ガチのレーシングカーなのに庶民でも購入可能な価格だった! 維持費も安い「VITA」がめちゃめちゃお得な選択だった

2024.06.14 17:30
この記事をまとめると
■全国各地でワンメイクレースが開催されるなど多くのドライバーから親しまれている「VITA-01」
■VITA-01には1.5リッターNAエンジンなどトヨタ・ヴィッツRSのコンポーネントを搭載
■レーシングカーとしてはランニングコストが安いのもVITA-01の魅力のひとつだ
いまやワンメイクレースのメインストリームとなったVITA-01
  ワンメイクレースといえば何を思い出すだろうか? ヤリスカップ? N-ONEオーナーズカップ? ナンバー付きの車両によるレースを思い出す人が多いだろう。しかし、全国各地でワンメイクレースが開催されていて、しかもリーズナブルに楽しめるレース専用車両がある。それがVITAだ。
  女性だけのレースカテゴリーKYOJO CUPやレジェンドカップで使われているこのVITAとはどんなクルマなのだろうか?
VITA-01ってどんな仕様になっているの?
  VITA(ヴィータ)の名称で親しまれているこのクルマだが、正式名称は「VITA-01」(ヴィータ・ゼロワン)となっている。開発や製造、設計、販売などはエントリーフォーミュラを中心に数々のレースマシンを手がけた鈴鹿のレーシングコンストラクター「ウエストレーシングカーズ」が行っている。
  VITA-01の特徴は、安全かつシンプルであることだ。エンジンとミッションはトヨタ・ヴィッツRSのコンポーネントを使用していて、1.5リッターの自然吸気エンジンが搭載されている(1NZ-FE型)。
  トランスミッションは一般的なHパターンの5速だが、シフトレバーが右側に配置されているのがレーシングカーらしいポイントだ。
  このエンジンとミッションが搭載されるのは、大径パイプで構成されるセミモノコックで、横転に備えてしっかりとしたロールバーが入っているのも特徴だ。また、安全面に関していえばバンパーを装着し、サイドにアルミモノコックストラクチャーが備わっているため、接触時のクラッシャブルゾーンも配慮された作りとなっている。車重はドライバー含め600kgちょっとというレギュレーションが多い。
  おもしろいのが個性を演出できる部分として、Type A、Type B、Type Jと3種類のフェイスデザインが選べることだ。なんとなくの雰囲気としてAはアルファロメオ風、BはBMW風、Jはジャガー風となっている。
  価格は2024年5月現在で395万円からとなっていて、本格的なシングルシーターのレーシングカーとしてはかなりリーズナブルな価格設定といえるだろう。
市販車よりもランニングコストを安く抑えることもできそう
ランニングコストの安さも魅力
  VITA-01のうれしいポイントはランニングコストの安さだ。使用頻度やレース参戦の回数によるが、ブレーキやタイヤの減りが少ない。もちろん、勝ちを狙うのであれば毎回レースごとに新品を導入している人もいるが、練習走行程度であれば、ブレーキパッドは1シーズンもつという声もあるほど。タイヤも車重が軽いため減りが少ない。練習走行で使うのであれば、ユーズドを使いまわすこともできるだろう。
  また、タイヤは現在ダンロップのワンメイクとなっていて、溝があるためレインとスリックをわざわざ使いわける必要もない。エンジンとトランスミッションも市販車と同じであるため、メンテナンスするにしても運転するにしても扱いづらさや気を遣う部分が少ないのも、ランニングコストが安い理由だ。
  レースに出場しなくても、サーキット走行の練習用のクルマとしてVITA-01を購入するというオーナーもいる。確かにナンバーが付いていないため、サーキットまで何らかの手段でもってこなければならないが、その問題さえクリアすれば、下手な市販車でサーキット走行するよりも安くランニングコストを抑えることができるだろう。
  そして、もしVITA-01を購入して最終的に乗らなくなったとしても、全国各地でレースが開催されているため、買い手が付きやすいというのもうれしいポイントだ。レーシングカーとしてのリセールバリューの高さも魅力のひとつだ。
  買ってヨシ、走ってヨシ、レースに出てヨシ、そして売ってもヨシなレーシングカーであるVITA-01。ショップによってはサーキットでの体験試乗会も開催されているので、気になった方は調べてみてはいかがだろうか。

あわせて読みたい

庶民のFFハッチをメーカー自ら魔改造! コスワース謹製エンジンをぶち込んだ「フォード・エスコートRSコスワース」とは
WEB CARTOP
動かさずに室内保管……の「箱入り愛車」もシッカリ劣化する! しかも超久しぶりでいきなり乗るのは壊れる原因だった
WEB CARTOP
瀬戸焼の技術で丁寧に作られたマリアンヌ・ハルバーグの人気アイテム
PR TIMES Topics
市販車に近いパーティーレースとS耐マシンの「ロードスター」を徹底比較! なぜ富士スピードウェイで10秒も違うのか?
WEB CARTOP
合計4種類のスポーツタイヤをリリース! ピレリ×ポルシェ、911GT3/911GT3 RS用タイヤを開発
CARSMEET WEB
ポップでキュートな「ハロウィンアフタヌーンティー」
PR TIMES Topics
国内レース史上最高人気の箱車レース! 伝説のJTC「グループA」に人々が熱狂した理由を当時のドライバーが語る
WEB CARTOP
1,000台限定のスペシャル・エディションも発表! 新型「BMW M4 CS」が登場
CARSMEET WEB
「IL BISONTE」よりネックウォレット発売
PR TIMES Topics
【試乗】メルセデスのスーパースポーツが4WD+4WSでさらに激速に生まれ変わった! AMG GTクーペをサーキットで全開走行
WEB CARTOP
「NSX-GTよりもストレートは速い」 スーパーGTに新規参戦するシビックタイプR-GTの開発陣&ドライバーを直撃した
WEB CARTOP
アイコンたちが再会へ。ポルシェ ヘリテージ&ミュージアムが「ソリチュード・リバイバル」に登場
CARSMEET WEB
【試乗】3億超えの怪物EVハイパーカーを公道のワインディング貸し切りで爆走! 衝撃しかないピニンファリーナ・バッティスタの走りとは
WEB CARTOP
「一般道では効果なし?」クルマ好きおじさんの好物【リアウイング】本当の役割とは
FORZA STYLE
ブリヂストンが「ポテンザRE-10D」発売 サーキット走行向けのハイグリップタイヤ
webCG
ホンモノもあれば雰囲気だけの「なんちゃって」もあったなぁ……一時期プチブームになった「和製ユーロ仕様」の国産車5選
WEB CARTOP
公道でも……いや公道でこそ魅力が伝わる! メガーヌR.S.ウルティム衝撃の走り 山野哲也×石田貴臣【動画】
WEB CARTOP