演出するフェンダーアーチとファット&ローなタイヤ、あるいはフラットなキャラクターラインが印象的なフロントマスクなど、どれをとってもポルシェらしさに満ち溢れているといえるでしょう。
中身もポルシェらしさ満点
  インテリアについてもマウアーは攻めに攻めていて、フロントシートはなんとシングルシートをセンターに配置するという大胆さ。これは、レン・ディエンストのサービスカーを運転するドライバーがしばしばレーシングドライバーを凌駕するような走りを見せていたことに対するオマージュともいえるでしょう。ちなみに、かのミッレミリアでは、サービスカーが、出走していたポルシェ550からわずか数分の遅れで追いついたという噂もあるほど(笑)。
  また、運転席をシングルに設定しているのは完全自動運転モードを見据えたもので、乗員がくつろぐスペースを最大化する狙いもあるとのこと。走る楽しさに加え、居心地のよさまで追及するとは、ポルシェでなければ思いつかないコンセプトに違いありません。
  なお、モックアップながら床下に収納される全輪電動駆動システムは実機を想定したものとされ、すぐにでも走行可能モデルにスイッチできるとのこと。
  もっとも、ポルシェ・ビジョンで発表されたモデルはこちらのレン・ディエンストを含めて、あくまでもプロポーザルモデルの域を出るものではないとされています。2018年に下落した株価の回復を目論んだ打ち上げ花火だ、などと揶揄する声もありましたが、仮にそれが事実だとしても、じつに魅力的なコンセプトモデルであることは疑いようもありません。
  ポルシェがつくるミニバンなら「これ、欲しい」と手を上げる方は、それこそ星の数ほどいらっしゃるのではないでしょうか。

あわせて読みたい

いくらGT-Rでも3000万はちょっとねぇ……!! そこまでして買う価値あるの? 「宿敵」ポルシェ911ターボも届く強気価格のなぜ
ベストカーWeb
操舵がポルシェらしくない!? でも安定感はバツグン!! ポルシェ タイカンターボ クロスツーリスモ 徹底試乗
ベストカーWeb
日本に上陸したこのトロフィーは一体? 歴史あるヨットレース「アメリカズカップ」を知ろう
antenna*
ポルシェ・カイエン・クーペGTS(4WD/8AT)GTSはズルいのだ!
RESENSE
水の上でもポルシェはポルシェ! マカンEVのシステムを搭載したボートはそこらの金満ボートとはひと味違う
WEB CARTOP
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」が追い求める「人の可能性」
antenna*
ポルシェ911初のオフロードモデルに試乗! 珍味かと思いきや、その乗り味は……
GOETHE
ドイツを代表するスポーツカーの両雄「ポルシェ×BMW」ル・ボラン2024年4月号、2月26日より好評発売中!!
CARSMEET WEB
哺乳びんのプラスチック素材を再利用したジュエルリング「stone ring (baby bottle version)」販売
PR TIMES Topics
燃える男の!本格的な内容が手軽にも楽しめる、ドイツレベル製プラモ「ポルシェ・ディーゼル・ジュニア108」【モデルカーズ】
CARSMEET WEB
ポルシェ911ダカール(4WD/8AT)【試乗記】
webCG
カゴメの新にんじん100%ジュース、そのおいしさの秘密は!?
antenna
ABB FIAフォーミュラE世界選手権にて、タグ・ホイヤーとポルシェが手がけた次世代モータースポーツイベント開催
octane.jp
連載:アナログ時代のクルマたち|Vol.24 ポルシェ356Aスピードスター&356Aカレラスピードスター
octane.jp
大型連休前 フランス気分を楽しめる「フランス展 2024」伊勢丹新宿店 にて開催
PR TIMES Topics
走り屋あがりの家族もちオヤジが歓喜した! いまや絶滅危惧種の「バカッ速ミニバン」6台
WEB CARTOP
タグ・ホイヤーとポルシェがパートナーシップを締結 マシンや特別な文字盤の腕時計を展示するパーティーも開催
WATCHNAVI Salon
にんじん本来の味わいを詰め込んだ「カゴメにんじんジュース 高β―カロテン」のおいしさを体験!
antenna
ポルシェのターボモデルが50周年! 愛好家のための見本市「レトロクラシック」でお祝い
CARSMEET WEB
ポルシェ・タイカン4S(4WD)【試乗記】
webCG
【小樽洋菓子舗ルタオ】鯉のぼりスイーツ『こどもの日スイーツボックス2024』限定販売
PR TIMES Topics