いまやSUVが最高時速310kmの時代! 昔に比べてクルマはどのぐらい「速く」なったのか?

WEB CARTOP
2022.11.10 20:00
この記事をまとめると
■クルマの「速さ」の進化を振り返る
■平成元年以前、以降では文字どおり時代が違う
■今ではSUVで時速310kmを実現している
ハコスカGT-Rのゼロヨンは16.0秒だった!
  クルマはほぼ20年サイクルで劇的に進化するといわれているが、1960年代から70年代、80年代と、どう進化してきたかを、速さを基準に振り返ってみよう。
1960年代
  1960年代を代表する速いクルマというと……。
  日産スカイラインGT-R、いわゆるハコスカと、マツダのサバンナRX-3 GTあたりだろう。
  ハコスカGT-Rは1969年の登場。R380直系のS20エンジンはDOHC直列6気筒2000ccで、160馬力。公称で最高速度は200km/h、ゼロヨンは16.0秒という触れ込みだった。
  ちなみにトヨタ2000GTの3M型エンジンは150馬力。最高速度は220km/h、ゼロヨンは15.9秒と発表された。
1970年代
  70年代に入ると、まず1971年にフェアレディZの240ZGが登場。2.4リッターのL24エンジンを搭載し、SUキャブを装着。150馬力、21.0kgmを誇り、ゼロヨンは15秒8。最高速度は210km/h。
  一方、スカイラインGT-Rの50連勝にストップをかけた、サバンナRX-3 GTは、1973年のデビュー。12Aロータリーを積んで125馬力。パワーウエイト・レシオは7.38kg/ps。最高速度は190km/h、ゼロヨンは15.6秒。
  ロータリー=最速。そして車体価格が79万5000円(240ZGは150万円)。
  オイルショック前の最強ストリートカーがサバンナだったと言っても過言ではない。
いまや時速300kmを超えるSUVも
1980年代
  1980年代は平成元年となる1989年とそれ以前では、文字どおり時代が違う!
  というわけで、昭和末期の1980~1988年までのクルマで考えてみよう。
  この時代、まず光ったのは1981年に登場したトヨタ・ソアラ2800GT(Z10)。
  2.8リッターの5M-GEUは170馬力で、時速200km/h、ゼロヨン16.0秒という高性能を誇った。ちなみに2代目ソアラのMZ20のチューニングカーは、国産車初の200マイルオーバー(323.159km/h)を記録している(HKS関西サービス。現kansaiサービス)。
  もう一台は、日産のR30スカイライン。「史上最強のスカイライン」のキャッチコピーが与えられた2000ターボRSのFJ20ターボは190馬力。
  1984年のマイナーチェンジで、インタークーラーが追加されたRS-X、いわゆる「ターボC」が登場。ついに205馬力に(グロス)。実測でゼロヨン14秒台で、最高速も210km/h以上をマークした。
平成以降
  平成元年には、日産のスカイラインGT-R(R32)が16年ぶりに復活。フェアレディZ(Z32)ともに自主規制上限の280馬力を誇り、最高速、ゼロヨン、サーキットタイムといったあらゆるレコードを圧倒的な記録で塗り替えていってしまう。
  とくにR32は、ゼロヨン12秒台、最高速250km/h、筑波サーキット1分8秒と、それまでの国産スポーツカーのパフォーマンスを一気に10年分進化させてしまったほどの圧巻の内容だった。
  2020年代の今日では、スポーツカーだけではなく、SUVでもアストンマーチンのDBX707のように、最高速310km/h、0-100km/h=3.3秒なんてモンスターも出てきている。
  加速性能だけでいえば、ガソリンエンジンより、起動トルクが最大トルクのEVが有利で、テスラのSUV、Plaidなどは、0-100km/h加速が2.6秒のレコードも!
  環境性能云々といいつつ、クルマはこの先どこまで速くなるのだろう?

あわせて読みたい

45年間のご愛読と4500を超える応募に感謝!! 読者が選んだ日本のベストカー30
ベストカーWeb
日本が誇る2台のスポーツカー超豪華競演! スープラvsZ 雨の中のゼロヨン頂上決戦!!!
ベストカーWeb
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
最新「日産フェアレディZ」に初乗り! マニュアル車の“予想の斜め上いく”乗りやすさに大興奮【使用レポートVol.55】
MonoMaxWEB
このご時世にHV廃止!! スカイラインがHV仕様を廃止して選ぶ「生き残る道」
ベストカーWeb
不朽の名曲 「残酷な天使のテーゼ」を歌う高橋洋子さんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
日産R32「スカイラインGT-R」との出会ってすべてがはじまった! 「TMワークス」はゼロヨンとともに今も成長中
AUTO MESSE WEB
GT-Rにロードスター! 超絶人気のスポーツカー4台の歴代モデルでプロが選ぶベストバイは何代目?
WEB CARTOP
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
「やっぱりエンジンは直6だよ!」と思わせる陶酔感! 人生一度は味わってほしい「直6名機」と搭載車5選
WEB CARTOP
アンチ日産「スカイラインGT-R」のチューナーが出会った運命のR32とゼロヨン人生
AUTO MESSE WEB
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
「スカイラインGT-R」の連勝を阻止! マツダ「サバンナ」が人気だった理由はロータリーエンジンと価格の安さにありました
AUTO MESSE WEB
入魂のR34「スカイラインGT-R」は還暦仕様の550馬力! 首都高の速さより上質な走りへとシフト
AUTO MESSE WEB
沖縄の冬の風物詩をビールで表現したクラフトビール「島のスッジャ DRY STOUT」登場
PR TIMES Topics
緊急走行時に高速で一般車に抜かれてたりするけど……パトカーや救急車にも制限速度って何キロ?
WEB CARTOP
昭和は国民が日本車の性能に熱狂! ニッポンを元気にさせた偉大な国産車5選
WEB CARTOP
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
往年の名ドライバー、北野 元さんが語るフェアレディZとの思い出
ドライバーWeb
どうして「Gノーズ」に憧れる? カッコイイだけでなく最高速も伸びた「フェアレディ240ZG」の美車が幕張に現る!!
AUTO MESSE WEB