聖地になるはずが…アントニオ猪木が死の4ヵ月前、青森の山中に建てた「もうひとつの墓」はいま…

2024.04.18 06:00
2022年10月1日に79歳で亡くなったアントニオ猪木が生前、自ら建てた墓が青森県十和田市にあるという。プロレス界最大のスーパースターはなぜ青森に墓を建てたのか。いったいどんな墓なのか。現地を訪ねた。…

あわせて読みたい

【箱根・宮ノ下】「斎縁」でお坊さんが作る精進料理の朝ごはんを
るるぶ&more.
【箱根ホテル小涌園】【箱根小涌園 三河屋旅館】大本山 永平寺 典座(てんぞ)老師特別監修 永平寺町以外で楽しめるのは箱根小涌園だけ!
PR TIMES
日本の匠の技や美を日常使いの品に取り入れた新ブランド「TENAS」誕生
PR TIMES Topics
SNSを中心に話題が再沸騰! プロレスラー藤波辰爾による伝説のレコード『マッチョ・ドラゴン』のTシャツが登場
PR TIMES
人生の全てをエジプトの発掘に捧げる吉村作治の夢!クフ王の墓を探す旅『クレイジージャーニー』4/29(月)【TBS】
TBS[YouTube公式]
モンブランをイメージした「モンブラン ソフトクリーム」登場
PR TIMES Topics
「“馬鹿”って言われるくらいクソ真面目にやることが大事」アントニオ猪木の教えがあったから戦国プロレス時代を生き抜けた
smart
「アントニオ猪木が愛用した香水は……」毎日が修学旅行みたいで楽しかった昭和のプロレス巡業
smart
プラントベースミート”NIKUVEGE”×お野菜カフェ”Mr.FARMER”コラボメニュー
PR TIMES Topics
「猪木は汚い。なんでボクシングをやらない」“屈辱の敗戦”直前、アントニオ猪木の身体は壊された…“死の強行軍”と呼ばれたヨーロッパ遠征の真実
NumberWeb[格闘技]
「実際、ボロボロ。右肩をぶっ壊され…」アントニオ猪木が屈辱の敗北…“シュツットガルトの惨劇”を経て、ローラン・ボックがイノキに感謝した真相
NumberWeb[格闘技]
「取り締まらないとは何事か!」警察に苦情電話が…アントニオ猪木に火をつけた“真のヒール”タイガー・ジェット・シン伝説《旭日双光章を受章》
NumberWeb[格闘技]
「右肩から骨が飛び出し…」“テレビ中継されなかった”アントニオ猪木の大怪我…腕折り事件から2年後、“シュツットガルトの惨劇”には伏線があった
NumberWeb[格闘技]
「おい、張本おれへんのか」“大阪で一番ケンカが強い”張本勲との決闘未遂…大阪のヤンチャな高校生がアントニオ猪木と同門レスラーになった日―2024上半期読まれた記事
NumberWeb[格闘技]
アントニオ猪木の「日本プロレス除名事件」が巻頭特集のプロレス専門誌『Gスピリッツ』vol.72は6月26日(水)発売
PR TIMES
『007』故ロジャー・ムーア墓荒し被害、家紋の盾が盗まれる
THE RIVER
王墓は権力の集中を防ぐためのものだった!?
現代ビジネス