【試乗】新型スイフトは運転しやすく燃費も良好! 乗り心地の硬さと後席だけは購入前に要チェック

2024.03.01 17:00
この記事をまとめると
■スズキ・スイフトがフルモデルチェンジを敢行
■新開発の3気筒エンジンを搭載し、主力グレードはマイルドハイブリッド仕様となった
■軽量コンパクトで運動性能が高いのも特徴だ
後席に大人が乗る可能性があるなら要試乗!
  クルマが好きなユーザーの間で高い人気を得ているコンパクトカーがスズキスイフトだ。人気の秘訣は、走り・曲がり・止まるという、クルマの基本性能を大切に開発していること。後席や荷室が広いとはいえず、特別なメカニズムや装備も採用されないが、各部をていねいに作り込んだ。そのために違和感がなく、気持ち良く使える。逆にいえばコンパクトカーは低コストで製造する必要があり、我慢を強いるところも少なくないが、スイフトには当てはまらない。
  このスイフトが先ごろフルモデルチェンジを受けた。外観はボンネットから前後のフェンダー、ドアパネルにかけて、ボディを囲むようにラウンドした形状だ。開発者は「ボンネットやドアなどの開閉する部分はズレが生じやすい。そこに1本のラインを通すには、製造の精度なども重要になる」と述べた。
  これらのボディ形状の工夫により、外観はワイドな3ナンバー車風に見えるが、実際は全幅が1695mmの5ナンバー車だ。全長も3860mmと短く、2WDの最小回転半径は4.8mで小まわりの利きもいい。フロントピラー(柱)やウインドウの角度を立てたから、斜め前方も見やすく、ボンネットは手前が視野に入って全幅も把握しやすい。混雑した街なかや駐車場でも、運転しやすく感じる。
  内装は歴代スイフトの特徴として、ていねいに作り込んだ。インパネ周辺のデザインはオーソドックスだが、エアコンのスイッチは高い位置に装着されて操作性もいい。インパネ中央のモニター画面などは、ドライバー側に8度傾けて、視認性や操作性を向上させた。
  インパネをこのようなドライバー中心の配置にすると、助手席に座る乗員に疎外感が生じやすいが、立体的な形状にして上質に感じさせる。
  前席はシートの内部に使われるウレタンを見直して座り心地を向上させた。背もたれは腰を包む形状で、着座姿勢も安定する。座面を含めて、背中から大腿部の付近をしっかりと作り込み、骨盤を確実に支える。シートのサイズにも余裕があり、肩まわりのサポート性もいい。街なかの走りから長距離移動まで、長時間の乗車でも疲れにくい。
  前席の座り心地がよい割に、後席はいま一歩だ。前席と違ってウレタンなどは先代型と共通化されている。座り心地は柔軟だが、体が沈んだところで、もう少し確実に支えて欲しい。背もたれの角度は、日本車としては立たせている。足もと空間も狭めで、身長170cmの大人4名が乗車したとき、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシひとつ半だ。4名乗車は可能だが広々感は乏しい。後席の居住性は先代型と同等だが、4名で乗車する機会があるなら、広さと座り心地を確認したい。ルームランプも運転席の上部には装着されるが、天井の中央には備わらず、後席の手もとは照らせない。
  乗降性は、前席はいいが、後席はドアの開口部の上端が少し低い。そのために頭を少し下げて乗り降りするから注意したい。
  荷室はとくに広くないが、欧州などでは、コンパクトカーにも実用性が求められる。そこで全長が3900mm以下に収まるクルマとしては、荷室長に余裕を与えた。全長がスイフトよりも長いノートやフィットと同程度の長さを確保する。
新型エンジンとマイルドハイブリッドで走りも燃費はヨシ!
  エンジンは直列3気筒1.2リッターを搭載する。ノーマルタイプも用意されるが、試乗車はマイルドハイブリッドシステムを採用する上級のハイブリッドMZ(2WDの価格は216万7000円)だ。先代型は直列4気筒だったから、新型の3気筒はノイズで不利になるが、音質は上手にチューニングした。静かではないが、騒々しい印象は受けない。
  動力性能は1.2リッターエンジンの平均水準だが、スイフトはボディが軽い。装備の充実するハイブリッドMZでも2WDなら950kgだから、ライバル車を50kgから100kg近く下まわる。そのために加速は軽快だ。実用域の駆動力はもう少し高いと好ましいが、4400回転付近からは機敏に吹け上がる。ハイブリッドMXにはCVT(無段変速AT)に加えて5速MTも用意され、運転の楽しさも味わえる。
  新しい1.2リッターエンジンで注目すべきは燃費性能だ。マイルドハイブリッドのWLTCモード燃費は、CVTが24.5km/Lで5速MTは25.4km/Lに達する。後者の数値はコンパクトカーのフルハイブリッドに近い。また、先代マイルドハイブリッドのCVTは21km/Lだったから、新型のCVTに乗り替えると、燃料代を14%節約できる。
  プラットフォームとタイヤは先代型と共通だが、ボディに減衰特性を持たせた接着剤を使うなど、剛性を最適に設定している。先代型のプラットフォームを継続的に使用したことで、熟成が図られ運転感覚も向上した。
  たとえば峠道を走っているとき、カーブへ進入するためにステアリングホイールをまわし始めると、車両の進行方向も正確に変わる。従来型も不満はなかったが、新型では正確性が一層高まり、運転していて車両との一体感を味わえる。
  カーブを曲がっている最中には、前輪が確実にグリップして旋回軌跡を拡大させにくい。カーブが内側へまわり込んでいくような場所でも走りやすい。その一方で、下り坂のカーブでブレーキペダルを踏むような危険回避の操作をすると、コンパクトカーによっては後輪のグリップ力が下がって車両の動きが不安定になりやすいが、スイフトは接地性が高い。適度によく曲がり、危険を避ける操作も安心して行える。軽さによって走行安定性も優れている。
  この軽さが不利になるのは乗り心地だ。スイフトの場合、タイヤが路上を細かく跳ねるような粗さは抑えたが、硬さは意識させる。大きめの段差を乗り越えると、突き上げ感も生じる。乗り心地はスイフトを選ぶときの注意点だ。
  購入するときは、販売店の試乗車を使って、街なかの路面が荒れた場所を時速40km以下で走りたい。そうすると乗り心地の硬さがわかる。速度が高まると次第に快適になっていく。試乗車に装着されていたタイヤは、転がり抵抗を抑えた16インチのブリヂストン・エコピアEP150で、指定空気圧は前輪が250kPa、後輪は220kPaと少し高い。これらの相乗的な作用で乗り心地が硬めになった。
  装備は安全面を中心に充実している。衝突被害軽減ブレーキは、自車が右左折するときでも、直進車両や横断歩道上の歩行者を検知して作動する。全方位モニター付きメモリーナビをオプション装着すると、ドライバーの居眠りや脇見運転を検知して警報する機能も備わる。
  グレード選びは、実用的にはベーシックなXG(2WDの価格は172万7000円)でもいいが、買い得グレードはマイルドハイブリッドを搭載する中級のハイブリッドMX(192万2800円)だ。XGに装着されないマイルドハイブリッド、アイドリングストップ、フロントメッキグリル、エアロパーツ、アルミホイールなどが加わり、これらを価格に換算すると22万円に相当する。XGと比べたときの価格アップは19万5800円に抑えたから割安だ。
  販売店によると納期は2〜3カ月で購入しやすい。通常は2名以内の乗車で、運転のしやすい上質かつ割安なコンパクトカーを買いたいユーザーには、スイフトは魅力的なクルマに仕上がっている。

あわせて読みたい

クルマは高額なだけに買ってから後悔……はシャレにならん! プロが教える「迷ったときの」クルマ選びのコツ
WEB CARTOP
レクサスUXと同車格なのに……LBXが小さくても高級に感じるワケって? 輸入車と比較して意外すぎる結果とは
ベストカーWeb
ギフトに最適な「新たなカレー体験」を贈るセット商品
PR TIMES Topics
年次改良で操縦安定性や乗り心地向上! 「レクサスNX」シリーズは“ドライブ好きの大人”向けのクルマ
&GP
【海外試乗】大幅改良でライバルを引き離す究極のコンフォートSUV「メルセデス・ベンツ GLS」
CARSMEET WEB
夏季限定『パリパリカカオのかき氷』販売開始
PR TIMES Topics
新型スイフトは燃費大幅向上! ライバルのヤリスより優れてるポイントは? お得グレードも大公開!!!!
ベストカーWeb
Z世代のニーズにジャストフィット! スズキの新型スイフト試乗レポート
GetNavi web
季節の風物詩に注目した新商品「歳時記シリーズ 水無月」登場
PR TIMES Topics
ミニバンで2000万円って高すぎじゃね? 共通のプラットフォームも価格差3倍!! レクサスLMとヴェルファイアは何が違う?
ベストカーWeb
【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!5ナンバーで172.7万円から『小沢コージの遊べるクルマ』
MonoMaxWEB
フィットの室内がマジで広い!! アクアはハイブリッドでも223万円! コスパ重視のコンパクトカー選び
ベストカーWeb
スズキ・スイフト ハイブリッドMX(FF/5MT)【試乗記】
webCG
話題のクルマを品定め!1台増車するなら、コレいかが? 〈スズキ〉スイフト
Safari Online
第283回:ランボルギーニとも戦える[カーマニア人間国宝への道]
webCG
スイフトはマジで運転しやすい!! 広さで選ぶならフィットもアリ! 若者におすすめしたいクルマ6選
ベストカーWeb
スイフトのリッター24km超えも優秀だけど……ヤリスはリッター36kmで圧勝!! 燃費で選ぶコンパクトカー
ベストカーWeb