「クラウン」「ステップワゴン」「Xトレイル」! 豊作の2022年新車の本音で語るマルとバツ

WEB CARTOP
2022.10.12 11:40
この記事をまとめると
■2022年の前半に発表や販売されたクルマの◯と×を解説
■人気のミニバンやSUVのフルモデルチェンジが相次いでおり人気を博している
■まだまだ納期遅延などもあるので、購入前にその辺りも予想して選ぶのが吉だ
2022年前半に発表及び販売された注目国産車の”買い”とは
■トヨタ・ノア&ヴォクシー
○:スライドドアが開きかけている時に、周囲に車両が近付くと作動を止める安全装備など、大切な家族を乗せるミニバンに大切な機能を充実させた。渋滞時にステアリングホイールから手を離しても運転支援が続く機能なども選べる。
  ×:ライバル車に比べて3列目シートの足元空間が狭い。グレードに応じて乗り心地も硬めに感じる。
  *買い得グレード:ハイブリッドS-G
  主力グレードの場合、ハイブリッドとノーマルエンジンの価格差を35万円に抑えた。税額の違いも含めると、実質価格差は約23万円に縮まる。ハイブリッドは、低燃費に加えて、走りが滑らかで静かになるから買い得だ。
■ホンダ・ステップワゴン
○:ハイブリッドのe:HEVは加速が滑らかでノイズも小さい。3列目シートの座り心地が快適で、ミニバンの基本的な機能を充実させた。標準ボディのエアーは、内外装が柔和なデザインでシートの座り心地も優しい。
  ×:後方の並走車両を検知して知らせるメカニズムは、エアーのボディ後部には収まらず、スパーダのみの採用になった。現行ステップワゴンのコンセプトを明確に反映させたグレードはエアーなのに、装備の不足が目立つ。
  *買い得グレード:e:HEVスパーダ
  安全装備などを考えると、グレードはスパーダになる。パワーユニットは滑らかで低燃費のe:HEVを選ぶのが賢明だろう。
■トヨタ・シエンタ
○:先代型に比べると、ボディを拡大させずにサイドウインドウの下端を20mm低く抑え、上側は60mm高めた。先代型に比べて視界を向上させ、外観も背の高いミニバンらしさが強調されている。エンジン、ハイブリッド、プラットフォームの刷新で、安全装備や燃費性能も大きく進化した。
  ×:薄型燃料タンクにより、3列目は床と座面の間隔を適度に確保したが、膝先空間はかなり狭い。3列目を格納するには、2列目も動かす必要がある。直列3気筒のノーマルエンジンは、ノイズの音量は小さいが、音質は少々耳障りだ。
  *買い得グレード:ハイブリッドZ
  機能と価格のバランスではハイブリッドGが割安だが、いまはオプション装着の仕方によって、生産開始が2023年にズレ込む。納期を考えると、制約の少ないZにしたい。パワーユニットは、ハイブリッドを選ぶ。ノーマルエンジンに比べると35万円の価格アップで搭載される。
SUVも豊作だった2022年前半に登場したオススメモデル
■日産 エクストレイル
○:パワーユニットはハイブリッドのe-POWERのみだ。発電用エンジンは、可変圧縮比の機能を備えた直列3気筒1.5リッターターボになる。動力性能に余裕があり、高速域の伸びも良い。内装の質も高まった。
  ×:19インチタイヤ装着車は、時速50km以下で乗り心地が硬い。20インチを履いたオーテックのほうが角が丸い印象でタイヤのグリップ力も高く、ステアリングホイールを通じて路面の情報も伝わりやすい。後席は着座姿勢を安定させたい。
  *買い得グレード:G・e-4ORCE
  予算に余裕があるなら、プロパイロットなどを含めて装備の充実度を高めたG・e-4ORCEを選びたい。価格はX・e-4ORCEに比べて69万9600円高いが、加わる装備は80万円相当に達する。
■マツダ CX-60
○:直列6気筒3.3リッターリーンディーゼルターボなどを搭載して、駆動方式は後輪駆動を採用する。従来のマツダ車は、前輪駆動のプラットフォームで無理にボンネットを伸ばしたが、CX-60は後輪駆動だから、フロントピラー(柱)と前輪の間隔が広がった。外観の見栄えが自然になり、ボディサイズの割に良く曲がって運転の楽しさを味わえる。
  ×:減速時にボディの前側の沈み込みを抑える機能は、同乗者には快適だが、ドライバーには違和感が伴う。カーブの手前で減速したとき、前輪への荷重移動が不十分に感じられ(実際には前輪へ荷重が移動しているが)、旋回軌跡を拡大させるような不安を抱いてしまう。乗り心地も硬めだ。タイヤサイズは20インチが主力だが、19インチのほうがバランスは良いだろう。
  *買い得グレード:XD・Lパッケージ
  モーター駆動を併用するマイルドハイブリッドとPHEVは価格が高い。また、Sパッケージ以下では、内装の質が大幅に下がる。買い得グレードは意外に限られ、価格をハリアーハイブリッドGと同程度に抑えたディーゼルのXD・Lパッケージだ。予算に余裕がある時は、XD・エクスクルーシブモードも検討するといいだろう。
■トヨタ・クラウン クロスオーバー
○:全車がハイブリッドを搭載する。後輪をモーターで駆動する4WDと、後輪操舵の機能も全車に標準装着した。走行安定性が優れ、19インチタイヤ装着車は乗り心地も快適だ。21インチは路上のデコボコを少し伝えるが、扁平率が低い割に粗さを感じさせない。
  ×:後席の足もと空間は広いが、腰が落ち込んだ座り方になる。小柄な乗員は、大腿部を押された感覚になりやすい。ボディがワイドで後方視界も悪い。また、高速道路の渋滞中にステアリングホイールから手を離しても制御が続く運転支援機能など、ノア&ヴォクシーでは大半のグレードにオプション設定したが、クラウンクロスオーバーでは上級のRS系でないと装着できない。上級車種なのだから、先進装備も幅広いグレードに用意すべきだ。
  *買い得グレード:Gアドバンスト
  パワーユニットは2.5リッターのハイブリッドが割安。「アドバンスト」の付かないグレードは、2023年1月以降の生産だから納期が長い。筆者ならGアドバンストを選ぶ。

あわせて読みたい

ついに受注が始まった新型クロストレック!! ライバルの「カローラクロス」「ヴェゼル」とガチ比較
ベストカーWeb
大満足の走りと快適性を両立させたお値段以上の魅力!! ヤリスクロスGRスポーツはコスパ抜群だ
ベストカーWeb
【アウトドアサウナ13選】大自然!プライベート!リゾート!を満喫
Jeep®
GRヤリス登場で注目度急上昇! 「軽のエンジンでしょ?」なんて古い古い!! 3気筒エンジン最新事情
ベストカーWeb
スバルから初の小型SUV「レックス」が登場! 最新“スマアシ”搭載のロッキー、ライズの兄弟車 。
GO OUT WEB
【坂井利彰氏おすすめ】筋疲労を3つのモードでケア「オムロン 低周波治療器」
antenna*
ノア/ヴォクシー……超悩む兄弟車選び!!  人気モデル比較8連発
ベストカーWeb
マツダSUVがコスパ最強なの!? お買い得度で選ぶミッドサイズSUVランキング 23年最新版
ベストカーWeb
【シュラフ18選】冬キャンプや車中泊で暖かく過ごせる寝袋を厳選
Jeep®
SUV数多すぎて迷うわ〜 コスパ最強・プロイチオシのSUVモデル&グレードベスト3
ベストカーWeb
新型クラウンの大本命はSUVの「エステート」! ライバルひしめく大人気ジャンルにおけるライバル車とは
WEB CARTOP
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
新型プリウス登場で変革あり!? これ知らないとヤバい「人に教えたくないおススメ超絶買い得車」
ベストカーWeb
2023年も新車が激熱! デビュー予定の新型モデルとフルモデルチェンジをまとめて予想
WEB CARTOP
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
これまでの基準じゃ測れない! コンセプト激変のクラウン「クロスオーバー」と「スポーツ」のライバル車って何?
WEB CARTOP
新型「エクストレイル」試乗。“技術の日産”をいかんなく発揮した傑出の走り!
GetNavi web
「kawaraのお茶カヌレ」全5種を、横須賀モアーズシティに出店するポップアップにて販売!
PR TIMES Topics
2種類のハイブリッドシステムを用意!走りを楽しむならクラウン・クロスオーバー「RS」という選択肢
&GP
まさかのフィットRSが1位!? コスパ最強コンパクトカー3選
ベストカーWeb
観葉植物の気持ちを伝えるスマートプランター「Ivy(アイビー)」先行販売開始
PR TIMES Topics