【独占試乗】一発の速さは驚異的!! 富士スピードウェイで全開走行した「AMG C 63」はまるでF1だった!

WEB CARTOP
2023.10.25 09:00
この記事をまとめると
■中谷明彦さんが富士スピードウェイで新型メルセデスAMG C 63 S Eパフォーマンスに乗った
■2リッター直4ターボにモーターを組み合わせたPHEVの4WDモデルで最高出力は680馬力
■本コースの全開走行で、メルセデスAMG C 63 S Eパフォーマンスの潜在能力の高さを確認した
従来の4リッターV8を凌ぐ2リッター直4+モーターのスペック
  2023年10月25日、ジャパンモビリティショー会場でアンベールされたのがメルセデスAMG C 63 S E-performanceである。メルセデス・ベンツの量販車であるCクラスをベースとしてAMGが仕上げたホットモデルだ。Cクラスベースとしては、C 45やC 53モデルも設定されていたが、C 63は最上級の高性能モデルとして知られる。それが今回「E-performance」として電動化されたことで、大きな進化を果たしているのだ。
  我々は発表に先立ち、このホットモデルを富士スピードウェイで限界走行を行なうチャンスが得られたのでリポートしよう。
  外観的には従来のC 63 Sから大きく変化していない印象。フロントフェンダー横に「E-performance」のエンブレムバッチが貼られていること、車体後部に充電口らしき蓋が配されているのが見て取れる。そう「E-performance」とは電動化されたプラグインハイブリッドモデルなのだ。メルセデスAMGはこのシステムをP3HVとして呼称を定め、世にある一般的なPHEV(プラグインハイブリッド)とは一線を画すとしている。
  一般的なPHEVは大きなバッテリーを持ち、急速充電に対応し、また外部給電(V2HやV2L)なども行えたりする。しかし、C 63 S E-performanceは普通充電のみに対応し急速充電や外部給電機能は持たない。電動モーターのみの航続距離は最大12km程度とほかのPHEVに比べても少ない。それもそのはずで、搭載しているリチウムイオンバッテリーは6.1kWhという容量。これをリヤアクスル上に配置し、モーターやデファレンシャルなどと一体化して電動ユニットとしているのだ。
  また、C 63 Sといえば、従来は4リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載し、510馬力という最高出力を誇り、迫力あるエンジンサウンドが特徴だったが、新型は2リッター直4ターボへとスケールダウンしている。これだけを知るとC 63は牙を抜かれてしまったのかと危惧するところだが、スペックを知ると驚かされる。
  まず、エンジンは2リッターの排気量ながら476馬力の最高出力を発生する。同じく2リッター直4ターボエンジンを搭載するA 45シリーズは421馬力の最高出力でリッター当たり210馬力というクラス最強のパワーを誇っていたのだが、それをさらに55馬力も上まわっているのだ。加えてリヤアクスルに搭載される電動モーターは204馬力を単体で発し、システム出力としては680馬力に達する。つまり、V8ツインターボの従来型C 63 Sのパワースペックを170馬力も上まわり圧倒しているのだ。
  いよいよコースインする。ドライブモードはAMG車の常として「コンフォート」から「レース」まで備えるが、電動モデルとして「エレクトリック」モードも追加されている。
  サーキットでの全開走行は「レース」モードで行うのが相応しい。
凄まじい走りの実力でAMGの電動モデルを理解する
  ピットロードからコースインしアクセル全開加速を試みると、電動モーターのトルクピックアップが素早く、エンジンのターボブーストも加わって身体がのけ反るような強烈な加速Gが発生する。システム最大トルク1020Nmを4輪駆動で路面に伝えるので、加速フィールは尋常ではない。
  第1コーナーをターンしてコカコーラコーナーまでを直線に見立てて加速させれば、車速は200km/hに達する。ブレーキングとともに左へステアリングを切り込むと、若干アンダーステアを示しながら安定した姿勢で旋回していく。続く右100Rコーナーはパワーをかけながら旋回加速していくが、リヤが流れる兆候はまったくない。それもそのはずで、リヤにも操舵システムが備わった4輪操舵となっているのだ。Cクラスに後輪操舵が装着されたのは初めてで、小型な車体ながら大パワーを持て余すことがない。
  ヘアピンへフルブレーキングでアプローチし、300Rへとまた全開加速を行う。ダンロップコーナーまでに210km/hを超える車速に達し、再びフルブレーキング。続く登り区間の第3セクターはアクセルワークと的確な変速タイミングでリズミカルにクリアできる。
  最終コーナーを立ち上がり、富士スピードウェイの特徴である1.5kmのホームストレートをアクセル全開で駆け抜けていく。ストレート中ほどのコントロールタワー前で速度は250km/hを超え、ストレート後半では260km/hオーバーまで車速が高まる。Cクラスのセダンがこの速度で疾走していく様は異彩を放っているといえるだろう。
  そして、1周アタックを敢行。各コーナーを攻めつつ1周してタイムを見ると1分59秒7が記録された。しかし、だ。タイヤやブレーキのウォームアップが済んで、さらにタイムを上げようとすると、翌周は各コーナーをよりハイスピードでクリアしているにも関らず、ラップタイムは2分1秒台に低下。最高速度も250km/hまでしか伸びていない。じつはモーターを駆動するバッテリーの充電量が低下し、絶対的な動力性能が下がってしまっていたのだ。現代のF1も同様で、タイムアタックラップに全エネルギーを放出したら翌周はチャージラップとして電力を蓄える必要があるのだ。
  C 63 S E-performanceもF1と同様なバッテリーマネージメントを採用していて、充放電コントロールを適切に行う必要がある。6.1kWhのリチウムイオンバッテリーを蓄電池として、よりキャパシター的に制御することがマネージメント上のキーポイントで、充放電を頻繁に繰り返すことで高まる温度管理を徹底的に行っている。F1で採用されているのと同様なバッテリー冷却用の冷媒を採用していて、バッテリー温度は常に45度に保たれているという。回生強度を高めてチャージラップをすればまた最高出力が復活し、最高性能が引き出せる。
  じつはリヤアクスルのモーターユニットには2段変速ギヤが装備されていて、最大1万3500回転回るモーターで最高速260km/h以上を可能としているのだ。メルセデスAMGのP3HVは環境性能を高める目的だけでなく、AMGとして相応しい圧倒的な動力性能を引き出すために必要なのだとしている。
  電動化することでさまざまな制御が正確に行え、ドライバビリティも向上する。それでいて動力性能はV8ガソリン車を凌駕している。この走りの実力を知れば、AMGの電動モデルを理解することができる。
  もちろんドリフトモードも備えていて、ドーナツターンやドリフト走行も可能だった。
  今後は、GT 63から始まりE 63、C 63、そしてS 63にも「E-performance」が設定され、これからのAMGのコア技術として、圧倒的な動力性能を誇示していくことになる。

あわせて読みたい

最高出力680PSの快足ワゴン 「メルセデスAMG C63 S Eパフォーマンス ステーションワゴン」発売
webCG
【試乗】待望のV8エンジン搭載! ランドローバー・ディフェンダー90のバカッ速で刺激的すぎる走り
WEB CARTOP
韓国発の音楽フェス「WATERBOMB JAPAN 2024」先行チケット販売開始!
antenna
100km以上のEV走行が可能なPHEV! 「メルセデス・ベンツGLC350e 4MATICスポーツ エディションスター」発売
webCG
走りを極めたプラグインハイブリッドモデル「メルセデスAMG GT63 S Eパフォーマンス」発売
webCG
LUSH「イースター限定コレクション」全35種を2月29日(木)より発売
PR TIMES Topics
【国内試乗】これが新時代のAMGモデル。今度のC63は直4+プラグインハイブリッド!「メルセデスAMG C63S Eパフォーマンス」
CARSMEET WEB
F1技術採用の駆動システム採用! メルセデスAMG、「GT63 S E PERFORMANCE」追加
CARSMEET WEB
ビジネス界の未来を拓く 「STEVIE®️ AWARDS」の魅力にせまる
antenna
ポルシェ、カイエンの改良進化版をバルセロナで乗ってみた【試乗記】
GOETHE
最高出力680PSを誇る高性能SUV「メルセデスAMG GLC63 S Eパフォーマンス」発売
webCG
自分好みにカスタマイズ!バブルフレームより新商品FLAP CASEシリーズ登場
PR TIMES Topics
1012馬力の「怪物アストン」の開発が最終段階! 999台限定のPHEVハイパーカー「ヴァルハラ」は激速なのにエコなマシンだった
WEB CARTOP
【海外試乗】システム出力680psを叩き出すスーパーSUV!「メルセデスAMG GLC 63 S EパフォーマンスSUV」
CARSMEET WEB
星空とペンライトアートで思い出づくり 特典付き「卒業旅行プラン」を販売
PR TIMES Topics
【試乗】電動化しても最強の悪路走破性は変わらず! 中谷明彦がガチで買ってしまったほど惚れたワケ
WEB CARTOP
CHAdeMO急速充電にも対応したプラグインハイブリッド! メルセデス・ベンツCクラスに「C 350 e スポーツ」を追加
WEB CARTOP
キュートなねこデザインの画期的なキーホルダーが登場!
PR TIMES Topics
BMW X5 xDrive50e Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】
webCG
メルセデスAMG GT 63 S Eパフォーマンス GT4ドアクーペに電動化モデル 3340万円
RESENSE