こんなスゲーのが30年前にあったんだ! 第一次SUVブームで登場した「最新モデル」を蹴散らす存在感のクルマ6台

WEB CARTOP
2022.07.07 11:20
この記事をまとめると
■1990年〜2000年代に人気となったSUVをピックアップ
■各メーカーが個性的なクセのあるモデルを出していたのが当時の特徴だ
■今も続くビッグネームもこの頃生まれた
約30年前にもSUVが大ブームに!
  昨今、世界的なSUVブーム。それも日本ではコンパクトSUVの人気が絶大だ。5ナンバーサイズのトヨタ・ライズ、ダイハツ・ロッキーを始め、ホンダ・ヴェゼル、トヨタ・ヤリスクロス、スズキ・クロスビー、スバルXV、そして輸入車でもVW T-CROSSなどが売れている。
  しかし、日本国内でのコンパクトSUVブームは決して今に始まったことではない。今から約30年前の1990年から2000年初頭にかけて、すでに国産コンパクトSUVのブームが始まっていたのだ。
  その口火を切ったのが、1990年に初代が発売されたダイハツ・ロッキーだ。5ナンバーサイズの全幅1580mmというナローなボディに本格的なラダーフレームを用い、取り外し可能なレンジトップボディを採用。フルタイムとパートタイム4WDを揃えた玄人向けのクロスカントリーモデルだった。販売自体はそれほど振るわなかったものの、今思えば、ダイハツもこんな本格的なクロカンを作っていたと、感慨深い。
  翌1991年には三菱から初代RVRが登場した。カンガルーバーを備えた、かなりワイルドなコンパクトSUVであり、2リッターと1.8リッターNAエンジンのほか、シリーズ途中にはなんとランエボに搭載されていたターボエンジンのディチューン版を搭載。さらにランエボと同等のエンジンを積んだハイパースポーツギヤや、3ドアのオープンモデルであるオープンギヤなどの幅広いバリエイションを揃えていた。
今も続く名車が続々と産声を上げた
  ここまでは、ロッキーで触れたように、ある意味、マニア向けのコンパクトSUV、クロカンだったのだが、1994年にはクロスオーバーモデルとして、その後のコンパクトSUVブームをけん引するモデルが登場。
  それが初代トヨタRAV4である。この時代は5ナンバーサイズで、街乗りからアウトドアやSURF & SNOWのスポーツシーンにまで使い勝手のいいジャストサイズかつ悪路にも強い待望の1台だった。初代のCMキャラクターがキムタクだったこともあって!? 一気にブレイク。当初はショートな3ドアボディのみだったが、翌95年にRAV4 Vとネーミングされた5ドアも追加され、その人気に拍車をかけた。
  90年代の日産はイケイケの時代。
  そんな中で登場したコンパクトクロスオーバーモデルが、サニー系のプラットフォームを用いたラシーンだ。93年の東京モーターショーでプロトタイプが参考出品され、大好評を得たため市販化。87年にデビューしたBe-1以降のパイクカーシリーズとは異なり、限定車ではなかったのも特徴だ。
  イメージキャラクターは漫画のドラえもんで、ブルーのボディカラーはドラエもんブルーと呼ばれていた。もっとも、クロスオーバーモデル風のデザインながら、悪路の走破性には特化していない乗用車であった。
  1995年にはホンダから初代CR-Vがデビュー。今は懐かしいホンダのクリエイティブムーバーの第2弾(第一弾はオデッセイ)として発売され、一世風靡。
  当初、国内専売の予定だったのだが、海外からの強い要望で世界各国に向けた生産を開始。エンジンは2リッターで、全幅は1750mm。3ナンバー登録ではあるものの、取り回し性は良好。FFベースのスタンバイ4WDの評価はいまひとつだったが、RVテイストある乗用車としての人気は高かった。
  そして2002年になると、その後の世界のコンパクトクロスオーバーモデルに大きな影響を与えたと言われる、初代トヨタ・イストが登場する。ヴィッツベースながらクロスオーバーモデルとして一躍大人気。のちに北米でサイオンブランドとして発売。若者に絶大なる人気を得ていたのである。
  このように、90年代から2000年初頭にかけては、コンパクトSUVブームの幕開けと言っていい時代だったのである。日本ではその後、いったんミニバンブームが盛り上がり、一時的にコンパクトSUV市場は下火になったものの、「時代は繰り返す」のごとく、ロッキーの復活が示すように、空前のアウトドアブームとともにコンパクトSUVブームが再燃しているというわけだ。

あわせて読みたい

45年間のご愛読と4500を超える応募に感謝!! 読者が選んだ日本のベストカー30
ベストカーWeb
業界初! ライズ&ロッキーを羨望のRAV4アドベンチャー顔に! 車検対応も嬉しいKLCの最新ボディキット〈PR〉
AUTO MESSE WEB
人気占い師シウマさんオススメの開運スポットも紹介!カローラ スポーツでドライブ旅
antenna*
新時代の国内最激戦区!! ミニバン各社のエース車どれに乗るのが今の最適解か?
ベストカーWeb
クルマへの愛着マシマシは確実! 「知らずに乗るなかれ」の車名やグレード名に使われるアルファベットの意味
WEB CARTOP
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
トヨタの都会派クロスオーバーはアウトドアで使える? 「ライズ」「ヤリスクロス」「カローラクロス」を徹底検証しました
AUTO MESSE WEB
人気は続くよ、どこまでも? 「トヨタ最小のSUV」ライズが燦然と輝く理由はどこにある!?
ベストカーWeb
1点ものの日傘をあつかう「Coci la elle」を設立、 作家の ひがしちかさんの創作の原点、作品への思いなど伺います!
UR LIFESTYLE COLLEGE
普通のKカーでもキャンプは十分! キャンプ場なら4WDでなくても楽しめる室内空間の広い軽自動車をお教えします
AUTO MESSE WEB
ヤリス アクア フィット ノート ルーミー… 定番すぎ? いやいや、選ばれてる証拠です! 日本の5ナンバーサイズ車 18選
ベストカーWeb
【特製パーカをプレゼント】中村貴之がカローラ ツーリングと提案する“新しい軽井沢”体験
antenna*
日産ノート&オーラは短納期? インプレッサは2月か? 国内各社最新販売状況
ベストカーWeb
「あのクルマは終わった」なんて言わせない!! あるぞ起死回生! 息を吹き返したクルマ5選
ベストカーWeb
【藤田寛之】53歳の現役プロゴルファーが教えるリカバリーケアとは?
antenna*
購入者分析で見えた「コンパクトSUV」本当の素質
東洋経済オンライン
2022年国産車販売台数ランキング3位から10位をご紹介!軽自動車のランキングも発表
FORZA STYLE
内なる充実のための“のんびり”を求めて、ドライブ旅へ。Honda ZR-V e:HEV× ライフスタイルプロデューサー・村上 萌さん
antenna*
ガソリン、HV、PHV、PHEV… どれを選ぶべき? 賢く選ぶ大人気SUVの「ベストパワーユニット」決定戦
ベストカーWeb
デリカとフリードだけの謎!! ミニバンのSUV化はなんで進まない!?
ベストカーWeb
季節に合わせて改良した3種の「生クリーム好きのためのミルキーショート」が数量限定で登場
PR TIMES Topics