【星のや竹富島】「琉球ヌーヴェル」夏のディナーコースを提供開始 ~パイナップルを食べて育った旨味ある豚~|開始日:2022年7月25日

星野リゾート
2022.07.20 19:02
各施設が独創的なテーマで、圧倒的非日常を提供する「星のや」。沖縄県・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」は、2022年7月25日に「琉球ヌーヴェル」夏のディナーコースの提供を開始します。琉球ヌーヴェルとは、豊かな沖縄の素材とフレンチ技法との出会いから生まれた料理コンセプトです。このたび提供する夏のディナーコースのメインディッシュには、パイナップルを食べて育った豚を使用。一般的な豚よりも旨味がある豚*1を、フレンチの技法で余すことなく堪能できます。旬を迎える甘酸っぱいパイナップルをあわせることで豚の旨味を最大限に引き出した一皿をはじめとする、これまでにない発見があるディナーコース全8皿を提供します。
*1 (財)日本食品分析センターによる分析。
「琉球ヌーヴェル」とは
豊かな沖縄の素材とフレンチ技法との出会いから生まれた料理コンセプト「琉球ヌーヴェル」。「沖縄特有の上質な素材を、新たな発想とフレンチの技法を用いて食材の魅力を引き立てる」という考え方から、沖縄と「新しいもの」を意味するフランス語を合わせました。本州と異なる気候で育まれた食材をフレンチの技法で昇華させ、独自の食文化を表現した、味からも見た目からも、驚きが絶えない星のや竹富島だけでしか味わえない料理を提供します。
豚とパイナップルのマリアージュ「豚フィレ肉の低温ロースト パイナップルのタルトと共に」
「豚の鳴き声以外はすべて食べる」という沖縄の食文化を表現した一品です。レバーやミンチなどはパテにし、骨からとった出汁はソースにします。メインとなるフィレ肉は、低温でローストすることでしっとりとした口当たりに仕上がり、噛めば噛むほど旨味があふれ出ます。また、パイナップルを食べて育ったことからパイナップルの味わいとの共通点があり、相性が抜群です。レバーとミンチのパテにフレッシュなパイナップルを合わせてタルトに仕立て、フィレ肉のローストに添えました。甘酸っぱいパイナップルと一緒に味わうことで、パテやフィレ肉のローストの旨味がさらに引き立ちます。そこにジュ・ド・ポー(豚の出汁)のソースが加わり全体をまとめます。豚を存分に使用していながら、パイナップルタルトのような見た目の意外性も楽しめる一品です。豚の旨味をパイナップルが引き出し、余すところなく堪能できるこだわりの仕立てです。
豚の特徴とやえやまファームの取り組み
パイナップルを食べて育った豚は一般的な豚に比べ、旨味成分が2倍近く多く、臭みが少ないのが特徴です。さらに、肉質が柔らかく水分保水力があるため調理しても肉汁が保たれます*2。また、生産者「やえやまファーム」では、「ファームの外から何も持ち込まず、何も捨てない」という、環境に配慮した循環型農業を目指しています。自社で生産しているパイナップルをジュースに加工した後の、一般的には捨てられる搾りかすを加工したものが飼料です。豚の糞尿は堆肥としてパイナップルの有機栽培に活用されています。
星のや竹富島は食材を探す中で、他とは違う豚の味わいに惹かれ、環境に配慮した持続可能な取り組みに共感しました。「琉球ヌーヴェル」のコンセプトのもと、沖縄の食材を美食へと昇華させることで、より多くの人へ魅力を伝え、生産者を応援したいと考えています。
*2 (財)日本食品分析センターによる分析。
その他の料理紹介 「赤マチのマリネ 色鮮やかなサラダ仕立て」
前菜には赤マチと、人参やビーツなどの野菜のジュリエンヌをサラダに仕立てた一品です。淡泊な味わいの赤マチをやいま味噌でマリネすることで旨味を補完します。また、豆腐ようのピューレやパパイヤのドレッシングと和えると、全体がコクのある味わいにまとまります。ジュリエンヌをサンゴに見立て、海の中をイメージした彩り豊かな前菜です。
「琉球ヌーヴェル」夏のディナーコース内容
Amuse :ヤギのタルタルと茄子のムース キャビアを添えて
Premier :赤マチのマリネ 色鮮やかなサラダ仕立て
Deuxième :車エビのサンゴ蒸し 月桃の香り
Soupe :ガスパチョのソルベ マグロほほ肉のグリル
Poisson :ウイキョウの香りをまとったミーバイのヴァプール
Viande :豚フィレ肉の低温ロースト パイナップルのタルトと共に
*牛肉の料理を選ぶこともできます。
Avant dessert :フーチバのムーチー仕立て ピスタチオのスープ
Dessert :完熟マンゴーのショートケーキ
星のや竹富島総料理長 中洲 達郎(なかす たつお)プロフィール
1976年生まれ 東京都出身。国内有名レストランにて修行の後、軽井沢内のレストランにて副料理長、料理長として活躍。後に佐渡島に場所を移し、海の素材を扱い活躍。素材の豊富な山・海の近くで活躍した経験を活かし、地元食材を見極め、使用食材を自ら探す。素材を最大限活かす料理を最も得意とする。2011年、フランス料理界で最も権威ある大会「ボキューズ・ドール」国際料理コンクールにおいて日本代表、アジア代表として世界大会への出場経験を持つ。
「琉球ヌーヴェル」夏のディナーコース概要
■開始日:2022年7月25日
■料金 :1名 14,520円(税・サービス料込、宿泊料別)
■予約 :要予約。公式サイト(https://hoshinoya.com/taketomijima/)にて前日まで受付。
■対象者:宿泊者
■備考 :状況によりメニューの内容、食材が一部変更になる場合があります。
■星のや竹富島
竹富島の東に位置する琉球赤瓦の集落「星のや竹富島」。約2万坪の敷地には、島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、見晴台などがあり、小さな集落が構成されています。
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富/客室数 48室
https://hoshinoya.com/

あわせて読みたい

本格フレンチをかわいらしいハロウィンスタイルで スカイラウンジ「ベイ・ビュー」#Gatherings~ハロウィン~ 新感覚!「ハロウィン ミクソロジーカクテル」も
PR TIMES
鷹峯の壮美な自然に包まれたROKU KYOTOのクリスマスケーキ&クリスマス限定コース
FASHION HEADLINE
“よいこのための悪口メーカー” イラストレーター・漫画家の原田ちあきさんのライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
【リゾナーレ八ヶ岳】メインダイニング「OTTO SETTE(オットセッテ)」にて 秋限定のディナーコースを提供
星野リゾート
【星のや竹富島】~取り入れる命草の種類をさらに増やして実施~島に伝わる命草で身体の芯から温まる「命草(ぬちぐさ)ぬったーるん滞在」今冬も実施|期間:2022年12月1日~2023年2月28日
星野リゾート
独特の感性で多くの人を魅了する、長井短さんの魅力とライフスタイル
UR LIFESTYLE COLLEGE
【星のや沖縄】沖縄特産の紅芋にキャビアをあわせた、 沖縄だけのちょっとした贅沢 「明けの贅沢 ~贅沢な一皿~」 「キャビア じゃがいもと紅芋のグラティナート」提供開始|提供開始:2022年7月1日
星野リゾート
【阪神梅田本店】惣菜ワールドに「ロートレシピ 旬穀旬菜」がデビュー
PR TIMES
羊文学・塩塚モエカ「全部タワレコの視聴機から教わった」 野村訓市と“ジャケ買い“を語る
J-WAVE
Mauvaise herbe / モヴェズ エルブ沖縄の食の可能性を開拓する小島圭史シェフの挑戦【前編】
Discover Japan
いるだけで癒やされる「星のや竹富島」リフレッシュ旅行記〈Oggi専属読者モデル 志村美咲〉
Oggi.jp
【敏感肌の方、1万人に当たる】ユースキン シソラおためしセットでスキンケアを
antenna*
【ホテルグランバッハ東京銀座】2022年秋“ウェルネスキュイジーヌ”のご案内
PR TIMES
【リーガロイヤルホテル広島】《食欲の秋。スイーツの甘い誘惑に酔いしれるひとときを》 “栗&ぶどう”のスイーツビュッフェ付ランチを提供
PR TIMES
「コスメのまち」佐賀を盛り上げる「SAGAn BEAUTY」ってなに?
antenna*
【シェフの一皿~FARM to TABLE】SDGsコラボレーション~地元農家さんとシェフ8名による夏の沖縄スペシャル料理とスイーツ。
PR TIMES
【ホテルメトロポリタン エドモント】秋の食彩「茨城フェア」を開催。食の宝庫・茨城の多彩な食材を味わうひとときを。
PR TIMES
【セント レジス ホテル 大阪】幻想的な大人ハロウィン「ハロウィンスイーツ&ブレッド」販売開始
PR TIMES Topics
秋の食欲がもっと楽しくなる「マーケットストリートBYイビススタイルズ名古屋」の選べるメインの9月からの新メニュー発表♪
PR TIMES
ウェスティンホテル仙台 仙台牛とフルーツとともに、色づき始めた秋を楽しむディナーコース「TOHOKU GASTRONOMY(トウホク ガストロノミー)」発売
PR TIMES
夏野菜を「冷蔵庫にそのまま入れる」のは注意。適切な保存方法をプロが解説
J-WAVE