RAV4より先にコンパクトSUVを切り拓いたパイオニア! スズキ・エスクードは常に挑戦者だった

WEB CARTOP
2022.08.22 17:20
この記事をまとめると
■スズキ・エスクードの歴代モデルを振り返る
■2021年秋に一度販売を終了
■2022年春、ハイブリッド仕様の登場を機に復活した
2代目はアメリカンなスタイリングに
  乗用車感覚で乗れるコンパクトSUVを生み出したパイオニアというと、多くの人はトヨタRAV4の名前を挙げるかもしれない。でも実際はその6年前に、同様のチャレンジをしたスズキ・エスクードがあったことを忘れてはいけない。
  ただしエスクードは、ジムニーの上級車という意味も込められており、ボディとは別体のラダーフレームを持ち、パワートレインは縦置きで、4WDシステムはパートタイム式、リヤサスペンションはリジットアクスルであるなど、ヘビービューティSUVに近い内容を持っていた。
  ゆえにオフロード性能は、横置きパワートレインのライバルより一段上だったけれど、当時のSUVとしては異例のブリスターフェンダーを採用したスタイリングは洗練されており、多くのユーザーが新しいジャンルのクルマだと感じたはず。
  初代のバリエーションは豊富で、ボディは当初3ドアのハードトップとソフトトップだったが、のちにホイールベースを伸ばした5ドアのノマドも登場。1.6リッター直列4気筒ガソリンのみだったエンジンも、2リッター4気筒や2/2.5リッターV型6気筒のガソリン、2リッター4気筒ディーゼルターボなどが追加された。
  このうちディーゼルエンジンはマツダ製。そのためかエスクードはマツダにOEM供給され、プロシードレバンテとしても販売された。日本では1000台ちょっとしか売れなかったという2シーターSUVのX-90も、この初代エスクードがベースだ。
  2代目も同様の成り立ちを持つが、当時提携を結んでいたGMの意向が働いたのかアメリカンなスタイリングになり、ノマドをベースにさらにホイールベースと全長を伸ばして3列シート7人乗りにしたグランドエスクードが用意された。
  一方でコンバーチブルは日本では当初から販売されず、3ドアハードトップも途中でカタログ落ちしている。
ハイブリッド仕様の登場を機に復活!
  続く3代目はビルトインフレームボディにフルタイム4WD、4輪独立懸架サスペンションを組み込むなど大幅に刷新。グランドエスクードは北米専用車種として独立し、我が国では当初5ドア5人乗りのみとなった。
  欧州テイストを取り戻したボディは全車3ナンバーとなり、直列4気筒エンジンは前期型が2リッター、後期型が2.4リッターと拡大。先代グランドエスクードから継承した2.7リッターV6は途中で3.2リッターになった。
  この世代のニュースは、途中で3ドアが復活したこと。英国向けをベースとしており、1.6リッター4気筒はプレミアムガソリン仕様、変速機は5速MTのみだった。ジムニーからの乗り換えのために用意されたと言われる。
  これに続いて登場したのが現行型。モノコックボディの横置きパワートレインとなり、やや小柄になり、大幅な軽量化を果たした。そのため3代目もしばらく、エスクード2.4として販売が続けられた。
  エンジンも当初は1.6リッター4気筒自然吸気、その後1.4リッターターボとダウンサイジングされている。ただしトランスミッションはCVTではなくトルコン式6速ATだった。悪路走行や牽引のことを考えているのだろう。
  ハンガリーからの輸入車になったことも特徴になるこの現行型、2021年秋に一度販売を終了するが、今年春にハイブリッド仕様の登場を機に復活した。
  ハイブリッドシステムは排気量以外はスイフトに似ていて、1.5リッター自然吸気エンジンにロボタイズドMTの6速AGS、スタータージェネレーター、駆動用モーターとリチウムイオンバッテリーを組み合わせている。
  経済性を考えればこのハイブリッド仕様がイチオシになるけれど、個人的には最後の縦置きパワートレインとなった3代目にも惹かれる。とりわけ気になっていたのが1.6リッターMTの3ドア。一度試してみたいと思ったが広報車両は用意されなかった。いまでもちょっぴり気になる1台だ。

あわせて読みたい

マツダ3 eKシリーズ ヤリス… 優柔不断なあなたに薦める人気実用車「ベストパワーユニット」決定戦!!
ベストカーWeb
新型スイフト2023年春&スイフトスポーツ同秋!!! 日本が誇る「ライトウェイトスポーツ」最新情報
ベストカーWeb
人気の絶景プロデューサーが体感!「ドライブ×絶景撮影」の楽しみ方
antenna*
「ジムニー5ドア」発売直前!? ジムニー派生車が超変態仕様だらけ
ベストカーWeb
「あったなぁー!!」と思わず唸りたくなる流れ星のように消えた絶版車たち
ベストカーWeb
【紅葉温泉特集】秋冬の大自然&露天風呂を堪能!全国温泉宿16選
Jeep®
5ドアのジムニー ゲレンデよりよかでしょう! いよいよ2023年1月12日発表か!? 日本発売は早ければ2023年秋!
ベストカーWeb
「スズキ ジムニー」は誕生から50余年!4代続くモデルすべてがロングヒット!
田舎暮らしの本Web
テニス指導者【坂井利彰】おすすめ。手間なく続けられる体メンテナンス術とは?
antenna*
プロサングエ登場でにわかに活気づく4人乗りフェラーリ! なんと70年に及ぶ4座の歴史を振り返る
WEB CARTOP
三菱RVR後継の新型ASXが欧州で誕生! 歴代RVRが持つ「ミツビシSUVならではの価値」とは?
ベストカーWeb
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
名車エスクード超えか? 欧州育ちの「いぶし銀SUV」に痺れるぜ! スズキSクロスにハイブリッド追加
ベストカーWeb
またも巨星が消える! それとも姿を変えて登場!? ついに終了する「日産マーチ」の40年と「この先」の噂
WEB CARTOP
【最新フリース15選】冬のアウトドア×タウンユースで大活躍!
Jeep®
スズキ・ジムニーXC(4WD/5MT)【試乗記】
webCG
もう待ち切れん!! 禁断のスズキへ直電!! ジムニーシエラ5ドアはいつ出ますか? 本当に出ますか??
ベストカーWeb
周囲を魅了する、モトーラ世理奈さんの魅力に吉岡里帆が迫ります!
UR LIFESTYLE COLLEGE
これがスズキ車の心意気!「粋な意地を見せたスズキ車」列伝
ベストカーWeb
販売終了……と思ったら「そのままの姿」でただいま! まさかの復活を果たしたクルマ3選
WEB CARTOP
【ダウンジャケット15選】高機能&おしゃれな冬の最強アウター
Jeep®